医学部予備校YMSの評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

YMSの予備校評価

評価:ランキング対象外

合格実績:例年推薦入試の合格者が40名以上と多く、合格実績には推薦入試の合格実績を含んでいる。また二次試験対策(面接や小論文)のみの受講者の合格実績も含まれている。
通年の受講者で、一般入試の合格者は要問合せ(ただし少なくない合格者がいることは予想される)。

学費:公式ホームページの入学案内に学費制度の記載があるが、詳細は不明。

医学部予備校の合格実績の正しい見方について、合格実績と学費から評価したおすすめの医学部予備校ランキングは合格実績と学費で評価した医学部予備校・塾ランキングをご覧ください。

YMSの合格実績

例年私立医学部は推薦入試の合格実績を多く含んでいる。また、国公立医学部、私立医学部ともに二次試験(面接や小論文)の講座のみ受講した人も実績に含んでいる。
(2017年の横浜市立大学医学部の合格者は二次試験対策:面接や小論文対策 のみ受講していることが体験記に記載されている)

2018年も慶應医学部の実績は推薦入試での合格者である他、国公立医学部、私立医学部あわせて44名は推薦入試の合格者である。(二次試験対策のみの受講者は不明。)

2017年の国公立医学部の合格実績にて、筑波大学2名、横浜市立大学1名、群馬大学1名、浜松医科大学1名、徳島大学1名、鹿児島大学1名、大分大学1名の合計8名が合格実績にて掲載されているが、このうち筑波大学2名、群馬大学1名は推薦入試での合格、横浜市立大学1名は面接や小論文の講座のみ受講した人であることが掲載されている。

また、2017年の推薦入試の合格者は国公立医学部3名(上記)、私立医学部38名の合計41名。
私立医学部の推薦入試の合格者は北里大学18名、埼玉医科大学2名、東京女子医科大学7名、聖マリアンナ医科大学4名、東京医科大学6名、獨協医科大学1名。

2017年の医学部進学者は98名だが、少なくとも41名は推薦入試での合格者であり、さらに上記の通り一般入試でも面接や小論文対策のみ受講した人の合格者も含まれている。
(推薦入試の合格実績の見方については下記記事を参照)
医学部予備校の合格実績の正しい見方について、合格実績と学費から評価したおすすめの医学部予備校ランキングは合格実績と学費で評価した医学部予備校・塾ランキングをご覧ください。

2018年合格実績

一般入試の合格実績

国公立医学部
千葉大学:1名 筑波大学:2名 金沢大学:1名 新潟大学:1名 浜松医科大学:2名 群馬大学:2名 三重大学:1名 旭川医科大学:1名 福島県立医科大学:1名

私立医学部
東京慈恵会医科大学:5名 順天堂大学:11名 日本医科大学:9名 昭和大学:12名 岩手医科大学:8名 聖マリアンナ医科大学:9名 東北医科薬科大学:2名 東海大学:3名 獨協医科大学:7名 金沢医科大学:5名 埼玉医科大学:13名 愛知医科大学:2名 国際医療福祉大学:9名 藤田保健衛生大学:3名 杏林大学:18名 関西医科大学:1名 帝京大学:7名 近畿大学:1名 東京医科大学:8名 東京女子医科大学:3名 川崎医科大学:2名 東邦大学:9名 久留米大学:1名 日本大学:4名 福岡大学:1名 北里大学:13名

*一般入試、推薦入試を含む最終合格

推薦入試の合格実績

国公立医学部
筑波大学 3名

私立医学部
慶應大学1名 東京医科大学8名  国際医療福祉大学2名 東京女子医科大学6名 北里大学11名 聖マリアンナ医科大学9名 埼玉医科大学2名 獨協医科大学1名 岩手医科大学1名

YMSの学費

公式ホームページの入学案内に学費制度の記載があるが、コース別の詳細は不明。

 

 

YMSの指導方法

集団講義+演習を行う他、担任による定期面談などサポートがしっかりしている。

YMSの指導方法詳細

・生徒一人ひとりにスーパーバイザーと呼ばれる担任の講師がつき、担当教科だけでなく全教科の学習達成度をチェック・指導する。
・テキストは旧設名門医学部を中心とした過去問を用いて作成したオリジナル。
・毎月、スーパーバイザーによる「個人面接」があり、学習メニューの提示と学習チェックを行う(生徒はノートなどを提出)。「保護者面接」は年2回実施。
・毎月1回、「YMS通信」「成績表」「出欠状況一覧」「YMSへの通信」を送付。
・各教科会は2~3月にかけて解答速報(各医大の最新入試問題と解答)を分析し、その結果を1学期の授業に組み入れる。
・主要な私立大学の医学部について、「YMS医大別入試予想」を作成。
・二次試験対策授業は、どんな本を読むべきか、セミナーに参加すべきか、NGOに入るべきかなど、個々の生徒に合わせた対応をする。
・夏までに志望校の過去問を徹底的に分析する。そして秋から冬にかけて各自の弱点を補強する。

YMSの特色

・担任の講師がつき、担当教科だけでなく全教科の学習達成度をチェック・指導する。
・推薦対策講座、東海大編入試験対策がある。
・外国人留学生コースがある。
・病院研修、韓国の大学(医学部)との交流などがある(以下参照)
・亀田総合病院研修(千葉県鴨川市。病院の理念・概要に関する講義、研修医のお話、施設見学など)
・韓国高神大学研修(韓国・釜山。日本の医学生と受験生10数名が韓国の学生達の家にホームスティし、グループごとにテュートリアル( 少人数の討論学習)を行う)
・セミナー、研究発表がある。(Spireコース(高2生まで)。医学部入試の面接、小論文などの頻出テーマについて、テュートリアルなども含めた体験型の授業を行う)

YMSのコース

・高卒生
高卒国公立本科コース
高卒本科コース
推薦本科コース(国公立推薦本科コース、私立推薦本科コース)

・高3生
高三本科コース
推薦本科コース(国公立推薦本科コース、私立推薦本科コース)

・中3生~高2生
Spire(中三~高二)コース

他、高3生以上向けの単科講座、外国人留学生コース

YMSのアクセス

所在地

〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-14

最寄駅

JR代々木駅から徒歩2分
小田急線南新宿駅から徒歩2分

 

医学部予備校の合格実績の正しい見方について、合格実績と学費から評価したおすすめの医学部予備校ランキングは合格実績と学費で評価した医学部予備校・塾ランキングをご覧ください。

 

LINE@(ID:@aceacademyで検索)にて医学部受験の有益な情報を配信しています。

友だち追加

twitterのフォローはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る