【購入者特典あり!】書籍版「医学部受験バイブル」発売中!
【無料プレゼント!】医学部合格の8つのPDF資料

すべてセットで無料プレゼント中!

プレゼントPDF資料の内容
①医学部に合格するための参考書一覧
②偏差値ランキング
③共通テストボーダー・足切り
④私立医学部学費ランキング
⑤推薦入試情報
⑥私立医学部の面接小論文過去問集
⑦私立医学部の繰り上げ情報
⑧医学部予備校の選び方と注意点
今すぐ無料ダウンロード!

【2017】島根大学医学部 合格体験記(40代の再受験・女性)

【無料】医学部受験情報のPDF資料6つをプレゼント中!

<医学部受験PDF資料例(印刷可)>
①偏差値ランキング
②共通テストボーダー・足切り一覧
③私立医学部学費ランキング
④推薦入試情報
⑤私立医学部の面接小論文過去問集
⑥私立医学部繰り上げ情報

<合計6時間以上のウェブセミナー動画>
300名以上の医学部合格者を指導した塾長(医師)が解説!
①国立医学部と私立医学部の対策の違い
②入りやすい医学部(国立・私立)
③医学部の面接小論文対策
など

合格した医学部

島根大学

成績推移

4月に入塾。(医学部受験は5回目の挑戦とのこと)

今年の成績推移
(総合偏差値)
8月河合記述模試 65.9(ブランクのため理科は受験せず)
10月河合記述模試 67.3(理科も受験)

センター試験本番 総合85.8% 英数理90.8%(数1A:91 数2B:77 化学:74 物理:100 英語筆記:198 リスニング:50 国語:146 社会:79)

受験結果

センター試験本番 総合85.8% 英数理90.8%。
国公立医学部の島根大学に合格した。

使用した問題集

数学:基礎問題精講、合格る計算、標準問題精講(例題のみ)。
英語:DUO、ネクステージ、基礎英文問題精講、基礎英語長文問題精講、速読英単語(必修編)。
化学:宇宙一わかりやすい化学、Excel化学。
物理:宇宙一わかりやすい物理、体系物理。

問題集の習得と合否について

数学のみ応用問題集まで習得しているが、大部分は基礎問題集の習得のみで国公立医学部に合格している。
他の合格体験記にもあるように、応用問題集の習得は医学部合格に必須ではない。

特に国公立医学部ではセンター試験の点数が合否に大きく影響するが、センター試験は当然基礎的な内容しか出題されない。

成功要因

本生徒は40代の再受験生の女性であり、また今年で5回目の医学部受験への挑戦であった。
最終偏差値は総合67.3に達し、センター試験本番でも85.8%を得点し、無事島根大学医学部に合格した。

40代の再受験生でも医学部に進学した例である。

 

その他の医学部合格体験記は合格体験記一覧をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました