医学部予備校の合格実績の正しい見方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

医学部予備校によって合格実績の掲示の仕方が大きく異なっています。
中には、明らかに不透明な掲載の方法をとっている医学部予備校も多く存在します。
合格実績の見方について正しく理解することは予備校選びにおいて非常に重要ですのでしっかり理解しましょう。

合格実績の見方の簡単なまとめ

合格実績の見方をまとめると

・一次合格は合格ではない

・補欠者は合格ではない(補欠合格は合格)

・一次合格や二次合格者の総数はダブりが入っている

・最終進学者数が一番重要

となります。
それぞれ下記で詳しく説明します。

一次合格は合格ではなく二次合格ではじめて医学部に進学できる

私立医学部では一次試験、二次試験が存在します。
一次試験は学科試験、二次試験は通常面接+小論文です。

一次試験が合格した受験生のみが二次試験を受験することが可能で、二次試験合格となってはじめてその医学部に進学が可能となります。

当然、二次試験まで合格しなければ本来は合格とはいえず、実際複数の私立医学部で一次試験は合格したが二次試験の合格がなく浪人になってしまうケースは割とあります。

 

*一点注意点ですが、二次試験は面接、小論文であるため、面接や小論文での評価が二次合格を左右すると思われがちですが、実際はほとんどの医学部で学科試験(すなわち一次試験)の点数の順位で二次合格の順位も決まっています。
中には面接や小論文で少し順位があがったり下がったりすることもありますが、普通にしていれば学科試験で二次試験の合否も決まっているといえます。

 

さて、一次合格は合格ではないことは当然なのですが、実は多くの医学部予備校で一次合格者の実績のみを掲載しているのが現状です。

いくつか予備校のホームページをご覧いただけますとわかりますが、一次合格○○人! という掲載が非常によく見受けられます。

二次合格の実績の掲載がない医学部予備校は、合格実績が低いと判断できます。

さらに、(信じられないことですが)中には国公立医学部の一次合格を実績として掲載している予備校が存在します。
国公立医学部の一次合格とは、センター試験において足切りにならなかっただけのことであり、合格とは全く異なります。
中には京都大学医学部一次合格! などと平気で記載している予備校もあるのですが、京都大学医学部はセンター試験の配点が非常に低いため足切り点数が70%前後と非常に低く設定されています。難易度の高い二次試験をクリアしてはじめて合格となる医学部の中でも最難関に位置する医学部です。当然一次合格を実績として掲載するのはあまりにも不自然といえます。

正規合格と補欠合格について

私立医学部では正規合格と補欠合格(繰り上げ合格ともいいます)が存在しますが、これらはどちらもその医学部に進学できる、れっきとした合格です。

二次試験を受験した受験生は、最初の合格発表の際に合格が決まる正規合格と、正規合格者が辞退した際に順番に繰り上げ合格となる補欠合格があります。

例えば2016年の慈恵会医科大学では、1次試験合格者450名のうち正規合格者は165名、繰り上げ合格者は151名で
総合格者は316名となっています。
165名は合格発表の日にそのまま合格となりますが、150名はその後徐々に合格通知を受けとり、最終的には151名が補欠合格(=繰り上げ合格)となり、結果的に正規合格者とあわせて合計316名が合格となったことになります。

合格実績で正規合格と記載している場合は、合格者の中でもよい成績を収めて合格したことを意味しています。
ただ、通常私立医学部では正規合格者がそのまま進学することは半数もないことが多いため、補欠合格は立派な合格です。

医学部の合格発表の行われ方について

合格について非常にややこしい原因ではあるのですが、医学部によって合格の発表の方法が異なります。
大きく下記のケースがあります。

・補欠者に順位を公表する医学部
正規合格とはならなかった際に、さらに補欠者で何番目にいるか順位を公表する医学部があります。
受験生にとっては補欠の順位で繰り上がり合格が来そうかどうかがある程度予想できるため最も親切な発表形式といえます。

・補欠対象者を発表する医学部
順位は公表しないが、補欠対象者を通知する医学部があります。逆に、補欠対象者にならなかった受験生はその時点で不合格になったことがわかります。

