2017年第2回河合全統マーク模試の分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

7月末に実施された第2回河合全統マーク模試が返却されていますので分析しました。

塾生の成績順位表

第2回全統マーク模試成績順位表

生徒分析による考察

全教科で最ものびの大きい生徒分析とその考察

(第1回マーク模試 → 第2回マーク模試 偏差値推移)
1浪女性
数1A 55.9 → 71.3
数2B 52.7 → 70.9
英語 58.4 → 72.0
化学 44.8 → 71.4
生物 61.1 → 50.2

もともと英語以外ほとんど偏差値40台からの入塾だったため全教科基礎からの習得課題となりました。第1回マーク模試で生物のみやや成績がよかったため第2回マーク模試までは生物以外の教科の基礎の徹底を重点的に行ったところ、生物がやや犠牲になりましたが他教科ではいずれも偏差値70以上にまで達しました。
生物は下記のとおりなので特に心配する必要はありません。

<のびの原因分析>

そもそもマーク模試では基礎の徹底を行っても解けない問題は数問しか存在せず、基礎の徹底を行えば偏差値60後半には到達します。当生徒も基礎問題集のみを繰り返し行っており応用問題集には一切手をつけていません。

また、マーク模試やセンター試験ではミスによる失点を防ぐことが最も大切であるため、試験の解き方を徹底して指導、練習しています。
当生徒は分析や勉強方法の改善、試験の解き方の徹底を非常にしっかり行えていました。

以上からマーク模試においてはいずれの教科も基礎の徹底を行うこと、試験の解き方の徹底を行うことで高得点が得点可能であるといえます。

生物初学の生徒の分析

(第1回マーク模試 → 第2回マーク模試 偏差値推移)
1浪女性
生物 未習のため受験せず → 67.6 (英数理総合偏差値70.6)

当生徒は数学も不安であったため生物にあてた勉強期間は1ヶ月ほどでしたがその期間は生物に集中して基礎の徹底を行ったところ偏差値60後半まで到達しました。

生物もマーク模試は基礎の徹底で十分高得点が可能なので徹底さえできていれば到達は可能です。
期間には個人差がありますが、例年生物初学からでもしっかり課題が行えている生徒は夏頃には偏差値65に到達します。

現役生の理科の分析

(第1回マーク模試 → 第2回マーク模試 偏差値推移)
現役男性
化学 67.1 → 73.5
物理 58.3 → 70.7

第1回マーク模試時は理科の学習が十分追いついていませんでしたが、その後化学物理の基礎のみを徹底したところ、ともに偏差値70以上に到達しました。

生徒分析による結論

・全教科、基礎の徹底を行うことで十分高得点の得点かつ偏差値60台後半に到達が可能。
・成績をのばすことと同時、もしくはそれ以上に試験の解き方の徹底が重要。
・成績がのびる生徒の大半が日々の省察、分析をしっかり行っている。
・成績ののびと入塾時の成績はあまり関係がない。むしろ誠実さや熱意、分析力が重要。

英数理総合

塾生平均点

偏差値63.9 得点率79.9%

塾生最高点

偏差値72.8 得点率95.3%

数学1A

塾生平均点

偏差値62.4 80.2点

塾生最高点

偏差値73.4 98点

数学1Aの分析

平均的には易しい難易度でしたが、満点をとるのは難しかったようです。

数学2B

塾生平均点

偏差値66.8 80.0点

塾生最高点

偏差値76.1 100点

数学2Bの分析

やや難易度の高い問題でした。

英語(筆記)

塾生平均点

偏差値65.6 166.7点

塾生最高点

偏差値74.3 200点

英語の分析

標準的な難易度でした。

化学

塾生平均点

偏差値62.9 75.8点

塾生最高点

偏差値75.5 100点

化学の分析

標準的な難易度でした。

物理

塾生平均点

偏差値63.8 79.6点

塾生最高点

偏差値72.9 100点

物理の分析

やや易しめの難易度でした。

生物

塾生平均点

偏差値61.4 74.1点

塾生最高点

偏差値76.1 100点

生物の分析

標準的な問題でした。
河合塾の全統マーク模試は生物の難易度が高いのが通常でしたが、今回久しぶりに標準的な難易度になったと思われます。

総評

理科において、出題範囲が絞られているため医学部合格可能性を反映するものではないため注意が必要です。

河合塾の全統マーク模試はいずれも良問が多く、解説も非常に詳しくつくられているためマーク模試で失点した問題をしっかり分析し、十分復習をすることで成績ののびが期待できます。

今回成績がよかった人は、決して気を抜かずこれまで行ってきたことを受験が終わるまで継続することを最大の目標としましょう。

今回成績が思わしくなかった人は、必ず分析を行い日々の勉強の反省、改善を行ってください。

医学部合格体験記

2017慈恵会医科大学、横浜市立大学医学部合格体験記 1浪・女性
2017千葉大学医学部、慶応大学医学部合格体験記 1浪・男性
2017群馬大学医学部合格体験記 2浪・女性
2017慈恵会医科大学、信州大学医学部合格体験記 現役・男性
広島大学医学部合格体験記 3浪・女性
山形大学医学部合格体験記 1浪・女性
島根大学医学部、日本医科大学合格体験記 再受験・女性

 

志望校別の勉強法やその他の教科の勉強法は医学部(国公立、私立、難関大)に1年で合格する勉強法まとめをご覧ください。

医学部予備校ACE Academyにて大手予備校の模試の分析方法を徹底的に指導することで、試験本番で確実に得点できる力をつけていただいています。また模擬試験の結果もふまえた医学部合格への個別課題管理を行っています。
医学部合格を目指している方はご相談ください。

NEW 2017年最新合格実績速報

*入塾に関するお問い合わせは下記公式ホームページよりお願い致します。 医学部予備校ACE Academy

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る