2020.11.7(土)入塾説明会、ウェブセミナー(無料)

【大手予備校よりも安い?】医学部予備校学費ランキング&合格実績

医学部予備校の学費、費用の相場

医学部予備校の学費相場は、年間平均400-500万程度と高額ですが、予備校によっても大きく差があります。

最も安い医学部予備校では、月5万円程度と大手予備校と同額かむしろ安くなっています。
一方、高額な医学部予備校では、学費と講習代、合宿費等を合計すると年間1000万円を超えることがあります。

医学部予備校の学費比較

*浪人生の年間学費を記載しています。
*別途で講習代・テキスト代・合宿代がかかる予備校もあります。

予備校年間学費(入塾金含む)
医学部予備校 ACE Academy65万円-125万円
東京メディカル学院198万円
クエスト247万5000円
野田クルゼ79万8000円-308万8000円
YMS93万1600円-299万円
Windom195万円-328万円
メディカルフォレスト222万円-390万円
プロメディカス385万円
東京医進学院410万円
メルリックス417万6000円
MEDUCATE433万円
メディカルラボ495万円
慶応進学会フロンティア192万円-650万円
代官山メディカル306万円-790万
レクサス407万円-504万円
武田塾医進館591万円
メビオ436万8000円-750万円
メディックTOMAS週1回(80分) 月額8万6000円
学び舎東京1授業(90分) 1万7000円
富士学院公式ホームページに学費記載なし

学費以外にかかる費用に注意

予備校に入塾した後に、短期講習や合宿、教材などの追加でかかる費用が高額だったという声が寄せられている医学部予備校も少なくありません。

これらの費用はホームページやパンフレットには明記されていない場合があります。

追加費用がないか、必ず入塾前に確認しておきましょう。

大手予備校の学費一覧

*浪人生の年間学費を記載しています。
*別途で講習代・テキスト代・合宿代がかかる予備校もあります。

予備校年間授業料(講習代別途)
駿台市ヶ谷校舎82万5000円-92万円
河合塾麹町校
80万5000円-203万円
東進ハイスクール78万円-86万円
代々木ゼミナール86万円‐104万円
四谷学院73-4万円

大手予備校の講習代について

大手予備校の年間学費は安価ですが、夏期講習、冬期講習などの講習代が別途かかるため注意が必要です。

コースの料金の他に、どのくらい講習代がかかるのかまで含めて検討するのがおすすめです。

医学部予備校は【合格実績学費】で選ぶ

現在、東京には40を超える医学部予備校があります。

パンフレットやホームページを読んだり、実際に訪れてみても何を決め手にして予備校を選べばよいのか、いまいち分からない方も多いのではないかと思います。

困った時に思い出してほしいのは、医学部予備校に通う唯一の目的は医学部に合格することだということです。

すなわち、医学部予備校を選ぶ際に最も考慮すべきことは、合格実績が出ているかどうかとなります。

*一見実績があるように見えても、正しい基準をもとに判断すると合格実績が不透明と言える場合があります。
合格実績の見方には注意点については後で解説します。

もう一つ重要な指標としては学費があります。

学費と合格実績は相関せず、学費が高いほど合格しやすい訳ではありません。
合格実績が出ており、かつ学費が安い予備校を選ぶのがおすすめです。

合格実績を評価の最優先項目として、合格実績がある予備校の中から学費で検討してくのが最も合理的な予備校選びとなります。

医学部予備校を選ぶ時の注意点

一見実績があるように見えても、正しい基準をもとに判断すると合格実績が不透明と言える場合があります。

合格実績の掲示の仕方は、予備校によって大きく異なっています。中には、明らかに不透明な掲載の方法をとっている医学部予備校も多く存在します。

合格実績の見方について正しく理解することは予備校選びにおいて非常に重要ですのでしっかり理解しましょう。

合格実績をみる時の4つのポイント

合格実績を正しく判断する上で、重要となるのは下記の4点です。

①一次試験ではなく、二次試験の合格者を掲載しているか
②推薦入試と一般入試の合格者を区別して掲載しているか
③短期講習や大学別対策講座、二次試験対策受講者を実績に含めていないか
④重複合格についての記載が明確かどうか

これらの評価基準に対し明確な記載がない場合、合格実績の信頼性は大きく下がります。

それぞれ詳しく説明していきます。

①一次試験ではなく、二次試験の合格者を掲載しているか

私立医学部では、一次試験と二次試験が実施されます。

一次試験は学科試験、二次試験は通常の場合、面接と小論文です。

一次試験に合格した受験生のみが二次試験に進むことができ、二次試験に合格してはじめて医学部に進学することができます。

年度や大学によっても大きく異なりますが、目安として一次試験に合格した受験生の約半数が二次試験に合格します。

【面接・小論文はどこまで重視される?】
面接や小論文での評価が二次合格を左右すると思われがちですが、実際はほとんどの医学部で学科試験の点数の順位で二次試験の順位が決まっています。詳しくは、医学部の面接、小論文の目的や対策方法についてをご覧ください。

このように、一次合格は医学部合格ではなく、二次試験に合格して初めて医学部に進学できるのですが、実は多くの医学部予備校で一次合格のみの実績を含めて掲載しているのが現状です。

いくつか予備校のホームページをご覧いただけますとわかり
ますが、一次合格の人数のみ掲載していたり、そもそも一次や二次の記載自体がない掲載がよく見受けられます。

実績について明記されていない場合は、二次試験の合格者数を掲載しているかを確認する

*国公立医学部の場合
国公立医学部では、一次試験はセンター試験、二次試験は個別学力試験+面接+小論文となっています。

国公立の一次合格とは単にセンター試験の足切りに合わなかっただけのことを意味します。

②推薦入試と一般入試の合格者を区別して掲載しているか

一般入試と推薦入試では入試形態が大きく異なるため、これらを合算していると通年でその予備校に通っている受験生の正確な合格実績の参考にはなりません。

医学部予備校の中には、合格者の多くが一般入試ではなく推薦入試の合格者であるケースがあります。

一般入試と推薦・AO入試が別々に掲載されている場合は問題ないのですが、推薦入試の講座を開講していて、別々で明記されていない場合は注意が必要です。

推薦入試の合格実績と一般入試の合格実績が別で掲載されているかを要チェック!

③大学別や二次試験対策講座を実績に含めていないか

「○○大学対策講座」といった直前講座や、「面接・小論文対策講座」のみ受講した人の実績を、全体の合格実績に含めている予備校があります。

対策講座の受講生を含めた実績は、通年で受講している受験生の実績とは大きく異なります。

対策講座を大きく宣伝しているような医学部予備校で、実績に講座受講者を含めているかを明記してない場合は特に注意が必要です。

そのような予備校では、通年で通っている生徒の合格実績を個別で問い合わせて確認するようにしましょう。

 

*指導経験上、直前の大学別講座や二次試験対策講座が医学部合格に直接影響するとは言い難いことが分かっています。

④重複合格についての記載が明確か

私立医学部は一人の受験生が複数の大学を受験できるため、当然合格も複数もらうことができます。

しかし、多くの医学部予備校では重複した合格者数を掲載しています。

つまり、総合格者〇名と記載されていても、医学部進学者数は全く別物となるので注意しましょう。

 

例えば、慈恵医大に合格した1人の生徒が、順天堂・日医・東邦・国際医療福祉・杏林・聖マリにも合格した状況を想定します。

実際の医学部進学者は1名なのですが、記載の仕方によっては、私立医学部合格者数7名!とあたかも7名が医学部に進学したかのように見えてしまいます。

医学部予備校の中には進学者数を別で掲示したり、生徒別の合格実績を掲載している予備校も存在し、クリーンな掲載の仕方といえます。
予備校を選ぶ上で大きな基準の一つとなるでしょう。