・正規合格者以外全員が補欠対象者となる医学部
順位も公表せず、補欠対象者かどうかも公表されない医学部です。すなわち、二次試験を受験した受験生は最後まで繰り上げ合格がくるかどうか待っている状況になります。

・一次補欠、二次補欠が公表される医学部
補欠者の中に、さらに一次補欠、二次補欠が公表される医学部があります。一次補欠から順番に繰り上げ合格があり、二次補欠に入ってしまうと合格は見込めないのが通常です。
ただ、一次補欠でも繰り上げ合格がこない場合や、二次補欠でも繰り上げ合格がくる場合もあります。

 

以上からわかるとおり、当然補欠者であっても合格できないことは多くあります。特に近年の昭和大学医学部では正規合格にならなかった場合、一次補欠に入っていてもほとんど繰り上げ合格がこないため、実質補欠=不合格になります。(数名は繰り上がっています。)

補欠者をすべて合格実績としている予備校が存在する

上記のとおり、補欠者であっても合格ではありません。

ところが、中には補欠者をすべて合格実績として掲載している予備校も存在します。
昭和大学医学部のように、上記のとおり医学部によっては補欠者でもほとんど合格にならない大学も存在します。

補欠者は合格ではなく、補欠合格(=繰り上げ合格)となってはじめて合格になります。
一次合格者と二次合格者の人数がほぼ同数の場合はこのケースを疑い尋ねてみましょう。

合格者数の重複について

私立医学部は一人の受験生が複数を受験できるため、当然合格も複数もらうことができます。
むしろ、上位〜難関医学部に合格する受験生は私立医学部に複数合格するのが通常です。

一次合格者数、二次合格者数ともに重複した合格者数を掲載しているのが通常です。

医学部予備校の中には進学者数を別で掲示したり、生徒別の合格実績を掲載している予備校も存在し、非常にわかりやすい掲載の仕方といえます。

なお、だいたいの目安ではありますが、

重複を含んだ二次合格者数→進学者数:半分程度に減少

重複を含んだ一次合格者数→進学者数:1/5以下に減少

となります。
いかに重複を含んだ一次合格者数が合格実績としてふさわしくないかがわかるかと思います。

一方で、国公立医学部は一人の受験生が複数の国公立医学部に合格することはないので、国公立医学部の合格実績はすべて重複がないものと判断できます。(前期試験と後期試験に重複することは稀にあります。)

医学部合格体験記

(卒業生講師)成績を大きくのばし国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格
【2018】慈恵会医科大学/新潟大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)1年でセンター試験約15%のばし国公立医学部のほか日本医科大学に首席で合格
【2018】日本医科大学/群馬大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

(卒業生講師)生物初学から1年で日本医科大学、国際医療福祉大学に合格
【2018】日本医科大学<生物初学> 合格体験記(1浪・女性)

入塾時偏差値58.9から約9ヶ月で昭和大学、東京医科大学に合格した現役生
【2018】昭和大学医学部 合格体験記(現役・男性)

数学が苦手で現役時センター試験数学70/50点から1年で浜松医科大学、東邦大学医学部を含む4校に合格
【2018】浜松医科大学/東邦大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

入塾時偏差値40台から1年で昭和大学医学部を含む4校に合格
【2018】昭和大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

(卒業生講師)数学が苦手で現役時センター試験数学50点台から1年で横浜市立大学、慈恵会医科大学に合格
【2017】慈恵会医科大学/横浜市立大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

偏差値62から1年で76.8までのばし千葉大学医学部、慶應大学医学部に合格
【2017】千葉大学医学部/慶応大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

英語偏差値50台から1年で国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格した現役生
【2017】慈恵会医科大学/信州大学医学部 合格体験記(現役・男性)

数3、理科2教科初学から1年で国公立医学部を含む4校に合格した再受験生
【2016】島根大学医学部/日本医科大学 合格体験記(再受験・女性)

その他の合格体験記は医学部合格体験記をご覧ください。

 

医学部予備校に関する情報のまとめやおすすめランキングは合格実績と学費で評価した医学部予備校・塾ランキングをご覧ください。

 

LINE@(ID:@aceacademyで検索)にて医学部受験の有益な情報を配信しています。

友だち追加

twitterのフォローはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る