【医学部受験】駿台市ヶ谷と河合麹町の比較

学費

大まかな学費については以下の通り。

 駿台河合
入学金7万円10万円
授業料44.8~57.4万円68.5~191万円
講習代約40万円10万円以上

*講習の数は任意のためあくまでも目安。

コースや個別指導・短期講習等の有無によって異なるが、駿台の方が安価である。

コース・学費詳細

駿台

スーパー国公立大医系 授業料47万4,000円~50万3,000円
ハイレベル国公立大医系 授業料46万5,000円~49万4,000円
ベーシック国公立大医系 授業料46万5,000円~48万4,000円

スーパー私立大医系 授業料44万8,000円~57万4,000円
ハイレベル私立大医系 授業料44万8,000円~56万4,000円
ベーシック私立大医系 授業料44万8,000円~46万8,000円

メディカル系特別指導コース
100h授業料90万円程度、150h授業料100万~150万円程度
(コース、指導時間により金額が異なる)

・高校生
レベル別科目別のコースを組み合わせる。
入学金3万+1コース(1科目)年額 17~33万位(首都圏の場合)。

・短期講習について
夏期講習や冬期講習は 1講座2万円の講座を10講座ずつ取ることを推奨される

河合塾

・高卒生
入塾金 10万円+下記コース別授業料
ハイパー国公立大医進コース  68万5,000円
プレミアム国公立大医進コース 81万5,000円
トップレベル国公立大医進アドバンスコース 89万円
トップレベル国公立大医進コース 74万5,000円
トップレベル国公立大医進センターサポートコース 79万5,000円
ハイレベル国公立大医進コース 73万円
ハイレベル国公立大医進センターサポートコース 77万5,000円
ハイレベル国公立大医進インテンシブコース 93万円
ハイレベル私立大医進アドバンスコース 191万円
ハイレベル私立大医進アドバンス個別指導つきコース 341万円
私立大医進インテンシブコース 191万円
私立大医進インテンシブ個別指導つきコース 341万円

*上記コース料金には夏季講習、冬期講習、添削料等は含まない。
これらの講座については、申込数に応じて都度別途必要。
例)夏期講習受講料
1講座(90分×5講) 一般生1万7,300円+入会金4,000円 塾生1万6,800円
高3生・高卒生は4講座以上を組み合わせて受講とのこと。

・高校生
入塾金 3万円+講座授業料の合計
授業内容、時間により授業料は異なるが、1講座 13万円位~17万円位
個別指導講座は30万円位(4月受講開始の場合)

合格実績

両者とも国公立医学部、私立医学部ともに最難関医学部〜下位まで幅広く多くの合格者を輩出している。最難関・難関医学部に関しては駿台の方が強い。

ただし、ホームページに掲載されている合格実績と、通年で全教科通っている人の実績では乖離があるため注意が必要。

例えば、京大医学部の定員は102人であるのに対し、駿台と河合塾の合格者人数を合わせると121人となってしまう。
(成績優秀者を特待生として学費を無料にすることで、双方に在籍している生徒がいたり、短期講習のみ受講した人も実績に入れる等により、こういった現象が起こり得る。)

大手予備校の合格実績はあくまでも参考値と考える。

指導システム

駿台・河合塾とも集団講義を中心とした指導。
コースによっては+αで個別授業がある。

いくつかコースがあり、コースによってカリキュラムはパッケージ化されている。
成績によってクラス分けが行われており、上位クラス在籍者が合格実績のメインとなっている。

特色

駿台

・医学部受験専門の講師陣が作成したオリジナルテキストを使用。
・受験指導を担うクラス担任・副担任、個別対話形式の学習指導を行うティーチングアドバイザーが連携してサポート。また、「保護者会」・「個別面談」などを通して保護者との密接なコミュニケーションを図る。
・医学部受験生が多いという市谷校の特徴を生かし、独自の医学部受験情報で受験傾向の変化に対応。
・意欲溢れる『仲間=学生』。やる気に満ちた真面目なライバルの存在、最高の仲間と切磋琢磨できる「刺激のある環境」。

河合塾

・入塾したコースに基づき、一人ひとりの志望に応じたホームクラスを編成(50名1クラス)。
・ホームクラスごとに担当のチューターを配置し、授業は原則としてこのホームクラス単位で受講する。担当チューターは一人ひとりの状況を把握して、授業を担当する講師と連携する。
・11月下旬以降はセンター対策演習、二次・私大対策演習、大学別対策演習、添削指導、直前期指導等を行う。

総評

駿台市ヶ谷校舎と河合麹町校のどちらを選択すべきか迷う受験生は多いが、本質的に両者に違いはなく、どちらを選んでも結果にはさほど影響しない

もちろん細かい違いを挙げればキリがないが、両者とも指導システムはほぼ変わりない。強いて言うなら、駿台の方が学費が安くすむという点でメリットがあるくらいである。

指導システムが同じである以上、「駿台」or「河合」の選択によって医学部合格可能性はほぼ変わらない。
言ってしまえば、駿台に通って合格した人は、河合で浪人したとしても合格できるし、当然その逆も成り立つのである。

注意点としては、大手予備校で浪人し医学部に合格した人は、入塾時点から成績が良く、そもそもあまり勉強に困っていない人も多いということが挙げられる。
「有名だから」「実績があるから」「友達が行くから」といった理由で予備校を選ぶのではなく、自分の状況をしっかりと踏まえた上で判断することが大切と言える。

大手予備校で医学部に合格できなかった理由

大手予備校に高校3年間通ったものの医学部に合格できなかった理由を考察し、大手予備校で医学部に合格できなかった理由という記事にまとめました。

また、医学部の同期から聞いた話も踏まえ、「大手予備校に向いている人、向いていない人」についても記載しています。

医学部予備校ACE Academyとは

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です

自身の医学部受験の経験やこれまでの指導から、学習効率を追求した指導システムを構築し、毎年国公立や難関私立をはじめとする多くの医学部合格者を輩出しています。

また、浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。
短期講習などの追加費用も一切なく、大手予備校と同じもしくはそれ以下の学費で医学部に特化した指導を提供しています。

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。

医学部予備校ACE Academyはこちら

国公立医学部の合格体験記例

その他の合格体験記はこちら

2019横浜市立大学医学部、日本医科大学(特待) 合格体験記(2浪・女性)
2019神戸大学医学部、日本医科大学 合格体験記(1浪・女性)
2019筑波大学医学部、日本医科大学 合格体験記(1浪・女性)
2019浜松医科大学、国際医療福祉大学医学部 合格体験記(3浪・女性)
2018慈恵会医科大学、新潟大学医学部合格体験記1浪・女性
2018日本医科大学、群馬大学医学部合格体験記1浪・男性
2018浜松医科大学、東邦大学医学部合格体験記 1浪・女性
2017慈恵会医科大学、横浜市立大学医学部合格体験記 1浪・女性
2017千葉大学医学部、慶応大学医学部合格体験記 1浪・男性

医学部予備校の合格実績の正しい見方や信頼できる医学部予備校ランキングについて、下記を参照してください。

医学部予備校情報まとめ(PDF資料15ページ):無料!

医学部予備校の合格実績の正しい見方、学費の相場や注意点、信頼できる医学部予備校などをPDF資料にまとめました。予備校選びに是非ご活用ください。医学部予備校情報まとめ(PDF)目次
▷合格実績をみる時の4つのポイント
▷医学部予備校の学費の相場
▷中途解約における返金について
▷合格実績と学費で評価した信頼できる医学部予備校4選
タイトルとURLをコピーしました