【医学部受験】理科の選択方法(物理・生物・化学)

理科の勉強法は医学部理科勉強法(化学・物理・生物)まとめをご覧ください。

医学部理科(物理・生物)の選択方法

医学部受験において理科の選択で悩まれている方は多くいらっしゃると思います。

多くの医学部入試では、理科3科目(物理・生物・化学)のうち2科目を選択する方式が取られています。
*九州大学は3科目必須、帝京大学・東海大学は1科目で受験可能など、一部の大学では決まりがあります。

ほとんどの方は化学を選択し、物理か生物の2択で迷われていると思いますので、物理と生物それぞれのメリット・デメリットについて記します。
学校の先生などは、医学部なら物理選択が有利と言うことが多いのですが、むしろ物理を選択してしまったために医学部合格が大きく遠のいてしまう受験生は多くいます。

下記の特徴を読み、自分がどちらに適しているか吟味した上で理科選択を行うようにしてください。

物理選択について

物理選択のメリット

物理は一度理解してしまえば、大きく失点することはなくなるというメリットがあります。いわゆる高得点を出しやすい科目になります。
特にセンター試験や中堅の私立医学部レベルであれば満点が狙えるようになります。

物理選択のデメリット

上述したようなメリットを聞くと、物理選択の方がいいのでは、、と考える受験生は多いのですが、はっきり申し上げて数学が得意でない受験生は物理選択はやめておくことを強くおすすめします

物理の最大のデメリットして、いくら勉強しても本質が理解できない可能性もあること、数学的な処理(速く正確に解く、ミスをしないなど)ができない限りまともに点数を取れないことなどが挙げられます。

物理は難易度が上がれば上がるほど数学的な要素が増してきます。平面幾何の処理能力や三角関数の知識、微分の知識も必要になってきます。また多くの医学部では理科2教科での時間設定をされているところが多く、物理の解くスピードが遅いと化学の足を引っ張ってしまうことになります。

さらに物理は最も暗記が通用しない科目でもあります
しっかり理解できていないまま問題集をひたすら繰り返しても、試験で少しひねった問題が出題されると、全く手が出なくなるリスクが伴います

医学部受験は、数学ができないだけで大きく不利になりますが、さらに物理もできないとなると合格できる可能性が一気に遠のきます。
数学が苦手な受験生は物理も苦手なことがほとんどですから、数学・物理・化学・英語の4教科のうち2教科も苦手科目を抱えることになってしまいます。

数学的思考が苦手、もしくは数学的な処理に苦手意識がある人は生物選択が適していると言えます。

物理選択をお勧めする医学部受験生

そのため物理選択をお勧めする医学部受験生というのは、

・数学が得意
・計算スピードが速い
・問題の処理スピードが速い
・ミスが少ない
・数学の式変形が得意

などが挙げられます。

逆にこれらが苦手な方は生物を選択しておくことが無難ですし、生物選択を強くお勧めします。

生物選択について

生物選択のメリット

生物は暗記項目が多く、また応用問題も数学的処理ではなく考察や読解・記述力を問うため、勉強すれば着実に合格ラインに達するというメリットがあります

特に生物の難易度が高くない医学部の場合、普通に勉強していれば生物の合格最低点はとれるようになります。
勉強した分確実に得点できることが最大の利点です。

生物選択のデメリット

生物選択の大きなデメリットはあまりありません

敢えてあげるとすれば、物理選択に比べて、高得点がとりにくいというデメリットがあります。しかし、医学部合格のために必要なのは高得点を狙いにいくことではなく合格点を確実にとることなので、これはあまりデメリットとはいえません。

最難関医学部では物理選択者が多いのですが、そもそも最難関医学部合格者は数学が得意な受験生がほとんどであり、数学が得意な人は物理を選択する傾向にあるためです。

生物選択をお勧めする医学部受験生

生物は考察問題や記述問題が多くどちらかというと国語的な要素が多い科目です。生物的背景知識を知らなくても問題文をしっかり読み実験考察をすれば解答に近づくことも可能な問題も存在します。また、問題文が長く、条件を読み落とさずにしっかり読む力をつける必要があります。

そのため生物選択に向いている医学部受験生というのは、

・国語が得意
・小論文や考察、記述が得意
・問題文を読むのに苦手意識がない
などが挙げられます。

しかし、物理選択の項目で記した通り、どちらかというと生物は積極的に選択するのではなく、数学が苦手な受験生が安全策のために選択する科目だと捉えてください

医学部受験の理科選択のまとめ

まとめると

・数学が得意な受験生は迷わず物理

・数学に不安がある受験生は迷わず生物

・迷うのであれば生物

を選択してほとんど間違いはありません。

物理は高得点が狙えるから物理選択のほうが有利とよく言われます。確かにその要素もあるのですが、生物でもしっかり勉強していれば充分高得点をとることが可能ですし、そもそも物理を選択したがために足を引っ張るようでは本末転倒です。

