2019医学部偏差値ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

※2018年11月末更新!!

大手予備校の偏差値ボーダーを参考に、当塾の卒業生の合否状況から全国の医学部の偏差値をランキング形式にて掲載しています。国公立医学部、私立医学部の偏差値ランキングです。

※最新の国公立医学部のセンター試験のボーダーや足切り情報は医学部センター試験ボーダー、足切り情報まとめをご覧ください。

※おすすめの模擬試験や活用方法は医学部受験におすすめの模試と活用方法をご覧ください。

2019医学部偏差値ランキング(国公立+私立)

*大学名をクリックすると、各大学の受験情報のページが閲覧できます。

国公立医学部(前期試験)偏差値ランキング

大学名偏差値センターボーダー募集人数
東京大学理科三類749497
京都大学医学部7292102
東京医科歯科大学719282
大阪大学医学部719195
名古屋大学医学部708990
神戸大学医学部699092
大阪市立大学医学部698975
千葉大学医学部698897
横浜市立大学医学部698858
九州大学医学部6988111
東北大学医学部6987105
広島大学医学部698790
京都府立医科大学6986100
名古屋市立大学医学部688970
北海道大学医学部678897
岡山大学医学部678898
筑波大学医学部678858
三重大学医学部678875
岐阜大学医学部678732
奈良県立医科大学678622
金沢大学医学部678584
宮崎大学医学部678550
大分大学医学部678465
新潟大学医学部668885
滋賀医科大学668675
長崎大学医学部668576
和歌山県立医科大学668464
山口大学医学部658760
信州大学医学部6586100
香川大学医学部658650
山形大学医学部658565
群馬大学医学部658569
浜松医科大学658575
富山大学医学部658560
福井大学医学部658555
島根大学医学部658555
佐賀大学医学部658550
鹿児島大学医学部658569
秋田大学医学部658555
福島県立医科大学658442
鳥取大学医学部658443
愛媛大学医学部658440
高知大学医学部658455
札幌医科大学658420
弘前大学医学部658260
徳島大学医学部648664
旭川医科大学648440
琉球大学医学部648470
熊本大学医学部648395

国公立医学部(後期試験)偏差値ランキング

大学名センターボーダー募集人数
東京医科歯科大学9510
千葉大学医学部9220
広島大学医学部925
名古屋大学医学部915
奈良県立医科大学9153
岐阜大学医学部9035
三重大学医学部9010
富山大学医学部9020
浜松医科大学9015
香川大学医学部8925
愛媛大学医学部8925
旭川医科大学8915
鳥取大学医学部8920
佐賀大学医学部8910
福井大学医学部8825
山梨大学医学部8890
宮崎大学医学部8820
秋田大学医学部8725
福島県立医科大学8723
鹿児島大学医学部8723
山口大学医学部8610
琉球大学医学部8625
山形大学医学部8415

*後期試験は二次試験で学科試験がある医学部が少なく、センターボーダーを難易度の指標としています。

私立医学部偏差値ランキング

大学名偏差値募集人数
慶應義塾大学医学部7368
東京慈恵会医科大学69105
大阪医科大学6985
順天堂大学医学部6861
日本医科大学6890
防衛医科大学68約85
関西医科大学68約86
昭和大学医学部6778
国際医療福祉大学医学部67105
東京医科大学6675
東邦大学医学部66115
産業医科大学66約85
藤田保健衛生大学医学部66約80
兵庫医科大学66約85
近畿大学医学部6565
杏林大学医学部6579
東北医科薬科大学6545
久留米大学医学部65約80
愛知医科大学65約65
東京女子医科大学6475
日本大学医学部6492
北里大学医学部6478
福岡大学医学部6470
岩手医科大学6490
獨協医科大学6458
金沢医科大学6465
東海大学医学部6360
聖マリアンナ医科大学6385
川崎医科大学63約50
埼玉医科大学6252
帝京大学医学部6289
自治医科大学123
埼玉医科大学(後期)35
昭和大学医学部(Ⅱ期)20
日本医科大学(後期)21
大阪医科大学(後期)15
関西医科大学(後期)6
近畿大学医学部(後期)5

*自治医科大学は受験する都道府県によってレベルが大きく異なるためランキングから除外しています。

偏差値別医学部勉強法

偏差値別の医学部勉強法は下記に詳しく記載していますのでご活用ください。
医学部(国公立、私立、難関大)に1年で合格する勉強法まとめ

また使用する各教科の参考書や使用方法については下記をご覧ください。
医学部おすすめ参考書・問題集と使用方法まとめ

医学部偏差値ランキングの算出方法について

偏差値ボーダーは、各医学部を受験した受験生の合否結果と各大手予備校が実施している模擬試験の偏差値結果を照らし合わせて、ボーダー偏差値をとっている受験生が各医学部を受験したとき約半数が合格できると予想されるラインをボーダー偏差値として設定されています。(予備校によって算出方法は多少異なります。)

当然ですが偏差値は「その模擬試験の得点から換算したもの」なので、複数の予備校の偏差値ボーダーを平均することなどに直接的な意義はありません。

しかし、偏差値を医学部合格の難易度の目安に置き換えて、受験校選びの際の指標の1つとすることには意義があるため、大手予備校の偏差値ボーダーを参考とし、算出ロジックや当塾での指導経験から、医学部合格のための「難易度の指標」としてランキングを作成しています。

