医大生有志が運営するLINE@はこちら!
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

2020筑波大学医学部受験情報

筑波大学医学部の偏差値

偏差値:67

医学部偏差値ランキングと医学部の難易度について

筑波大学医学部のセンターボーダー、足切り

センターボーダー:88%

足切り:78%

医学部センター試験ボーダー、足切り情報まとめ

筑波大学医学部の勉強法、対策法

筑波大学医学部の面接小論文対策

筑波大学医学部の学生生活

筑波大学医学部の合格体験記

筑波大学医学部の受験情報

2020年度筑波大学医学部募集要項

筑波大学医学部募集要項(公式HP)

一般前期入試

募集人数

募集人数:一般49名 地域枠(全国)10名 地域枠(茨城)9名

試験日程

出願期間・1次試験・2次試験・合格発表・入学手続き締切の日程はこちら
センター試験出願期間:2019/9/30(月) ~10/10(木)

センター試験:2020/1/18(土)・19(日)

第1段階選抜:2020/2/12(水)(募集人員の約2.5倍で実施予定)

個別試験出願期間:2020/1/27(月) ~2020/2/5(水)

個別試験:2020/2/25(火) 、2/26(水)

合格発表:2020/3/7(土) 10:00

入学手続き締め切り:2020/3/14(土)

試験科目・配点・試験時間

センター試験

外国語 200点
数学(IA,IIB) 200点
理科(2科目) 200点
国語 200点
地歴・公民 100点

個別試験

英語 300点
数学 300点
理科(2科目) 300点
適性試験 500点(筆記試験で適応力や学習意欲、人間性などを評価 )

推薦入試

募集人数

募集人数:一般枠44名 地域枠17名

試験日程

出願資格
<一般>
出願要件
次の(1)-(5)のいずれかに該当する者
(1)令和2年3月に高等学校(特別支援学校の高等部を含観)又は中等教育学校を卒業見込みの者
(2)留学(学校教育法施行規則第93条に該当する者)又は単位制による課程(単位制高等学校教育規程に該当する課程)により令和元年度途中で高等学校を卒業した者
(3)国際バカロレア(IB)事業に参加している我が国所在の国際学校を卒業し,令和元年度にlB資格を取得した者及び取得見込みの者又は国際的な評価団体(VASC,CIS,ACSI)から教育活動等に係る認定を受けた我が国所在の教育施設に置かれる12年の課程を平成31年4月1日から令和2年3月31日までに修了した者及び修了見込みの者
(4)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を平成31年4月1日から令和2年3月31日までに修了した者又は修了見込みの者
(5)日本国籍を有する者又は日本国の永住許可を受けている者で,外国において学校教育における12年の課程(日本における通常の課程による学校教育の期間を含む。)を修め,そのうち海外において在住国の正規の教育制度に基づく高等学校に最終学年を含めて原則として2年以上継続して在学し,平成31年4月1日から令和2年3月31日までに卒業(修了したもの及び卒業(修了)見込みのもの

推薦要件
下記のいずれかに該当する者のうち、学校長が責任をもって推薦し、合格した場合には入学することを確約できる者
(1)調査書の学習成績概評A段階に属する者
(2)全教科がバランスよく優れている上に,英語及び理数系特に数学,理科(物理学,化学,生物学のうち2科目)の能力が抜群で,医師となる資質が十分と考えられる者(それを証明する客観的資料があれば適宜添付のこと。)
(3)高等学校等において,国際的な課題をテーマとする探究的な学習や,国際交流に関する活動に取り組み,コミュニケーション能力,問題解決力等の国際的な素養を身に付けた者(その根拠として,本人の作成する「活動報告書Jを添付のこと。)で,英語及び理系科目の能力が抜群で,将来,国際舞台で活躍する資質が十分であると考えられる者

<地域枠>
次の(1)~(5)の条件をすべて満たす者。
(1) 茨城県内の高等学校(中等教育学校,特別支援学校の高等部を含む。),又は保護者が出願期間 の最終日において茨城県に1年以上居住している者で,県外の高等学校(中等教育学校,特別支援 学校の高等部を含む )を令和2年3月卒業見込みの者又は卒業後1年以内の者
(2) 将来,茨城県の地域医療に貢献する熱意と能力を有する者で,学校長が責任をもって推薦できる 者
(3) 学習成績慨評がA段階の者
(4) 全教科がバランスよく優れている上に,英語、 数学及び理科(物理学,化学,生物学のうち2科目)の能力が抜群で,医師となる資質が十分と考えられる者
(5) 茨城県が実施する「令和2年度茨城県地域医療医師修学資金貸与制度」に応募する者


出願期間・1次試験・2次試験・合格発表・入学手続き締切の日程はこちら
出願期間:2019/11/1(金) ~11/7(木)

試験日:2019/11/28(木),29(金)

合格発表:2019/12/12(木) 10:00

試験科目・配点・試験時間

小論文(1)・(2) 英語・数学・理科(2科目)の総合的学力を測る
適性試験Ⅰ (筆記試験)
適性試験Ⅱ (個別面接)

2019筑波大学医学部の入試データ

前期

志願者:181人
受験者:137人
合格者:69人
追加合格者:3人
入学者:66人
倍率:2.0%

前期(地域枠)

志願者:28人
受験者:26人
合格者:全国枠2人 地域枠6人
入学者:全国枠2人 地域枠6人
倍率:3.3%

2019筑波大学医学部の合格最低点

一般 満点2300点 合格最低点1807点(78.6%) 平均点1871.9点(81.4%)

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 これまで、慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出し、豊富なデータを蓄積しています。 実際に医学部に進学した卒業生のデータに基づき、生徒1人1人に最適なカリキュラム作成と課題管理を行います。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

「医学部受験において最高峰の指導をより安く」を理念とし、医学部専門予備校において最も安い学費を実現しています。 浪人生:月額10万円。高校生:月額5-7万円。通信生は月額3万円。 (短期講習などの追加費用も一切ございません。) また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。 詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。 <当塾の説明動画>

タイトルとURLをコピーしました