上記を参考にして自己分析をした上で、自分に有利な理科選択をするようにしましょう。

物理生物の2教科選択について

数は非常に少なくなりますが、化学を外して物理生物の選択をする医学部受験生は稀にいます。

著しく大きな問題はありませんが、化学は、物理の範囲、生物の範囲と重なっている部分があります。
医学部入試では、化学を履修している前提で問題がつくられますので、物理・生物の試験で化学の知識がないと解きにくい問題が出題される可能性があります。
そしてそのような問題の難易度が低かった場合、多くの受験性にとって得点源となるため、物理生物受験者は不利となります。

また、年度によって難易度が変化するため、化学が簡単で物理生物の難易度が高い試験にあたってしまうと、一人だけ不利になってしまう危険性もあります。

以上のようなデメリットはありますが、メリットは特にないため、これから理科選択を考えている方は、化学物理、あるいは化学生物を選択された方が無難です。

ただ、すでに物理生物を選択し勉強を進めてきて両科目とも習得に問題がない場合は、敢えて変更する必要はないでしょう。

医学部合格体験記

(卒業生講師)偏差値56、センター78%から成績を大きくのばし横浜市立大学、日医(特待)に合格
【2019】横浜市立大学医学部/日本医科大学(特待) 合格体験記(2浪・女性)

(卒業生講師)進学校ではない高校に通い、学校生活で表彰を受けるほど高校と当塾を両立しながら日本医科大学に現役で合格
【2019】日本医科大学 合格体験記(現役・女性)

(卒業生講師)文系の大学を卒業し偏差値30台から医学部に進学した再受験生
【2019】東京女子医科大学 合格体験記(再受験・女性)

センター試験前日に38度の発熱というアクシデントがありながら、センター90%を達成し神戸大学医学部に合格
【2019】神戸大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

基礎問題集の習得のみで総合偏差値80以上に達し、国公立医学部に合格した3浪女性
【2019】浜松医科大学 合格体験記(3浪・女性)

(卒業生講師)成績を大きくのばし国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格
【2018】慈恵会医科大学/新潟大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)1年でセンター試験約15%のばし国公立医学部のほか日本医科大学に首席で合格
【2018】日本医科大学/群馬大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

(卒業生講師)生物初学から1年で日本医科大学、国際医療福祉大学に合格
【2018】日本医科大学<生物初学> 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)数学が苦手で現役時センター試験数学50点台から1年で横浜市立大学、慈恵会医科大学に合格
【2017】慈恵会医科大学/横浜市立大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

偏差値62から1年で76.8までのばし千葉大学医学部、慶應大学医学部に合格
【2017】千葉大学医学部/慶応大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

英語偏差値50台から1年で国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格した現役生
【2017】慈恵会医科大学/信州大学医学部 合格体験記(現役・男性)

数3、理科2教科初学から1年で国公立医学部を含む4校に合格した再受験生
【2016】島根大学医学部/日本医科大学 合格体験記(再受験・女性)

その他の合格体験記は医学部合格体験記をご覧ください。

医学部予備校ACE Academyの医学部勉強法

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部受験で難しいのは、他学部に比べ多くの科目をバランスよく習得しなければならないこと・本番ミスなく問題を解ききる力を身に着けなければならないことです。
難しい講義を受けたりして、特定の科目のプロになる必要は全くありませんし、解法をただ理解していても本番自力で解ききれなければ使い物になりません。

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.医学部に進学した卒業生が使用していた参考書を使用

当塾では、集団講義は行わず、個別に課題を作成しています。
課題となるのはすべて市販の参考書であり、高額なオリジナルテキスト等は使用しておりません。
これまで医学部に合格した卒業生のデータから、「どの参考書をいつ使えば医学部に合格できるか」という独自のノウハウを蓄積しています。
そこから、生徒一人一人に最適な課題を作成し、指導にあたっています。

*質問対応・塾生限定公開のオリジナル解説集など、問題集を自力で進めるためのサポートも充実しています。

3.正しい試験の解き方を習得し、本番の得点力を上げる

医学部受験は、受験層のレベルの高さ・倍率の高さとともにトップクラスであることから、ミスに対して非常にシビアな受験となります。
どんなに成績のいい人でも、試験本番、緊張や焦りによりミスを重ねてしまうと合格は一気に遠のきます。
当塾では、成績を伸ばすことと同等に、「正しい試験の解き方」の指導を重視しています。正しい試験の解き方を身に着けることで、入試本番の得点力(=本番特有の緊張やプレッシャーに負けず、いつでも実力を発揮する力)を養うことができます。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。
学習効率を追求した指導システムを採用し、無駄の多い集団講義は一切行っていません。
「医学部に合格できる人」の考え方と習慣を身につけることで、自ら成績を伸ばし本番合格する力を養います。

例年国公立医学部・難関私大医学部を含む合格者を多数輩出し、どのようなタイプの生徒様がどういった成績の推移でどういった医学部に合格したか(あるいは合格できなかったか)等をすべて経験とデータの両方で蓄積しています。豊富なデータを生徒様個別の課題作成や受験校推奨に反映しています。

また、浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。

医学部予備校ACE Academyはこちら
タイトルとURLをコピーしました