特待制度スタート。学費月5万円。
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

チェックリストで確認!医学部編入と再受験はどちらがおすすめ?

編入試験と再受験の違い

大学もしくは大学院に在籍している人が医学部受験を行う場合、編入試験再受験という選択肢があります。

再受験とは、もう一度受験を行うことで、現役生や浪人生と同じ試験を受けます。
大学に籍を置きながら受験を行う人もいますし、大学を卒業/退学して受験に臨む人もいます。
編入試験とは、一般試験とは全く別の試験であり、科目数や時期が異なります。
大学によって制度は様々ですが、合格すると2年生or3年生に編入することができます。

受験形式は大きく異なりますので、編入試験と再受験のどちらを選ぶかによって戦略が大幅に変化します。

編入試験おすすめチェックリスト

編入試験は、大学によって科目や制度が異なります。
こちらのチェックリストは、生命科学が必須の国公立大学医学部を想定して作成しています。

編入試験をおすすめできない人

①文系大学出身の人

編入試験では、生命科学や物理、化学といった理系科目からの出題があります。

物理・化学については大学によって一般入試レベルで対応できるものの、生命科学は一般入試レベルを大きく超えた出題となります、

試験で合格できるレベルに到達するまでに非常に時間がかかってしまうこと、またその範囲も膨大であることから、基本的に文系学部出身者にはおすすめできません

②生物系以外の学部卒の人

非生物系学部卒の方にとっては、編入試験よりも一般入試の対策をする方が、合格の可能性は高くなります。

予備校等で編入試験対策をすることは可能ではあるものの、編入試験で相手となるのは、生物系や医学系の研究経歴のある修士卒・博士卒の受験生です。
こういった受験生相手に太刀打ちできるレベルに到達するのは、かなり困難な挑戦となります。

文系の人、生物系以外の学部卒の人は、編入試験より再受験の方が対策しやすい

編入試験を考慮に入れてもよいが、あまりおすすめはできない人

生物系の学部卒の人

生物系の学部卒の人は生命科学の知識はある程度あると思いますが、大学院修了者を比べると大学院を修了した人の方が有利です。

理由として、編入試験では論文レベルの英語を題材として用いることが非常に多く、学部生にとってはあまり馴染みがないという点があります。
大学院生や大学院修了後に研究を続けているような人は日常的に英語の論文を読んでいるため、差がつくポイントとなりえます。

また、編入試験では自身の研究成果のプレゼンを求められる大学が少なくありません。
自身の研究等もないとなると、バックグラウンドを存分に活かすことはできないと考えた方が良いでしょう。

生物系学部出身者でも合格している方もいますが、割合としてはやはり大学院を修了した人が多くなります。

非生物系の大学院修了者(理系)の場合

非生物系大学院修了者について、英語に関しては大きな問題はないかと思います。生命科学の勉強と並行して関連の論文を読んでいくことをおすすめします。

また、大学によっては入試レベルを超えた範囲の物理や化学を出題していることもあります。そのような大学を受験する場合には自身のバックグラウンドを活かせることもできます。

非生物系大学院修了者が医学部編入試験に合格するためには、生命科学の習得がカギとなでしょう。

編入試験をおすすめできる人

一番編入試験にマッチしているのは生物系大学院を修了した人です。

まずは生命科学について、日常的に扱っている分野のため対策がしやすいです。また、英語試験についても論文を読み慣れているため、他の受験生に比べて取り組みやすいはずです。

このような人たちは、一般入試よりもむしろ編入試験の方が時間をかけずに対策できると思います。

生物系博士課程修了者の方については、研究系の大学で博士を取得していること、研究業績をアピールできることから、いくつかの大学で非常に有利に働きます。

まとめ

医学部編入試験は生物系の大学院を修了した人が有利な試験です。

その他の場合、編入試験よりも再受験の方が対策しやすいことが多々あります。

中には、生物系の大学院修了者以外の合格者もいますが、非常にレアなケースと捉えた方が良いでしょう。
レアケースに着目するのではなく、「受験者のうち何パーセントが最終合格しているか」ということを考えてみるのが大切です。

【合格者が教える】医学部編入試験対策法まとめ

実際に医学部編入試験に合格した方はどんな対策を行っていたのか、具体的に記載しています。

医学部再受験の勉強法・受験情報まとめ

医学部を再受験するにあたって有益な情報をまとめています。

医学部再受験生の合格体験記

文系の大学を卒業し偏差値30台から医学部に進学した再受験生
【2019】東京女子医科大学 合格体験記(再受験・女性)

理工系の大学出身で7月に入塾して半年で難関私大に合格
【2019】日本医科大学 合格体験記(再受験・男性)

自力での勉強から休学に切り替え、1年で私立医学部(東京都枠)に合格
【2019】杏林大学医学部(東京都枠) 合格体験記(再受験・男性)

9月に入塾し、入試まで5ヶ月を切った状態から医学部に合格
【2018】東海大学医学部 合格体験記(再受験・女性)

5回目の医学部受験挑戦で合格された40代女性
【2017】島根大学医学部 合格体験記(40代の再受験・女性)

文系出身で英語以外初学の状態から、1年で国公立大学医学部に合格
【2016】島根大学医学部/日本医科大学<理系初学> 合格体験記(再受験・女性)

その他の合格体験記は医学部合格体験記をご覧ください。

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 これまで、慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出し、豊富なデータを蓄積しています。 実際に医学部に進学した卒業生のデータに基づき、生徒1人1人に最適なカリキュラム作成と課題管理を行います。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

「医学部受験において最高峰の指導をより安く」を理念とし、医学部専門予備校において最も安い学費を実現しています。 浪人生:月額10万円。高校生:月額5-7万円。通信生は月額3万円。 (短期講習などの追加費用も一切ございません。) また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。 詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました