特待制度スタート。学費月5万円。
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

【医学部受験】センター試験日本史で9割とるための勉強法

センター日本史の勉強を始める前の注意

もともと日本史が得意でない人にはおすすめできない

日本史は、倫理・政経や現代社会、地理に比べ暗記量が非常に多いことが特徴です。

医学部受験は科目数が多く、他科目の対策にも時間がかかります。
もともと日本史が得意ではない人は、他の社会科目を選択するのがおすすめです。

無理に満点を狙いにいく必要はない

絶対に90点以上を取ろうとすると、日本史に多くの時間を割く必要があり効率が悪くなります。
社会の点数を10点あげようとするなら、その分英数理の勉強時間に充てた方が医学部合格可能性は上がります。

他の科目に余程の自信がある人以外は、無理に満点を取ろうとせずに他の科目の勉強を優先しましょう。

センター日本史で9割とるための勉強法

教科書か講義型参考書で全体の流れをつかむ

いきなり細かい知識を暗記しようとすると、効率が悪くなります。
まずは、教科書か講義型参考書を使って全体の流れをつかみましょう。

歴史全体の流れを掴むためには、
・その時代の特徴
・いつどこで誰が何をしたのか
・それによってどのような影響がもたらされたのか
といった因果関係をきちんと把握するよう心がけましょう。

このように全体の流れをつかんでから、細かい用語や年号を暗記していくのがおすすめです。

知識のインプットとアウトプットを繰り返す

センター試験の日本史の勉強は、知識のインプットとアウトプットにつきます。教科書や参考書を反復して読み、事件と歴史の動きの因果関係、地理関係を頭にインプットします。

しかし、ただ読んでいるだけでは知識の暗記はできないため、インプットした後はアウトプットを行うことが大切です。
アウトプット方法としては、参考書についている問題を解いたり、暗記した事項を何も見ずに想起する練習をすると良いでしょう。

基礎知識が頭に入ったら過去問演習を

基礎知識をある程度覚えたら、センター過去問演習に入りましょう。
過去問を解くときは、1年分ごとに満点が取れるまで繰り返し解き、足りない知識を埋めていきます。

間違えた問題については、教科書や参考書に線を引いたり、印をつけていきます。そうすることで、センター試験で得点を伸ばすためにはどの個所を掘り下げていけば良いのか効率良く掴むことができます。

日本史の理解を深めるポイント

暗記するときは出来事の前後関係・因果関係に重点を置く

センター試験の「日本史」で高得点を取るためには、日本という国の歴史の流れをきちんと正確に把握しなければなりません。

ついつい細かい用語や年号に意識を取られがちですが、必ず出来事の前後関係と因果関係を重視して「日本史」という物語を頭の中で広げていくイメージを持ち、歴史全体の流れを理解するよう心がけましょう。

資料集を常に手元に置く

センター試験の日本史を勉強する際には、資料集を必ず手元に置いておきましょう。

センター試験の日本史では、地図や写真、資料を読み解く問題が出題されます。分からない用語や間違えた問題を資料集で確認することにより、日本史の知識を写真とともに視覚的に捉えることが出来ます。

センター試験「日本史」おすすめ参考書

「超速日本史の流れ」ブックマン社

超速!最新日本史の流れ―原始から大政奉還まで、2時間で流れをつかむ! (大学受験合格請負シリーズ―超速TACTICS)     超速!最新日本近現代史の流れ―つかみにくい近現代を一気に攻略! (大学受験合格請負シリーズ―超速TACTICS)     超速!最新日本文化史の流れ―入試で差がつく文化史を、最短・完全攻略! (大学受験合格請負シリーズ―超速TACTICS)    超速!日本政治外交史の流れ (ブックマン社大学受験・合格請負シリーズ)

日本史の流れをまずは一通り把握したいという初学者におすすめの参考書です。
読みやすい表現で日本史がストーリー仕立てでまとめてあるので、教科書では把握しにくい歴史の因果関係もスムーズに掴むことが出来ます。

「超速」という参考書名ですが、歴史的なエピソードも事細かく織り込まれていますので、知識量を増やすのにも役立ちます。

「時代と流れのつかめる用語問題集 日本史B」文英堂

時代と流れのつかめる用語問題集日本史B (シグマベスト)

