2020.12.5(土)入塾説明会、ウェブセミナー(無料)
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
・オンライン講座:月1000円
公式ホームページはこちら

【決定版】医学部に1年で合格するための参考書

<解説動画>

【医学部受験】参考書、問題集の選び方の注意点とオススメ問題集

医学部に合格するための参考書とは?

医学部に合格するための参考書は、必ずしも書評やネット上で評判の良い参考書とは限りません。

選定にあたって重視したのは、

・「この参考書の使用で医学部合格は可能」と検証できていること
・ 最短距離で医学部合格を目指せる参考書であること

の2点です。

単なる体験談ではなく、検証された参考書

当ブログ筆者が運営する医学部予備校では、オリジナルテキスト等は使用せず、すべて市販の参考書を使用しています。

毎年、医学部に合格した卒業生のヒアリングとデータ分析を行い、使用する参考書を調整し、医学部受験に最も適した参考書を選定しました。

ブログや書籍の体験談で紹介される参考書とは異なり、「この問題集を使うことで医学部に合格できる」と検証された参考書となります。
実際、下記参考書を使用することで、毎年多くの生徒が医学部に進学しています。

これまで医学部に合格した卒業生のデータを分析し、医学部に合格するために最も効果的な参考書を選定。

医学部に合格するための問題集≠各科目を極めるための問題集

医学部受験生によくある誤解としては、
「医学部受験は難関だから、各科目を極めるための問題集をこなす必要がある」
というものがあります。

しかし、医学部受験で大事なのは各科目を極めることではありません。
医学部に合格するためには、科目間のバランスを取って学習し、まずは全教科の基礎を抜けなく習得することが大切となります。

*こちらの記事で詳しく解説しています。

 

各科目を極めようとした結果、失敗してしまう医学部受験生は本当に多い印象です。

特によくあるのは、

・各科目を極めようとしたら時間が足りず、全教科中途半端になってしまった。受験本番まで苦手科目や苦手分野が克服できなかった。

・基礎力がない状態で応用問題集に入ったことで上滑りを起こしてしまい、勉強したのに成績が伸びなかった。

というものです。

このような失敗を防ぐためにも、「各科目を極めるための問題集」ではなく、「医学部に合格するための問題集」を選ぶことが大切!

医学部に合格するための参考書

「医学部に合格するための参考書」とは、「医学部合格に必要な基礎力を、最短距離で身につけることができる参考書」です。

医学部受験の大きな特徴は、科目数が多く出題範囲が膨大であるということです。
1科目あたりにかける時間は限られているため、できる限り最短距離で効果を出せる問題集選びが重要となります。

多く寄せられる質問に、

基礎問題精講より、青チャートやFocus Goldの方が網羅性が高く、医学部受験に適しているのではないか?

というものがあります。

たしかに、青チャートやFocus Goldは網羅性に優れ、問題集としての完成度は高いです。
しかし、その分問題数が非常に多いという特徴があり、習得には時間がかかります。

これまでの指導経験や当塾の卒業生のデータから、数学1科目に多くの時間を割くよりも、最短距離で基礎力をつけ、他の科目にかける時間を増やした方が合格可能性が高いと分かっています。

基礎問題精講は問題数が多くないため網羅性に不安を感じるかもしれませんが、過去の生徒様のデータから、医学部合格に必要な基礎力を十分につけることが可能だと明らかになっています。

上滑りは絶対にNG

基礎力が足りない状態で応用問題集に入ると上滑りを起こします。
上滑りをしていると、どれだけ勉強しても成績は伸びなくなるので絶対に避けましょう。

「基礎ができていないのに焦って応用問題集に手を出してしまう」という失敗は本当によくあります。
(当塾の卒業生に前年度失敗した原因を分析してもらったところ、ほとんどの人が上滑りをしていたことを挙げます。)

上滑りを防ぐためにも、

まずは全教科で基礎を固める。それができたら応用問題集に入る

という順番で勉強するのが大切です。

そもそも、全教科基礎を徹底的に習得することで医学部に合格することが可能です

意外に思われるかもしれませんが、当塾の卒業生には全教科基礎問題集のみの使用で医学部に合格された方が数多く存在します。

まずは全教科で基礎力をつけることを目標として勉強しましょう。

医学部予備校ACE Academyで使用する参考書

当塾で使用する参考書一覧です。

こちらに記載した問題集の中から、生徒様の状況から最適なものを課題として出します。どこまで習得するかは人によって異なっており、必ずしも全問題集をこなす必要はありません。

*ページ下部に同じ参考書を使用して医学部に合格した卒業生の体験記一覧を記載しています。
合格体験記に各生徒の使用した参考書も記載していますのでそちらもご参考ください。

数学

やさしい高校数学
理解しやすい数学1A,2B,3
基礎問題精講1A,2B,3
合格る(うかる)計算
標準問題精講
新数学スタンダード演習1A2B,3
新数学演習

英語

DUO3.0+付属CD
一億人の英文法orチャート式 基礎からの新々総合英語
ネクステージ
全解説頻出英文法・語法問題1000
速読英単語(必修編)、付属CD
基礎英文問題精講
基礎英語長文問題精講
速読英単語(上級編)、付属 CD or リンガメタリカ、付属CD
基礎英作文問題精講

化学

宇宙一わかりやすい化学
化学チャート式 新化学
エクセル化学総合版
標準問題精講
化学の新演習
化学の新研究

物理

宇宙一わかりやすい物理
体系物理
物理 名問の森
難問題の系統とその解き方

生物

大森徹の最強講義117講
チャート式 新生物
エクセル生物総合版
標準問題精講

各参考書の使い方や卒業生のレビュー

医学部合格のための数学おすすめ参考書

医学部合格のための英語おすすめ参考書

医学部合格のための理科おすすめ参考書

医学部合格のための国語おすすめ参考書

医学部合格のための社会おすすめ参考書

重要なのは問題集の取り組み方

上記の通り、こちらに掲載されている参考書は医学部に合格できると検証された参考書です。

しかし、ここで考えていただきたいのは、

これらの参考書を使えば、全員が医学部に合格できるのか?
ということです。
参考書と問題集を最適化するだけで医学部に合格できれば楽なのですが、残念ながら答えはNOです。

問題集を使う際、「何を使うか」はもちろん重要でありますが、それ以上に「どう使うか」が重要であり、成績の伸びに影響します。

同じ参考書を使っていても、医学部に合格できる人とできない人が出てしまうのは、問題集の取り組み方に大きな差があるからです。

取り組み方のダメな例

①問題集を繰り返し解かない

問題集を1-2周して次にいく、という人は少なくないのですが、成績を伸ばすためには1冊の問題集を繰り返し解くことが大切です。

繰り返すことで暗記は定着し、試験本番自力で解けるようになります。目安として、どの問題集も最低3周以上は繰り返すようにしましょう。

習得が中途半端な状態で次の問題集(特に応用問題集)に進んでしまうのはデメリットしかありません。
まずは基礎問題集を繰り返し解き、基礎を固めることを優先しましょう。

②問題集の答えを丸暗記している

問題集を繰り返すこと自体はOKなのですが、答えの丸暗記になっている場合は要注意です。

例えば、ある問題集を何十回も繰り返し、理解していないまま答えをそのまま丸暗記してしまったとします。

このような取り組み方では、模試や試験本番、問題集からほんの少しでも形を変えて出題がなされると手が出なくなってしまいます。

もちろん暗記は重要ですが、理解を伴った上で問題集を習得することが大切となります。

成績を伸ばす問題集の取り組み方とは?

まずは、問題集をつまみ食いするのではなく、1冊の問題集を繰り返し解くことが大切です。
様々な問題集に手を出してすべて中途半端になるのではなく、1冊を完璧にしてから次に進みましょう。

問題集を進める時は、講義型参考書を併用し、理解を伴った上で演習しましょう。

以上は基本としておさえた上で、さらに問題集の取り組み方を工夫していくことが大切です。

例えば、
・公式暗記で問題を解くのではなく、本質を理解した上で公式を使う
・「なぜそう解くのか?」と聞かれても人に説明できるまで習得している
・定義は1問1答形式ではなく、記述で説明できるまで正確に暗記している
等です。


問題集の取り組み方を改善することで、理解を深め、暗記を徹底することができ、結果的に成績を伸ばすことが可能になります。

当塾では、生徒個別で使用する問題集を課題とするだけではなく、問題集の取り組み方についての指導に力を入れています。
当塾の卒業生講師も多数在籍しており、同じ問題集を使って医学部に合格した先輩に、取り組み方を相談することも可能です。

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出しています。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

学費以外の追加料金は一切ありません。
浪人生:月額10万円(特待生は月額5万円) 高校生:月額5-7万円 通信生:月額3万円

医学部合格体験記

(卒業生講師)中学3年生の終わりから3年間受講し、日本医科(特待)&信州大医学部に現役合格
【2020】日本医科大学(特待)/信州大学医学部合格体験記(現役・女性)

(卒業生講師)高3で理転し、横浜市立大学医学部&順天堂大学医学部に現役合格
【2020】横浜市立大学医学部/順天堂大学合格体験記(現役・女性)

入試本番で点数を取るために必要な「試験の解き方」を身につけ、7浪で国公立医学部に合格
【2020】金沢大学医学部合格体験記(7浪・男性)

(卒業生講師)偏差値56、センター78%から成績を大きくのばし横浜市立大学、日医(特待)に合格
【2019】横浜市立大学医学部/日本医科大学(特待) 合格体験記(2浪・女性)

センター試験前日に38度の発熱というアクシデントがありながら、センター90%を達成し神戸大学医学部に合格
【2019】神戸大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

年間を通して謙虚かつ貪欲に学び、筑波大学医学部に合格
【2019】筑波大学医学部、日本医科大学 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)進学校ではない高校に通い、学校生活で表彰を受けるほど高校と当塾を両立しながら日本医科大学に現役で合格
【2019】日本医科大学 合格体験記(現役・女性)

(卒業生講師)成績を大きくのばし国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格
【2018】慈恵会医科大学/新潟大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

1年でセンター試験約15%のばし国公立医学部のほか日本医科大学に首席で合格
【2018】日本医科大学/群馬大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

(卒業生講師)数学が苦手で現役時センター試験数学50点台から1年で横浜市立大学、慈恵会医科大学に合格
【2017】慈恵会医科大学/横浜市立大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

偏差値62から1年で76.8までのばし千葉大学医学部、慶應大学医学部に合格
【2017】千葉大学医学部/慶応大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

その他の合格体験記は医学部合格体験記をご覧ください。

塾生専用ページでは、さらに詳しい資料をご覧いただけます

医学部予備校ACE Academyでは、塾生限定公開の「塾生専用ページ」に沿って学習していただいています。

塾生専用ページでは、より具体的な勉強方法、問題集ごとの進め方、試験の解き方、受験校の選び方など、医学部受験に必要な情報すべてをご覧いただけます。

【月1000円】医学部受験オンライン講座

医学部受験オンライン講座では、【月額1000円】で医学部受験の情報や勉強方法を配信しています。

塾生専用ページの内容の一部も定期的に投稿しているため、当塾の指導を体験してみたいという方にもオススメのサービスとなります!

医学部受験オンライン講座

LINE@で情報配信中!

公式LINEのタイムラインでは、ほぼ毎日最新情報を更新しています。
医学部受験の最新情報や、質問への回答動画をご覧いただけます。

友だち追加

YouTubeチャンネルはこちら。
ブログ記事の解説や質問への回答を配信しています。
YouTubeチャンネル

ブログ運営者の公式twitter

医学部勉強法まとめ
医学部受験バイブル
タイトルとURLをコピーしました