医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

慶應大学医学部に合格した勉強法、対策法

慶應大学医学部の合格体験記

偏差値62から1年で76.8までのばし千葉大学医学部、慶應大学医学部に合格
【2017】千葉大学医学部/慶応大学医学部 合格体験記 (1浪・男性)

使用した参考書、問題集

数学:基礎問題精講、合格る計算、標準問題精講
英語:DUO、ネクステージ、基礎英文問題精講、基礎英語長文問題精講、速読英単語上級編、基礎英作文問題精講
化学:宇宙一わかりやすい化学、Excel化学
物理:宇宙一わかりやすい物理、体系物理、名問の森

参考書の詳細は下記を参照してください。

医学部おすすめ参考書・問題集と使用方法まとめ

勉強法、スケジュール

下記の勉強法および参考書スケジュールに基いて勉強しました。詳細は下記を参照してください。

医学部(国公立、私立、難関大)に1年で合格する勉強法まとめ

医学部受験において、大学別の個別対策は本質的でなく、重要ではありません。
大学別にヤマを張るような勉強法ではなく、全教科基礎を徹底し、本質を理解するようにしましょう。

 

大学別対策については、下記記事に詳しく記載しています。

医学部受験において大学別の対策は必要か

慶應大学医学部に合格した卒業生のアドバイス

英語

長文問題は英文が長く、単語も難解です。そのため、英文を頭からスラスラ読めるようになっておくことが求められます。英文を英文のまま意味がとれるようにする練習を行うことで、知らない単語が出てきても全体を理解しながら読み通すことができました。

「Duo」や「ネクステージ」で単語やイディオムを習得したあと、特に「基礎英文問題精講」「基礎英語長文問題精講」の読み込みを徹底し、英文を頭から読む力をつけ、掲載されている単語の意味を暗記したことが非常に有効でした。この2冊に掲載されている英単語が慶應医学部の本番でも特に出題されました。

数学

国公立医学部の対策と変わりませんでした。国公立医学部と比べていわゆる典型問題は少ないですが、標準問題精講を徹底的にやることで対応が可能でした。
逆に、これ以上手をひろげようとせず、過去問演習の分析を行って穴をつくらず何度も復習したことが大切でした。

化学

難易度が高めで、時間も足りないので、Excel化学の問題は見た瞬間に解法が書けるよう瞬発力を鍛えることが大切でした。

物理

原子分野の出題が多いため、模試、過去問を通して該当分野の復習を徹底しました。
慶應医学部では本質の理解が求められる問題で差がつくため、「宇宙一わかりやすい物理」でイメージをつかみました。また「名問の森」に掲載されている”ヒント”にもしっかり目を通して本質を理解しようとしながら勉強しました。

総合

上記の通り、慶應大学ではいずれの教科も本質の理解と、考える力が求められる試験内容になっています。

だからこそ、難しい問題集に手をだすのではなく、各教科の本質の理解と基本の徹底をすることが大切だと思います。

慶應義塾大学医学部の面接小論文対策

慶應義塾大学医学部面接小論文対策

慶應義塾大学医学部の受験情報

慶應義塾大学医学部受験情報

 

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.週に1回、生徒個別に課題を作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を作成しています。

例年、国公立・難関私大を含む医学部合格者を多数輩出し、豊富なデータを蓄積しています。
実際に医学部に進学した卒業生のデータをもとに、医学部に合格するための課題作成を生徒個別に行っています。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円、通信生は月額3万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。
(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました