2020.11.7(土)入塾説明会、ウェブセミナー(無料)
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

【2017】島根大学医学部 合格体験記(40代の再受験・女性)

合格した医学部

島根大学

成績推移

4月に入塾。(医学部受験は5回目の挑戦とのこと)

今年の成績推移
(総合偏差値)
8月河合記述模試 65.9(ブランクのため理科は受験せず)
10月河合記述模試 67.3(理科も受験)

センター試験本番 総合85.8% 英数理90.8%(数1A:91 数2B:77 化学:74 物理:100 英語筆記:198 リスニング:50 国語:146 社会:79)

受験結果

センター試験本番 総合85.8% 英数理90.8%。
国公立医学部の島根大学に合格した。

使用した問題集

数学:基礎問題精講、合格る計算、標準問題精講(例題のみ)。
英語:DUO、ネクステージ、基礎英文問題精講、基礎英語長文問題精講、速読英単語(必修編)。
化学:宇宙一わかりやすい化学、Excel化学。
物理:宇宙一わかりやすい物理、体系物理。

問題集の習得と合否について

数学のみ応用問題集まで習得しているが、大部分は基礎問題集の習得のみで国公立医学部に合格している。
他の合格体験記にもあるように、応用問題集の習得は医学部合格に必須ではない。

特に国公立医学部ではセンター試験の点数が合否に大きく影響するが、センター試験は当然基礎的な内容しか出題されない。

成功要因

本生徒は40代の再受験生の女性であり、また今年で5回目の医学部受験への挑戦であった。
最終偏差値は総合67.3に達し、センター試験本番でも85.8%を得点し、無事島根大学医学部に合格した。

40代の再受験生でも医学部に進学した例である。

 

その他の医学部合格体験記は合格体験記一覧をご覧ください。

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出しています。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

学費以外の追加料金は一切ありません。
浪人生:月額10万円(特待生は月額5万円) 高校生:月額5-7万円 通信生:月額3万円

塾生専用ページでは、さらに詳しい資料をご覧いただけます

医学部予備校ACE Academyでは、塾生限定公開の「塾生専用ページ」に沿って学習していただいています。

塾生専用ページでは、より具体的な勉強方法、問題集ごとの進め方、試験の解き方、問題集のオリジナル解説集、受験校の選び方など、さらに掘り下げた情報をご覧いただけます。

*こちらの動画で全資料内容を解説しています。

 

LINE@で情報配信中!

公式LINEのタイムラインでは、ほぼ毎日最新情報を更新しています。
医学部受験の最新情報や、質問への回答動画をご覧いただけます。

友だち追加

YouTubeチャンネルはこちら。
ブログ記事の解説や質問への回答を配信しています。
YouTubeチャンネル

ブログ運営者の公式twitter

2020医学部合格体験記
医学部受験バイブル
タイトルとURLをコピーしました