医大生有志が運営するLINE@はこちら!
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

【医学部受験】センター試験現代社会で9割とるための勉強法

センター現代社会の勉強を始める前に

現代社会で受験できる医学部は限られている

現代社会だけで受験できる医学部は限られており、大学によっては受験できないので、事前に確認しておきましょう。

現代社会を選択するメリット・デメリットは?

現代社会を選択するメリットはこちらです。

・暗記量が少ないため、社会にかける勉強量を減らせる
・時事問題も多く出題されることから、普段から興味を持っている人は点数が取りやすい

一方、デメリットもあります。

・受験可能な大学が限られること
・暗記した知識を問う問題ばかりではないため、勉強しても高得点に繋がりにくい
基本的には倫理・政経がおすすめですが、社会を勉強する時間をなるべく少なくしたい人や元々時事問題の知識がある人は選択しても良いでしょう。

センター現代社会で9割とるための勉強法

まずは教科書を使って基本事項を頭に入れる

現代社会の勉強を始める際には、まずは教科書を反復して読み、基本的な知識を頭に入れていきましょう。

「政治」「国際」分野では、重要な政治家の名前、年号、法律、組織名を、「経済」分野では専門用語を正しく理解し、正確に暗記できるように心がけます。

教科書に載っている基礎知識を頭に入れるだけで、60点程度はすぐに取れるようになりますので、まずは「現代社会」の土台を固めていきましょう。

時事問題対策は参考書でOK

時事問題について具体的な対策が立てにくいと頭を悩ませる受験生が多いのですが、過剰に心配する必要はありません。

新しく出版された参考書には、抑えておくべき時事問題が掲載されていますので、まずは参考書に載っている時事問題を暗記しましょう

余力がある場合は、こまめに新聞やニュースに目を通すと良いでしょう。

過去問を問いて知識の質と量を高める

教科書で正確な知識をインプットした次のステップは、センター試験の過去問です。

実際に問題を繰り返し解くことにより、知識の暗記量を増やしていくとともに、問題文を読み解く力、暗記した知識の使い方が身に付きます。

選択肢の中にはさまざまな引っかけが隠されているため、間違えた問題についてはしっかりと分析を行い、選択肢の吟味の仕方も学んでいきましょう。

センター試験「現代社会」解法のポイント

問題文を読むときのコツ

「現代社会」は出題範囲が狭いため、問題文の作成に困った出題者が、教科書に載っていないような細かい時事問題と絡めた文章やデタラメの文章が紛れ込ませることがあります。

センター試験はあくまで教科書の範囲内の知識を正確に理解できているかが問われる試験です。
教科書で見たことがない事柄が含まれた問題文は、出題者によって作られたダミーの文章である可能性も考えましょう。

選択肢を選ぶときのコツ

一見問題なさそうな選択肢でも、常識や倫理から外れた選択肢は不正解です。
選択肢1つ1つを根拠を持って吟味するより、選択肢の文章内で少しでも間違ったところがあるものはどんどん消去していくのがおすすめです。

また、社会的に関心の高い事柄や、問題点が問われることも多い科目です。
その年によく話題になっていた事柄は何か、ニュースで取り上げられる機会の多かった出来事は何か、という視点から設問を吟味すると正解が発見できる可能性もあります。

センター試験「現代社会」おすすめ参考書

「センター試験 現代社会の点数が面白いほどとれる本」中経出版

改訂第2版 センター試験 現代社会の点数が面白いほどとれる本

この参考書は「現代社会」の流れを大まかに把握するのに適した、初学者におすすめの一冊です。

この参考書を反復して読むことで、センター試験を解くための基礎力が身につきます。さらに、条約や法律が出来た背景、具体的な訴訟の内容についても説明されていますので、知識の丸暗記に頼らず、現代社会の理解を深めることができる参考書です。

「センター試験現代社会集中講義」旺文社

センター試験現代社会集中講義 改訂版 (大学受験super lecture公民)

この参考書は、要点整理と問題演習とが1冊でカバーできる一冊です。

「ここがセンターのツボだ!」は過去のセンター試験の分析をもとに、出題されるポイントが効率良くまとめられているので、高得点を取るために必要な知識だけを効率良く学べます。そして、次ページの実演問題でその知識の使い方をびます。
インプットとアウトプットを同時進行に行うことで点数を上げることが出来る問題集です。

