医系専門予備校 東京メディカルクオークの評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

*2017年?より本予備校はメディカルフォレスト麹町校と名前をかえた。

東京メディカルクオークの学費

学費詳細

公式ホームページに学費の情報の掲載なし。

東京メディカルクオークの合格実績

合格実績の掲載なし。
某医学部予備校ランキングサイトや比較サイトでは194名の実績と掲載されているが、2015年調査時には存在していなかった。
少なくとも東京校は2016年開校と思われるが要問い合わせ。

東京メディカルクオークの指導方法

少人数指導に個別指導を組み合わせる。

東京メディカルクオークの指導方法詳細

・入学時に行われる到達度確認テストによって、単元の得意・不得意や、不足している知識についての分析を行い、能力や習熟度に合わせて合格に向けた学習計画表を組み立て、その学習計画に基づいて自己学習と個別指導を設定する。
・単元に留まらず、その中で用いられる知識ごとに対応する課題の設定、対策を講じ、自力学習を最適化する。
・到達度チェックリストを用いて、ただ「単元ができるのか」ではなく、「単元の何ができるのか」というところまで具体的に調べて穴を埋めていく。リストは授業毎、自習毎に更新され、何をすべきなのかがわかるようになっている。
・課題は教科書レベル・簡単な入試問題レベル・標準的な入試問題レベル・医学部入試問題レベルの4ステージが設定され、自分の取り組むべき課題がステージごとに指定されている。
・標準的には、140分を1授業とし、1日に2教科を学習する(英語は週3回、数・理は週2回、小論文対策として国語を週1回)。
・講師は理解の状況を発問、机間巡視、ノートチェック等により一人一人の理解、思考法を探り出す。どのように思考し、その解答に至ったのかを大事にする。
・少人数指導は17時まで。これ以降の時間は自立学習の時間とする。自習の間に何をする予定なのかを紙に書いて提出、終了後にそれがどれだけ達成できたかを報告してもらい、ノートのチェックを行う。
・科目ごとに「ノートの取り方」から「復習で取り組むこと」まで指導する。オリエンテーションの時にチェックリストを配布し、それからの1か月間、教室に常駐しているスタッフがチェックリスト、ノートを適切に書くことが出来ているかどうか、ノートに書いていることについて口頭で確認を取ることにより、ただ写すだけの作業になっていないかを確認する。
・面接対策では、志望理由や自己アピールなどの典型的な質問のほか、礼儀作法やより好印象に見えるための所作を指導する。

東京メディカルクオークの特色

・最大人数5名の少人数指導に個別指導を組み合わせる。
・自立学習の指導を行う。
・問題を解くために必要な知識で細分化し、課題を設定する。

東京メディカルクオークのアクセス

所在地

〒170-0013
東京都豊島区東池袋5-44-13 ニッコービル2F

アクセス

JR大塚駅から徒歩7分
東京メトロ新大塚駅から徒歩5分

 

医学部予備校の合格実績の正しい見方について、合格実績と学費から評価したおすすめの医学部予備校ランキングは合格実績と学費で評価した医学部予備校・塾ランキングをご覧ください。

 

当塾の卒業生有志が立ち上げてくれたTwitterアカウントです。医学部受験や当塾に関する質問、相談はこちらへ。

LINE@(ID:@aceacademyで検索)にて医学部受験の有益な情報を配信しています。

友だち追加

当塾twitterのフォローはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る