2018国公立医学部の繰り上げ(追加)合格情報まとめ

国公立医学部でも少数ではありますが繰り上げ合格(追加合格)が存在しますのでその情報をまとめています。

繰り上げ合格は、合格したものの入学を辞退した受験生が存在することを示しています。

特に前期試験での繰り上げ合格がある場合は、都心部の私立医学部に進学した受験生が多くを占めていると考えられます。

2018国公立医学部の繰り上げ(追加)合格情報まとめ

*下記に記載のない医学部や入試枠に関しては繰り上げ(追加)合格がなかったことを示しています。

 

山形大学医学部
・後期試験:1名

福島県立医科大学
・前期試験:4名
・前期地域枠:2名
・後期試験:1名

筑波大学医学部
・前期試験:3名

群馬大学医学部
・前期試験:6名

横浜市立大学医学部
・前期試験:7名

新潟大学医学部
・前期試験:7名

山梨大学医学部
・後期試験:12名

信州大学医学部
・前期試験:7名

富山大学医学部
・前期試験:1名
・後期試験:4名

金沢大学医学部
・前期試験:3名

福井大学医学部
・前期試験:3名

岐阜大学医学部
・前期試験:1名
・後期試験:2名

浜松医科大学
・後期試験:1名

名古屋市立大学医学部
・前期試験:2名

大阪市立大学医学部
・前期試験:1名

和歌山県立医科大学
・前期試験:1名

鳥取大学医学部
・後期試験:5名

島根大学医学部
・前期試験:1名

広島大学医学部
・後期試験:2名

徳島大学医学部
・前期試験:1名

香川大学医学部
・前期試験:1名
・後期試験:2名

愛媛大学医学部
・前期試験:1名
・後期試験:5名

長崎大学医学部
・前期試験:2名

鹿児島大学医学部
・前期試験:1名
・後期試験:2名

琉球大学医学部
・前期試験:1名
・後期試験:1名

 

医学部合格体験記

(卒業生講師)偏差値56、センター78%から成績を大きくのばし横浜市立大学、日医(特待)に合格
【2019】横浜市立大学医学部/日本医科大学(特待) 合格体験記(2浪・女性)

(卒業生講師)進学校ではない高校に通い、学校生活で表彰を受けるほど高校と当塾を両立しながら日本医科大学に現役で合格
【2019】日本医科大学 合格体験記(現役・女性)

(卒業生講師)文系の大学を卒業し偏差値30台から医学部に進学した再受験生
【2019】東京女子医科大学 合格体験記(再受験・女性)

センター試験前日に38度の発熱というアクシデントがありながら、センター90%を達成し神戸大学医学部に合格
【2019】神戸大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

基礎問題集の習得のみで総合偏差値80以上に達し、国公立医学部に合格した3浪女性
【2019】浜松医科大学 合格体験記(3浪・女性)

(卒業生講師)成績を大きくのばし国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格
【2018】慈恵会医科大学/新潟大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)1年でセンター試験約15%のばし国公立医学部のほか日本医科大学に首席で合格
【2018】日本医科大学/群馬大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

(卒業生講師)生物初学から1年で日本医科大学、国際医療福祉大学に合格
【2018】日本医科大学<生物初学> 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)数学が苦手で現役時センター試験数学50点台から1年で横浜市立大学、慈恵会医科大学に合格
【2017】慈恵会医科大学/横浜市立大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

偏差値62から1年で76.8までのばし千葉大学医学部、慶應大学医学部に合格
【2017】千葉大学医学部/慶応大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

英語偏差値50台から1年で国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格した現役生
【2017】慈恵会医科大学/信州大学医学部 合格体験記(現役・男性)

数3、理科2教科初学から1年で国公立医学部を含む4校に合格した再受験生
【2016】島根大学医学部/日本医科大学 合格体験記(再受験・女性)

その他の合格体験記は医学部合格体験記をご覧ください。

 

医学部の偏差値情報は最新版 医学部偏差値ランキングと医学部の難易度についてをご覧ください。

医学部受験に必要な情報は医学部受験情報まとめにまとめて掲載していますのでご覧ください。

医学部予備校ACE Academyにて国公立医学部に合格するための個別課題管理を行っております。医学部受験を目指している方はご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました