医学部面接対策まとめ

特別な面接対策は必要ない

面接試験は、「勉強はできてもパーソナリティ的に問題のある学生は医学部に入れたくない」という大学の意向により行われると言えます。

そのため、面接試験では「他の受験生と差をつけるような素晴らしい回答」は求められておらず、「この学生なら医学生・医師となっても問題ないだろう」という印象を与えられたら大丈夫です。

また、本当に面接試験で厳しく評価を行う医学部においては、小手先の対策は全く通用しなくなります。
そのような医学部では面接においてその受験生の考える力や人間性を評価しているので、小手先の対策が通用すると試験の意味がなくなってしまいます。

詳しくは医学部の面接、小論文の目的や対策方法についてをご参照ください。

 

上記の通り、面接対策で差がつくことはほとんどありませんから、面接の準備に時間をかけるのはおすすめできません。
以下の項目で押さえるべきポイントを押さえ、後は学科試験の成績を少しでも伸ばすようにしましょう。

面接でよく聞かれる質問の答えを用意しておく

医学部の面接試験でよく聞かれる質問には、

「医師、医学部を志望する理由」
「本学を志望する理由」
「自分の長所、短所と医師に向いている理由」
「どんな医師になりたいか・理想の医師像について」
「高校生活や部活動について」
「医学部に入ったら何をしたいか」

などが挙げられます。自信をもって答えられるようにあらかじめ答えを準備しておきましょう。
特に、「医師、医学部を志望する理由」「本学を志望する理由」をすらすら答えられないと印象は大きく下がりますので注意してください。

私立医学部面接過去問集

上記のほか、私立医学部の各大学ごとの面接過去問をまとめていますのでご参照ください。

私立医学部の大学別面接過去問まとめ

面接で問われそうな医学知識・医療ニュースを調べておく

医学知識や医療ニュースについて質問される大学があります。全く知らないことについて聞かれると困りますから、常識的なトピックについては少し調べて知識をインプットしておくようにしましょう。

完璧な答えまですべて用意する必要はありません。最低限の知識さえあれば、あとは考えて自分なりに返答することができます。

細かい医学知識を取り上げて、「○○を知っていますか?」という質問はめったにされませんし、知らなくて不合格になることはありません。(知らなかった時の対応が見られているため。)
それよりも、世間でも話題になった医療ニュースについてしっかり自分なりの意見を持っているかが問われます。
普段から医療にまつわることにアンテナを張り、考えを深める習慣をつけましょう。

医療テーマについては面接・小論文対策テーマ集にまとめていますので参考にしてください。

最低限のマナーを知っておく

服装、入室時や挨拶、姿勢、退室の仕方など、最低限のマナーは調べて実践できるように練習しておきましょう。
服装は、現役生は制服(ない場合はそれに準ずる格好)、浪人生はスーツを着用すればOKです。
男女とも清潔感のある服装・髪型を意識しましょう。

医学部受験の面接をクリアする服装やスーツについて

面接で不合格になったNG集

これは実際に医学部の面接官をされていた先生からお話いただいた内容です。

・沈黙してしまう、泣いてしまう

予想外の質問や、やや圧迫気味の質問をしたとき、パニックになってしまい沈黙してしまったり、泣いてしまった受験生は評価できなくなってしまうため結果的に不合格になったケースがあります。

・態度やマナーが著しく悪い

受験生の中には、本当に態度やマナーが著しく悪い受験生がいます。
浪人生や再受験生で明らかに不適切な服装をしていたり、髪の毛を染めていたり、面接官の質問に真摯に回答しようという姿勢が感じられない受験生は不合格の対象となります。

真面目に答えようとしている中で、ちょっと返答が不自然になってしまったり、焦ってしまったりする程度は全く問題ありません。
例えば面接官の質問が聞き取れなかった場合でも、落ち着いて丁寧に聞き返せば良いです。
マナーなどもあまり細かく気にする必要はありませんが、常識的にNGな言動は避けましょう。

・医師として(人として)倫理的にNGな発言をした

医学部の志望理由として、明らかに倫理的にNGな返答をした受験生は不合格の対象となります。
医師志望動機に、年収が高いことや社会的地位が高いことを挙げるなどは一発不合格となりえるので注意しましょう。

 

面接のアドバイス

無理にいいことを言おうとせず正直に答える

無理にいいことを言おうとするより、正直に答える方が印象がよくなることは多いです。例えば、明らかに緊張していて人と話すのが苦手そうな受験生がいるとします。

よくある質問で、「コミュニケーションは得意ですか?」と質問されたとき、「はい得意です」とぼそぼそと答えるのはおすすめできません。

全く得意そうに見えないのに得意だと答えるのはプラスにはなりません。

その場合は正直に、「恥ずかしながらあまり得意ではありません。いまも緊張しています。ですが、これから医学部に入り、医師になるまでに少しでも改善できるよう、努力していきたいと思っています。」と答えましょう。その方がはるかに好印象にうつります。

 

もう一つよくあるのが、知らない事項について質問されるケースです。
その時、知ったかぶって的外れな意見を述べるくらいなら、「申し訳ありません。勉強不足のためそのテーマは存じ上げません。」など正直に回答した方がよほど好印象です。
さすがに常識的なテーマすら知らないと引かれてしまうので、最低限の知識・ニュースなどは頭に入れておきましょう。

 

結論から手短に答える

質問に対して、なんでもかんでもストーリーで語ってしまう受験生がいます。例えば、「あなたの長所について教えてください」という質問に対し、「私は小さいころからオーケストラを習っていて、中学生では指揮もつとめました。また高校では、、、」とストーリーや体験を答えてしまうのです。

これは残念ながらよい印象ではありません。何が言いたいのかわからなくなってしまうからです。

「私の長所は責任感があることだと思っています。」「継続して努力できることです。」など、まず結論からバシっと答えましょう。そのあとで、「それは、〜という経験をしてきたからです。」と、結論を述べたあとで理由や体験を話しましょう。

 

医学部面接対策まとめ

医学部の面接試験に特別な対策は必要ありません。
最低限の準備をして回答時のアドバイスを守れば、あとはリラックスして臨めば大丈夫です。

人前で話すのが苦手であれば、1回ほど模擬面接をしておいても良いでしょう。
特別な講習ではなく、親や学校の先生、友達に上記のよく聞かれる質問をしてもらう程度で十分です。
他の人に聞かれたくなければ、鏡に向かって話すなども効果的だと思います。
よく聞かれる質問の答えは、何も見ずに声に出してすらすらと言えるよう練習しておくと安心です。

 

関連記事

医学部小論文対策まとめ

 

医学部予備校ACE Academyの医学部面接対策

1.医学部合格のために必要十分な面接対策を提供

上記の通り、医学部受験において過剰な面接対策は必要ありません。
国公立医学部、私立医学部ともに合否に大きく影響するのは学科試験の成績です。面接対策に時間をかけすぎて、学科試験の勉強が後回しになるようでは元も子もありません。そのため当塾では、面接対策は過度に行わず、勉強に集中することが大切だと指導しています。

最低限必要な対策として、よく聞かれる質問への回答の添削や、大学別の面接対策情報の提供等を行っています。

これまで医学部に合格した卒業生のフィードバックを元に、医学部に合格するための必要十分な面接対策を行っています。

2.卒業生を中心とする医学生講師によるアドバイス

医学部面接試験は、就職の面接とは異なります。
面接に特化したプロ講師よりも、実際に医学部の面接を経験し合格した人のアドバイスの方がずっと役に立ちます。

当塾では講師との面談を通し、面接試験について相談することができます。
「どんな雰囲気だったか」「どんな形式だったか」「分からないことを聞かれた場合、どのように対処していたか」等、わからないことがあれば気軽に質問可能です。
講師自身の実際の体験から、本当に役立つ情報のみを提供しています。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。
学習効率を追求した指導システムを採用し、無駄の多い集団講義は一切行っていません。
「医学部に合格できる人」の考え方と習慣を身につけることで、自ら成績を伸ばし本番合格する力を養います。

例年国公立医学部・難関私大医学部を含む合格者を多数輩出し、どのようなタイプの生徒様がどういった成績の推移でどういった医学部に合格したか(あるいは合格できなかったか)等をすべて経験とデータの両方で蓄積しています。豊富なデータを生徒様個別の課題作成や受験校推奨に反映しています。

また、浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。

医学部予備校ACE Academyはこちら

タイトルとURLをコピーしました