国公立医学部と私立医学部の評価の違い

私立医学部では純粋に英数理の学力で合否が決まることが多いため(面接や小論文で順位が前後する医学部も存在します。)偏差値ランキングは合格難易度の参考となります。

しかし、国公立医学部ではセンター試験の点数と大学個別学力試験(さらに面接や小論文が点数化される医学部もある)の総合点で合否が決まる上、センター試験と個別試験の配点比率が医学部によって大きく異なります。そのため偏差値ランキングをそのまま合格難易度の参考とするのは不適切だといえます。

国公立医学部の受験校を選ぶ際には、
・センター試験のボーダーと自身のセンター試験の本番の自己採点点数
・偏差値ランキングと自身の模擬試験の偏差値
上記の両方を照らし合わせて判断していくことが大切です。

ただし、基本的には受験層が高い医学部ほどセンター試験のボーダーも個別学力試験のボーダーも両方とも高い傾向があるため、偏差値ランキングをみてある程度の合格難易度の指標とすることは可能ではあります。

*国公立医学部と私立医学部の難易度の違いについては、国公立医学部と私立医学部の難易度の違いについても合わせてお読みください。

偏差値ランキングの活用方法について

偏差値ランキングは志望校を決めるうえでの目安の1つとなりますが、活用方法を間違えてしまうとかえって合格が遠ざかりかねません。正しく情報をつかむことで最適な志望校選択の手助けとしましょう。

*「そもそも偏差値とは何か?」「模試の判定はどの程度あてになるのか?」といった疑問については、【医学部受験】模試の偏差値と判定の意義についてにて詳しく解説しています。

誤った活用方法

・異なる模試の自分の偏差値をそのままあてはまてしまう
→例えば進研模試で偏差値75の人が駿台模試の偏差値ボーダー表をみて「慶應医学部もボーダーこえている!」と捉えてしまうのは当然NGです。受験層や模試の難易度によってボーダー偏差値は大きく異なります。

・偏差値というただの”データ”に勝手な解釈を加えてしまう
→「○○の医学部の方が○○より偏差値が上だ! やっぱりこっちがいい大学だ! 」「○○の医学部は偏差値が低いからダメだ」といった議論をしている受験生をよくみかけますが、当然偏差値はただのデータに過ぎず、勝手な解釈を加えることはやめましょう。

・模擬試験の偏差値や判定に一喜一憂してしまう
→模擬試験の偏差値や判定の本当の意義をしっかり理解すると、全く意義のないものではないが医学部合格の可能性を直接反映する絶対的な指標ではないことが明らかです。

模擬試験の偏差値や判定で一喜一憂してしまうような勉強にならないようにしましょう。

模擬試験で結果を出すことを目的にしても意味がありません。それよりも、模試の結果を振り返り自分の勉強方法の問題点を見つけて改善していくことが重要です。それを継続していけば、たとえ模試の偏差値や判定が良くなかったとしても、確実に成績をのばすことができます。

正しい活用方法

・受験校を選ぶ際の目安の一つとする
→一般的に偏差値ランキングで上位に位置している医学部ほど、受験層の学力が高く、合格のために求められる学力が高いといえます。受験校を選ぶ際に、ランキング表をみて偏差値の低めの私立医学部をいくつか受験しておくなどはよい活用方法といえます。

 

関連記事 医学部(国公立+私立)合格倍率一覧と倍率の意義

医学部合格体験記

(卒業生講師)成績を大きくのばし国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格
【2018】慈恵会医科大学/新潟大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)1年でセンター試験約15%のばし国公立医学部のほか日本医科大学に首席で合格
【2018】日本医科大学/群馬大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

(卒業生講師)生物初学から1年で日本医科大学、国際医療福祉大学に合格
【2018】日本医科大学<生物初学> 合格体験記(1浪・女性)

入塾時偏差値58.9から約9ヶ月で昭和大学、東京医科大学に合格した現役生
【2018】昭和大学医学部 合格体験記(現役・男性)

数学が苦手で現役時センター試験数学70/50点から1年で浜松医科大学、東邦大学医学部を含む4校に合格
【2018】浜松医科大学/東邦大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

入塾時偏差値40台から1年で昭和大学医学部を含む4校に合格
【2018】昭和大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

(卒業生講師)数学が苦手で現役時センター試験数学50点台から1年で横浜市立大学、慈恵会医科大学に合格
【2017】慈恵会医科大学/横浜市立大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

偏差値62から1年で76.8までのばし千葉大学医学部、慶應大学医学部に合格
【2017】千葉大学医学部/慶応大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

英語偏差値50台から1年で国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格した現役生
【2017】慈恵会医科大学/信州大学医学部 合格体験記(現役・男性)

数3、理科2教科初学から1年で国公立医学部を含む4校に合格した再受験生
【2016】島根大学医学部/日本医科大学 合格体験記(再受験・女性)

その他の合格体験記は医学部合格体験記をご覧ください。

 

志望校別や科目別の医学部勉強法は医学部勉強法まとめをご覧ください。

医学部予備校ACE Academyにて医学部に合格するための個別課題管理を行っているほか、生徒個別の推奨受験校の提示や本番で試験の解き方が徹底できるための指導を行っています。 医学部合格を志している方は是非ご相談ください。

 

LINE@(ID:@aceacademyで検索)にて医学部受験の有益な情報を配信しています。

友だち追加

twitterのフォローはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る