特待制度スタート。学費月5万円。
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

【2020】医学部センター試験ボーダー・足切りは何%?

*2020年1月 最新版のボーダー、足切り情報更新!

*下記ボーダーおよび足切り予想はあくまでもセンターリサーチによる結果です。実際の足切り点数は出願状況により大きく変わる可能性があります。

センター試験のボーダー、足切りの解説

センターボーダーとは?

センターボーダーとは簡単に言うと、「センター試験で○点を取ったら、受験者の半分がその医学部に合格できる」という目安です。

例えば、センターボーダーは91%の東京医科歯科大学で考えてみましょう。

この場合、”91%以上センター試験で得点した受験生の半数以上”が”実際に医科歯科大学に合格した”ことを示します。

センターボーダーの算出方法

大手予備校では、センターリサーチというサービスを行っており、全国の受験生のセンター試験の自己採点結果を集めます。

そして、合格発表後、各大学に合格した受験生はセンター試験で何%得点していたかをデータとして保持しています。
そのデータから、各医学部の合格ラインに達するにはセンター試験で何%必要かという数字がセンターボーダーとなります。

予備校によって少し異なりますが、多くの予備校ではセンターボーダーは、そのセンター試験の点数をとっていれば受験者の半数がその医学部に合格できる点数を示しています。

センターボーダーは絶対的な合格可能性ではないものの、どの国公立医学部に出願するかを選ぶうえで非常に重要な指標となります。

大学によって、【センター試験と二次試験の比率】や、【科目ごとの配点】は大きく異なります。センターボーダーと合わせて考慮することで、最適な受験校選びが可能となります。

センター足切りについて

国公立医学部の中には、センター試験で足切りを設ける大学があります。

足切りは具体的な点数ではなく、人数の倍率でセンター試験の足切り点数を設定しています。

センター試験で足切りになってしまうと、二次試験の受験資格をその時点で失うことになります。

また、足切り点数はあくまでリサーチと昨年までのデータによる予想です。
センター試験の自己採点と実際の点数が異なる場合もよくあります。

足切りにあわないために、自己採点とくらべて足切り予想点数に少し余裕をもった医学部に出願することが大切です。
また、センター試験は自己採点を正確に行うことも非常に重要であるといえます。

国公立医学部のセンターボーダー・足切り情報

*”足切りの実施なし”と表記があるものは足切り自体を行わないため、センター試験の点数に関わらず足切りはありません。

*出願時には必ずご自身でもご確認ください。

国公立医学部 前期試験

大学名2020ボーダー予想2020足切り予想2019ボーダー2019足切り2019倍率
旭川医科大学83%↓実施せず84%実施せず9.0
北海道大学85%↓実施せず87%実施せず3.0
札幌医科大学83%↓実施せず84%実施せず4.0
弘前大学84%62%84%65%9.8
東北大学87%79%87%79%3.2
秋田大学84%↑72%83%実施せず3.6
山形大学85%70%85%実施せず3.8
福島県立医科大学84%77%84%74%一般6.6 地域5.6
筑波大学88%79%88%78%2.6
群馬大学84%↓73%85%76%3.7
千葉大学90%76%90%74%3.2
東京大学92%↓70%93%70%4.2
東京医科歯科大学91%↑72%90%実施せず3.5
横浜市立大学89%↑82%88%82%3.9
新潟大学86%73%86%76%5.8
富山大学84%実施せず84%実施せず5.2
金沢大学85%↓実施せず86%実施せず2.7
福井大学84%↓実施せず86%実施せず3.8
信州大学85%↓73%86%75%5.9
岐阜大学84%↓実施せず85%実施せず8.4
浜松医科大学85%75%85%70%4.8
名古屋大学89%↓実施せず90%実施せず2.7
名古屋市立大学87%↓75%88%75%2.6
三重大学85%↓58%87%実施せず3.6
滋賀医科大学86%↓78%88%実施せず5.8
京都大学91%↓70%92%70%2.8
大阪大学90%↓70%92%80%2.4
神戸大学89%↓73%90%72%3.0
京都府立医科大学86%↓74%87%実施せず3.0
大阪市立大学88%↓73%91%72%3.5
奈良県立医科大学85%↓76%87%実施せず9.3
和歌山県立医科大学85%↓78%87%83%4.8
鳥取大学84%↓実施せず85%実施せず7.0
島根大学84%↓実施せず85%実施せず6.0
岡山大学86%↓実施せず88%実施せず3.3
広島大学86%↓実施せず87%実施せず6.3
山口大学84%実施せず84%実施せず3.1
徳島大学84%↓67%87%67%3.2
香川大学84%↓実施せず85%実施せず4.6
愛媛大学84%↓実施せず86%実施せず5.6
高知大学84%↓実施せず86%実施せず一般4.0 地域29
九州大学88%↓79%89%実施せず3.2
佐賀大学83%↓実施せず84%実施せず5.3
長崎大学85%↓72%87%60%5.1
熊本大学85%↓64%86%76%5.5
大分大学83%↓77%85%82%4.3
宮崎大学83%↓73%87%79%7.3
鹿児島大学84%↓70%86%実施せず5.1
琉球大学83%↓69%87%70%5.4

国公立医学部 後期試験

大学名2020ボーダー予想2020足切り予想2019ボーダー2019足切り2019倍率
旭川医科大学88%↓83%90%82%40.1
秋田大学88%↑82%87%83%14.4
山形大学89%↑84%90%実施せず10.0
千葉大学92%90%92%89%16.4
東京医科歯科大学95%91%95%93%18.4
山梨大学89%84%89%85%11.8
富山大学89%実施せず89%実施せず15.5
福井大学89%↓84%90%84%9.7
岐阜大学90%86%90%86%21.8
浜松医科大学89%↓85%90%実施せず7.1
名古屋大学90%↓80%91%80%13.4
三重大学90%84%90%85%12.5
奈良県立医科大学90%82%90%84%12.5
山口大学88%74%88%85%38.1
香川大学88%↓実施せず90%実施せず19.0
愛媛大学88%↓73%89%実施せず11.7
佐賀大学88%↓81%90%73%17.0
宮崎大学87%↓83%88%86%18.4
鹿児島大学88%84%88%86%14.5
琉球大学87%70%87%83%16.3

私立医学部(センター利用入試)合格点

私立医学部センター利用試験

大学名2020ボーダー予想2019ボーダー
順天堂大学(セ前期)90%↓91%
順天堂大学(併用)89%↑88%
順天堂大学(後期)90%-
昭和大学88%↓89%
東京医科大学87%87%
杏林大学86%↓88%
東海大学86%↓88%
帝京大学92%↑91%
埼玉医科大学85%85%
獨協医科大学87%87%
愛知医科大学83%↓86%
藤田医科大学84%↓88%
大阪医科大学89%↓91%
関西医科大学88%↓91%
関西医科大学(併用)88%88%
近畿大学(C前期)86%↓87%
近畿大学(C中期)89%↑87%
産業医科大学86%↓88%
福岡大学86%↓87%

医学部偏差値ランキング&正しい活用法

医学部センター試験勉強法

センター試験の勉強法は下記をご参照ください。

医学部に1年で合格する勉強法

医師が執筆。医学部に合格する勉強法はこちらをご覧ください。

生徒個別の国公立医学部の受験推奨校を提示

医学部予備校ACE Academyにて、生徒個別に国公立医学部の受験推奨校を提示しています。

センター試験本番の結果から、全国の国公立医学部(前期、後期)における傾斜配点得点を算出し、生徒個別の成績推移、センター試験と二次試験の比率や選択科目等をふまえて、ひとりひとりに最適な推奨校を選びます。

これまで200名以上の医学部合格者を輩出しており、「どういった受験生がどのように出願することで合格可能性が最大となるか」をデータと経験の両方で蓄積し、受験推奨校の作成に反映しています。

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 これまで、慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出し、豊富なデータを蓄積しています。 実際に医学部に進学した卒業生のデータに基づき、生徒1人1人に最適なカリキュラム作成と課題管理を行います。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

「医学部受験において最高峰の指導をより安く」を理念とし、医学部専門予備校において最も安い学費を実現しています。 浪人生:月額10万円。高校生:月額5-7万円。通信生は月額3万円。 (短期講習などの追加費用も一切ございません。) また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。 詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました