医学部予備校の中途解約における返金の可否について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

医学部予備校の中途解約における返金について

あまりに多くご相談がございますので記載します。

医学部予備校の中には、高額な学費を一括にて請求し、中途解約した際は一切返金できない旨の契約をしている予備校があるため、途中で解約したくてもできない、授業にいかなくなったが授業料は返済されないと泣き寝入りされている方からのご相談がこれまで多く寄せられています。

結論としては、返金できないという契約自体が無効となる可能性が極めて高いといえます。

実際に過去に裁判となり契約が無効であるという判決もでています。
以前は浪人生のみを対象とする予備校の場合、特定継続的役務提供にあたらないという見解があったためこのような契約を結んでいる予備校が存在するのですが、当裁判にて消費者契約法が適応され、平均的な損害を超える学費に関しては返金の義務があるとされました。

下記詳細のリンクです。
予備校を辞めたのに授業料没収!?

受講しない分の学費については大部分が返金されると考えられます。

契約書に記載があるからといって泣き寝入りする必要はなく、契約書自体が無効である可能性があります。医学部予備校の学費は非常に高額ですので、まずは上記の旨を予備校に通達し、それでも応じない場合は消費者センター等にご相談されることを推奨致します。

なお、一括ではなく月謝制の予備校も多く存在しますので、入塾の際に中途解約時の契約内容につき確認することをおすすめ致します。

 

医学部予備校に関する情報のまとめやおすすめランキングは合格実績と学費で評価した医学部予備校・塾ランキングをご覧ください。

 

LINE@(ID:@aceacademyで検索)にて医学部受験の有益な情報を配信しています。

友だち追加

twitterのフォローはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る