なお、だいたいの目安ではありますが、
・重複を含んだ二次合格者数→進学者数:約1/2に減少
・重複を含んだ一次合格者数→進学者数:約1/5に減少

となります。いかに重複を含んだ一次合格者数が合格実績としてふさわしくないかがわかるかと思います。

虚偽の合格実績を掲載している予備校について

残念ながら、明らかに虚偽の合格実績を掲載していることがわかるような予備校も少なくありません。
本当は合格していないのに合格実績を記載したり、本当の合格実績に大きく水増ししているような予備校も残念ながら存在します。

例えば「東京大学理科三類の合格1名」と虚偽で記載していても、虚偽であることを確実に証明することは困難です。ましてこれから通う予備校を探している受験生ではまずわからないと思います。

私たちは各予備校の経年の合格実績の公表データを把握していることや、医学生からの情報(同級生に該当の予備校に在籍していた人がいないなど)、在学していた受験生から寄せられる情報等から、虚偽の実績を掲載している予備校が複数あることを認識しています。

しかし、そのような情報を公にすることは難しいため、対応方法についてご説明します。

虚偽の合格実績を掲載すると「景品表示法違反」に該当します。

学習塾が景品表示法違反として消費者庁から措置命令を受けた例として下記があります。

例1
概要:「講師の98%が国公立大出身」という旨を表記したチラシを配布していたが実際は約14%に過ぎなかった。
詳細:http://juku.life.coocan.jp/News/Pdf/140520premiums_1.pdf(消費者庁資料)
例2
概要:他の事業者が経営する学習塾やグループの学習塾の実績を加算していた。
詳細:
http://www.koutorikyokai.or.jp/caapaper/2011/20110426-2.pdf(消費者庁資料)

このような虚偽の実績掲載は「景品表示法違反」に該当し、消費者庁から措置命令を受けることがあります。
そして、匿名にて消費者庁の景品表示法違反被疑情報提供フォームから情報提供を行うことが可能です。(消費者庁HP)

実際に予備校に通われていて、合格実績等がホームページや広告の内容と明らかに異なることが発覚した際には、こちらのフォームから情報提供を行うようにしましょう。

医学部予備校の中途解約における返金について

医学部予備校の中には、高額な学費を一括にて請求し、中途解約した際は一切返金できない旨の契約をしている予備校があるため、「途中で解約したくてもできない」「授業にいかなくなったが授業料は返済されない」といったご相談が多く寄せられています。

結論としては、返金できないという契約自体が無効となる可能性が極めて高いといえ、実際に過去に裁判となり契約が無効であるという判決もでています。

なお、一括ではなく月謝制の予備校も多く存在しますので、入塾の際に中途解約時の返金可否につき確認することをおすすめ致します。

大手予備校と医学部専門予備校の比較記事はこちら

大手予備校と医学部専門予備校の特徴をまとめました。

どちらも在籍した経験のある医学生の体験記を記載しているので、大手予備校と医学部予備校で迷っている方はぜひ参考にしてください。

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出しています。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

学費以外の追加料金は一切ありません。
浪人生:月額10万円(特待生は月額5万円) 高校生:月額5-7万円 通信生:月額3万円

塾生専用ページでは、さらに詳しい資料をご覧いただけます

医学部予備校ACE Academyでは、塾生限定公開の「塾生専用ページ」に沿って学習していただいています。

塾生専用ページでは、より具体的な勉強方法、問題集ごとの進め方、試験の解き方、問題集のオリジナル解説集、受験校の選び方など、さらに掘り下げた情報をご覧いただけます。

*こちらの動画で全資料内容を解説しています。

 

LINE@で情報配信中!

公式LINEのタイムラインでは、ほぼ毎日最新情報を更新しています。
医学部受験の最新情報や、質問への回答動画をご覧いただけます。

友だち追加

YouTubeチャンネルはこちら。
ブログ記事の解説や質問への回答を配信しています。
YouTubeチャンネル

ブログ運営者の公式twitter

医学部予備校
医学部受験バイブル
タイトルとURLをコピーしました