おおまかな歴史の流れや、ある程度の用語は頭に入れたものの、その知識をどのように使って得点を取れば良いのか分からない、という人におすすめなのがこの問題集です。

この問題集では、インプットとアウトプットが1冊で出来ます。

見開きの左ページには地図や写真、年表がまとめられているので視覚的に歴史の流れを頭に入れることができます。これはセンター試験で頻出の並べ替え問題で高得点を取るために役立ちます。
また右ページには空欄補充の問題があり、曖昧な知識をきちんとアウトプット出来ます。

「大学入試センター試験過去問レビュー 日本史」河合塾

大学入試センター試験過去問レビュー日本史B 2017 (河合塾シリーズ)

河合塾のセンター試験の過去問集は、その丁寧な解説はもちろんのこと、28回分の問題が掲載されており、他社の過去問集よりも内容が充実しています。一年分ずつ満点が取れるようになるまで繰り返し解き、センター試験の出題傾向や出題形式を掴みましょう。

「大学入試センター試験実戦問題集」駿台

大学入試センター試験実戦問題集 日本史B 2017 (大学入試完全対策シリーズ)

この問題集はセンター試験の過去問集をマスターした後、勉強の総仕上げの段階で使用します。

収録された問題文の質の良さはもちろんのこと、解答編の巻頭には「直前チェック総整理」が記載されているので、効率よく知識のインプット・アウトプットが出来る一冊です。自分の苦手なポイントを再確認し、入試前にどこに焦点を当てて勉強すべきかを把握でき、得点アップに役立ちます。

「詳説 日本史図録」山川出版社

山川 詳説日本史図録

日本史を勉強する上で資料集は必需品です。
出来事や人物を写真や資料と合わせて確認することにより、その時代時代のイメージをうまく掴むことが出来るので知識の質が格段に上がります。

単に言葉の羅列で物事を暗記していくのは大変ですが、資料集で視覚的な情報を取り入れることにより、勉強の効率が上がります。
この図録はセンター試験から難関校の二次試験にまで幅広く対応できるおすすめの一冊です。

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.週に1回、生徒個別に課題を作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を作成しています。

例年、国公立・難関私大を含む医学部合格者を多数輩出し、豊富なデータを蓄積しています。
実際に医学部に進学した卒業生のデータをもとに、医学部に合格するための課題作成を生徒個別に行っています。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円、通信生は月額3万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。
(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。

医学部合格体験記

(卒業生講師)偏差値56、センター78%から成績を大きくのばし横浜市立大学、日医(特待)に合格
【2019】横浜市立大学医学部/日本医科大学(特待) 合格体験記(2浪・女性)

(卒業生講師)進学校ではない高校に通い、学校生活で表彰を受けるほど高校と当塾を両立しながら日本医科大学に現役で合格
【2019】日本医科大学 合格体験記(現役・女性)

(卒業生講師)文系の大学を卒業し偏差値30台から医学部に進学した再受験生
【2019】東京女子医科大学 合格体験記(再受験・女性)

センター試験前日に38度の発熱というアクシデントがありながら、センター90%を達成し神戸大学医学部に合格
【2019】神戸大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

基礎問題集の習得のみで総合偏差値80以上に達し、国公立医学部に合格した3浪女性
【2019】浜松医科大学 合格体験記(3浪・女性)

(卒業生講師)成績を大きくのばし国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格
【2018】慈恵会医科大学/新潟大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)1年でセンター試験約15%のばし国公立医学部のほか日本医科大学に首席で合格
【2018】日本医科大学/群馬大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

(卒業生講師)生物初学から1年で日本医科大学、国際医療福祉大学に合格
【2018】日本医科大学<生物初学> 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)数学が苦手で現役時センター試験数学50点台から1年で横浜市立大学、慈恵会医科大学に合格
【2017】慈恵会医科大学/横浜市立大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

偏差値62から1年で76.8までのばし千葉大学医学部、慶應大学医学部に合格
【2017】千葉大学医学部/慶応大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

英語偏差値50台から1年で国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格した現役生
【2017】慈恵会医科大学/信州大学医学部 合格体験記(現役・男性)

数3、理科2教科初学から1年で国公立医学部を含む4校に合格した再受験生
【2016】島根大学医学部/日本医科大学 合格体験記(再受験・女性)

その他の合格体験記は医学部合格体験記をご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました