【購入者特典あり!】書籍版「医学部受験バイブル」発売中!
【無料プレゼント!】医学部合格の8つのPDF資料

すべてセットで無料プレゼント中!

プレゼントPDF資料の内容
①医学部に合格するための参考書一覧
②偏差値ランキング
③共通テストボーダー・足切り
④私立医学部学費ランキング
⑤推薦入試情報
⑥私立医学部の面接小論文過去問集
⑦私立医学部の繰り上げ情報
⑧医学部予備校の選び方と注意点
今すぐ無料ダウンロード!

【医師が教える】医学部面接試験対策のポイント

【無料】医学部受験情報のPDF資料6つをプレゼント中!

<医学部受験PDF資料例(印刷可)>
①偏差値ランキング
②共通テストボーダー・足切り一覧
③私立医学部学費ランキング
④推薦入試情報
⑤私立医学部の面接小論文過去問集
⑥私立医学部繰り上げ情報

<合計6時間以上のウェブセミナー動画>
300名以上の医学部合格者を指導した塾長(医師)が解説!
①国立医学部と私立医学部の対策の違い
②入りやすい医学部(国立・私立)
③医学部の面接小論文対策
など

面接小論文対策はどのくらい時間をかけるべき?

私自身が医師であり、これまでに300名以上の医学部合格者を指導してきた経験から、面接試験に時間を多く割く必要はありません

なぜなら面接試験を行う大学の意図とは、

勉強はできてもパーソナリティ的に問題のある学生は医学部に入れたくない

というものです。

多くの医学部の面接試験では、「他の受験生と差をつけるような素晴らしい回答」は求められていません。
「この学生なら医学生・医師となっても問題ないだろう」という印象を与えられたら、問題なく二次試験は合格できると言えるでしょう。

ポイントは4つ

面接試験はアドバンテージを取る試験ではなく、「医学部に入れない方がよい人」を落とすための試験だと言えます。

面接対策で差がつくことはほとんどありませんから、面接の準備に時間をかけるのはおすすめできません。
面接対策にかける時間は必要最低限に留め、学科試験の成績を少しでも伸ばすようにしましょう。

最低限準備しておくべきポイントはこちらです。

①面接でよく聞かれる質問に対し、あらかじめ答えを用意しておく
②受験する大学の過去問を確認し、過去に聞かれた質問や形式を把握しておく
③世間で話題になった医学知識・医療ニュースを調べておく
④最低限のマナーを知っておく

面接でよく聞かれる質問の答えを用意しておく

医学部の面接試験でよく聞かれる質問には、

「医師、医学部を志望する理由」
「本学を志望する理由」
「自分の長所、短所と医師に向いている理由」
「どんな医師になりたいか・理想の医師像について」
「高校生活や部活動について」
「医学部に入ったら何をしたいか」

などが挙げられます。すらすら答えられるようにあらかじめ答えを準備しておきましょう。

特に、「医師、医学部を志望する理由」「本学を志望する理由」を答えられないと印象は大きく下がります。

事前に文章を作成し、すらすらと言えるようになるまで練習しましょう。

面接で問われそうな医学知識・医療ニュースを調べておく

医学知識や医療ニュースについて質問される大学があります。
全く知らないことについて聞かれると困りますから、常識的なトピックについては少し調べて知識をインプットしておくようにしましょう。

完璧な答えまですべて用意する必要はありません。最低限の知識さえあれば、あとは考えて自分なりに返答することができます。

細かい医学知識を取り上げて、「○○を知っていますか?」という質問はめったにされませんし、知らなくて不合格になることはありません。
(むしろ、知らなかった時にどう対応するかに人間性が表れます。)

マニアックな医学知識を持っているかではなく、世間でも話題になった医療ニュースについて、しっかり自分なりの意見を持っているかどうかが問われています。
普段から医療にまつわることにアンテナを張り、考えを深める習慣をつけましょう。

最低限のマナーを知っておく

服装、入室時や挨拶、姿勢、退室の仕方など、最低限のマナーは調べて実践できるように練習しておきましょう。

服装は、現役生は制服(ない場合はそれに準ずる格好)浪人生はスーツを着用すればOKです。
男女とも清潔感のある服装・髪型を意識しましょう。

【面接官経験者に聞いた】面接で不合格になったNG例

医師志望動機に、○○○○○ことや○○○○○ことを挙げるなどは一発不合格となりえるので注意しましょう。

詳しい内容は解説動画で説明中!
解説動画(無料)を視聴する

面接試験アドバイス&話すときのコツ

質問に対して、なんでもかんでもストーリーで語ってしまう受験生がいます。

例えば、「あなたの長所について教えてください」という質問に対し、「私は小さいころからオーケストラを習っていて、中学生では指揮もつとめました。また高校では、、、」とストーリーや体験を答えてしまうのです。

これは残念ながらよい印象ではありません。聞いている途中で何が言いたいのかわからなくなってしまうからです。

面接試験で回答するときのコツは、○○○○○ことです。

詳しい内容は解説動画で説明中!
解説動画(無料)を視聴する

【無料】面接小論文対策の過去問集&解説動画をプレゼント

面接小論文対策資料プレゼント

私立医学部の面接小論文過去問集&医師が解説する面接対策の解説動画を今なら無料でプレゼント!

300名以上の医学部合格者を指導してきたエースアカデミー 塾長(医師)が、医学部受験の面接対策を詳しく解説します!

医学部の面接小論文対策に必要な知識や情報を詰め込んだ、1時間10分の解説動画となります。
私立医学部全31校の面接小論文の過去問集と合わせ、面接小論文の対策にご活用ください!

動画内容
・医学部合格者の面接回答のポイント
・【面接官経験者に聞いた】面接で不合格になったNG例
・試験本番で回答する時のコツ
など

 

タイトルとURLをコピーしました