「マーク式基礎問題集 現代社会」河合塾

マーク式基礎問題集現代社会 (河合塾シリーズ)

センター試験の現代社会では、マーク式の試験形式に慣れ、リード文や問題文に惑わされず、正誤判断のスピードを上げていくことが高得点への近道です。

一通り基礎の流れは理解できたものの、まだ知識の整理がうまくついていないと感じるときは、過去問に取り組む前にこの問題集を解いていきましょう。

センター試験よりも難易度の低い問題ですが、正確な知識がなければ解けないような引っかけ問題も数多く含まれていますので、知識をアウトプットして整理するのに適した問題集です。

「センター試験過去問研究 現代社会」教学社

センター試験過去問研究 現代社会 (2017年版センター赤本シリーズ)

センター試験の過去問集、いわゆる「赤本」は収録されている過去問の年度数が他の過去問集より群を抜いて多いだけでなく、法律が改正された点に関してもこまめに注釈がつけられています。
センター試験「現代社会」で高得点を取るための応用力が身に付く問題集です。

「用語集現代社会+政治・経済」清水書店

用語集現代社会+政治・経済 ’16ー’17年版

センター試験「現代社会」で高得点を取るためには、用語・出来事・法律・条約などを正確に理解しているかどうかが得点に大きな影響を与えます。

「現代社会」の勉強を行う際は用語集を手元におき、分からない言葉はこまめに調べましょう。
この用語集を片っ端から暗記するのは効率が悪いため、問題演習を行う上で、間違えた問題で出てきた用語を重点的に見直しましょう。

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 これまで、慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出し、豊富なデータを蓄積しています。 実際に医学部に進学した卒業生のデータに基づき、生徒1人1人に最適なカリキュラム作成と課題管理を行います。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

「医学部受験において最高峰の指導をより安く」を理念とし、医学部専門予備校において最も安い学費を実現しています。 浪人生:月額10万円。高校生:月額5-7万円。通信生は月額3万円。 (短期講習などの追加費用も一切ございません。) また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。 詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。 <当塾の説明動画>

医学部合格体験記

(卒業生講師)中学3年生の終わりから3年間受講し、日本医科(特待)&信州大医学部に現役合格
【2020】日本医科大学(特待)/信州大学医学部合格体験記(現役・女性)

(卒業生講師)高3で理転し、横浜市立大学医学部&順天堂大学医学部に現役合格
【2020】横浜市立大学医学部/順天堂大学合格体験記(現役・女性)

入試本番で点数を取るために必要な「試験の解き方」を身につけ、7浪で国公立医学部に合格
【2020】金沢大学医学部合格体験記(7浪・男性)

(卒業生講師)偏差値56、センター78%から成績を大きくのばし横浜市立大学、日医(特待)に合格
【2019】横浜市立大学医学部/日本医科大学(特待) 合格体験記(2浪・女性)

センター試験前日に38度の発熱というアクシデントがありながら、センター90%を達成し神戸大学医学部に合格
【2019】神戸大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

年間を通して謙虚かつ貪欲に学び、筑波大学医学部に合格
【2019】筑波大学医学部、日本医科大学 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)進学校ではない高校に通い、学校生活で表彰を受けるほど高校と当塾を両立しながら日本医科大学に現役で合格
【2019】日本医科大学 合格体験記(現役・女性)

(卒業生講師)成績を大きくのばし国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格
【2018】慈恵会医科大学/新潟大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

1年でセンター試験約15%のばし国公立医学部のほか日本医科大学に首席で合格
【2018】日本医科大学/群馬大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

(卒業生講師)数学が苦手で現役時センター試験数学50点台から1年で横浜市立大学、慈恵会医科大学に合格
【2017】慈恵会医科大学/横浜市立大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

偏差値62から1年で76.8までのばし千葉大学医学部、慶應大学医学部に合格
【2017】千葉大学医学部/慶応大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

その他の合格体験記は医学部合格体験記をご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました