【2019】東京女子医科大学 合格体験記(再受験・女性)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

合格した医学部

東京女子医科大学

成績推移

2年半前の9月に入塾し、昨年までの1年半は通信受講。
今年度から通塾に切り替えた。

前年度の成績推移
5月河合記述模試 総合59.3 (数学:51.9 化学:54.2 生物:66.1 英語:65.1)
8月河合記述模試 総合62.4 (数学:62.1 化学:57.7 生物:59.1 英語:70.6)
10月河合記述模試 総合63.6 (数学:64.7 化学:57.3 生物:66.5 英語:66.0)

今年度の成績推移
5月河合記述模試 総合60.5 (数学:56.3 化学:61.8 生物:61.5 英語:62.5)
8月河合記述模試 総合66.2 (数学:61.5 化学:69.9 生物:69.0 英語:64.5)
10月河合記述模試 総合63.1 (数学:60.2 化学:64.5 生物:61.9 英語:65.7)

使用した問題集

数学:基礎問題精講、合格る計算、理解しやすい数学。
英語:DUO、ネクステージ、基礎英文問題精講、速読英単語(必修編)、基礎英語長文問題精講、リンガメタリカ、全解説頻出英文法・語法問題1000。
化学:宇宙一わかりやすい化学、Excel化学のみ。
生物:Excel生物のみ。

医学部おすすめ参考書・問題集と使用方法まとめ

成功要因

本生徒は非常にまじめで、課題や分析に真摯に取り組んでいたのが印象的です。
もともとは文系の大学を卒業後に就職され、その後の医学部再受験をされました。理系科目は初学でのスタートでしたが、基礎を徹底的に固めることで成績を伸ばし医学部に合格されました。

当塾は卒業生を中心とする医学生講師が指導しますが、本生徒は20台後半の再受験生でしたので、本生徒よりも年下の講師が面談対応にあたります。しかし、本生徒は講師に対しても非常に謙虚な姿勢で接し、面談の際はメモを持参して講師のアドバイスをいかそうとする意志を強く感じました。
また、模試や過去問演習後の分析シートの質も非常に高く、いかに日頃から熱心に勉強されていたかがよく分かる内容でした。

謙虚な姿勢で勉強し、課題や分析に熱心に取り組まれたことで、医学部に合格されました。

1年間注意していたことや後輩へのアドバイス

受験生活を振り返って

英語以外の偏差値が30台の状態から医学部再受験を決意し、丸3年間勉強しました。
始めの半年間は大手予備校に通いましたが成績が上がらなかったため他の予備校を探し、通信での指導も行っているACE Academyを選び、そこから2年半お世話になりました。
個別でカリキュラムが作成され、毎週の課題をこなしていくことで成績にも変化が生まれ、1ヵ月で偏差値55程度になったのを覚えています。

半年では間に合わず、さらに一年間通信生として受講したものの昨年は一次通過までで二次合格ができない結果となってしまい、3年目から通塾に切り替えました。

通塾することで様々な刺激を得ることができ、通塾して本当に良かったと感じています。

通塾した感想

家で一人で勉強し同じ問題集を繰り返していると、どうしても「自分はもうできている」と錯覚してしまうことがありました。
しかし、通塾することで、講師との面談や模試後のフィードバックを通して、まだまだできていない点があるのだと発見できるようになりました。
また、メンタル面でも面談は良い刺激となりました。対応してくださる講師の方を見て、「医学部に合格できる人はこういう人なんだ」と思い、モチベーションを維持することができました。

受験期に気を付けていたこと

直前期は「今年も合格できなかったらどうしよう」と不安に思うこともありましたが、それまで通りの生活を送ることに集中し、必要以上に考えないようにしていました。

受験が始まってからは体力面を考え、必ず早く寝るようにしていました。
受験すると復習したいことはたくさん出てきますが、最低限の復習に留めることを心がけていました。
受験期も通塾することで、今までのリズムが維持でき、余計なことを考えず受験に集中できるようになりました。

モチベーションについて

もともと再受験を決意した際は、2年で医学部に合格する計画だったため、2年目で合格できなかった時は落ち込みました。
しかし、通塾に切り替えてやるべきことが増え、メンタルダウンする暇もなく3年目が始まりました。
基本的には年間を通してモチベーションを保ちつつ勉強することができたと思います。

 

その他の医学部合格体験記は合格体験記一覧をご覧ください。

医学部予備校ACE Academyの医学部勉強法

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部受験で難しいのは、他学部に比べ多くの科目をバランスよく習得しなければならないこと・本番ミスなく問題を解ききる力を身に着けなければならないことです。
難しい講義を受けたりして、特定の科目のプロになる必要は全くありませんし、解法をただ理解していても本番自力で解ききれなければ使い物になりません。

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.医学部に進学した卒業生が使用していた参考書を使用

当塾では、集団講義は行わず、個別に課題を作成しています。
課題となるのはすべて市販の参考書であり、高額なオリジナルテキスト等は使用しておりません。
これまで医学部に合格した卒業生のデータから、「どの参考書をいつ使えば医学部に合格できるか」という独自のノウハウを蓄積しています。
そこから、生徒一人一人に最適な課題を作成し、指導にあたっています。

*質問対応・塾生限定公開のオリジナル解説集など、問題集を自力で進めるためのサポートも充実しています。

3.正しい試験の解き方を習得し、本番の得点力を上げる

医学部受験は、受験層のレベルの高さ・倍率の高さとともにトップクラスであることから、ミスに対して非常にシビアな受験となります。
どんなに成績のいい人でも、試験本番、緊張や焦りによりミスを重ねてしまうと合格は一気に遠のきます。
当塾では、成績を伸ばすことと同等に、「正しい試験の解き方」の指導を重視しています。正しい試験の解き方を身に着けることで、入試本番の得点力(=本番特有の緊張やプレッシャーに負けず、いつでも実力を発揮する力)を養うことができます。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。
学習効率を追求した指導システムを採用し、無駄の多い集団講義は一切行っていません。
「医学部に合格できる人」の考え方と習慣を身につけることで、自ら成績を伸ばし本番合格する力を養います。

例年国公立医学部・難関私大医学部を含む合格者を多数輩出し、どのようなタイプの生徒様がどういった成績の推移でどういった医学部に合格したか(あるいは合格できなかったか)等をすべて経験とデータの両方で蓄積しています。豊富なデータを生徒様個別の課題作成や受験校推奨に反映しています。

また、浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。

医学部予備校ACE Academyはこちら

 

当塾の卒業生有志が立ち上げてくれたTwitterアカウントです。医学部受験や当塾に関する質問、相談はこちらへ。

LINE@(ID:@aceacademyで検索)にて医学部受験の有益な情報を配信しています。

友だち追加

当塾twitterのフォローはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る