医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

【医学部受験】センター試験地理で9割とるための勉強法

センター地理の勉強を始める前に

地理の勉強に入る前に、ぜひ下記記事もご一読ください。

【医学部受験】センター試験社会で9割とるための勉強方法まとめ

【医学部受験】センター試験社会の選択方法について

センター試験「地理」の特徴

医学部の受験生に人気が高い社会科目が「地理」です。
暗記量が少ないので短期間で高得点を狙えると思われがちですが、センター試験の地理は高得点を取るのが難しく、点数が伸びにくい科目なのです。

どうして暗記量が少ないのに点数が取れないのかというと、他の社会科目と同様に、地理も暗記科目だと誤解しているからです。地理は参考書の丸暗記では通用しません。

センター試験で安定して高得点を取るためには、教科書に載っている基本的な知識を頭に入れ、それらの知識をもとに、問題文や資料を正確に読み取る力を養う必要があります。

センター地理で9割とるための勉強法

教科書で基礎知識を暗記する

地理の勉強を始めるときは、まずは教科書や参考書を用いて基本的な知識を頭に入れることから始めましょう。地理の教科書に載っている重要な語句や現象、地名は、数学でいうところの「公式」です。知らないと問題は解けませんが、知っているだけでは得点につながりません。教科書を読み進めるときには、常に「なぜそうなるのか」という疑問を解決する意識を持つことが高得点を掴むための第一歩です。

問題演習で知識の使い方を学ぶ

地理の全体の流れや言葉の意味を把握した後は、センター試験の過去問をどんどん解いていきましょう。
過去問を使用し、暗記した知識を「どう使えばいいのか」を把握していきます。覚えていない知識があれば、教科書や参考書に戻ってその都度暗記していきましょう。
医学部受験生にとって地理はあくまで「副教科」ですので、必要以上に時間を割くのは得策ではありません。過去問を使用することで最も効率よく得点力をつけることができます。

答え合わせを丁寧に行い、問題読解力を養う

センター試験や模試を解くときは答え合わせを丁寧に行うよう心がけます。
解き直しをした際、答えを暗記して満点を取るのでは意味がありません。

地理における「知識」は数学でいう「公式」です。
どの「公式」を使うのか判断するためにどうやって問題文を読めば良いのか、という読解力を養うためにも、答え合わせの際に、解説を丁寧に読み込むように心がけましょう。
センター試験の地理で高得点をとるためには、問題を解きながら知識の穴を埋めつつ、その知識を使いこなす応用力を身につけることが重要です。問題数をこなすことにより、どうすれば点数を取れるようになるのか感覚を掴みましょう。

センター試験「地理」の理解を深めるポイント

暗記に頼らず「考える力」を鍛える

センター試験の「地理」は他の社会科目に比べて、問題を解くために考えるという作業が多い科目です。

ですので、センター試験の過去問や模試問題などを復習する際、暗記によって正解にたどり着いていないか注意しなければなりません。正しい選択肢のパターンを暗記するだけでは、センター試験「地理」の得点を伸ばすことは不可能です。

問題を解いた後には、解説や教科書を手元に置き、丁寧にもう一度問題を吟味しましょう。例えばヨーロッパの問題を解き終えた後は、ヨーロッパと似た気候の地域を確認したり、同じ作物を作っている国を確認したりと、さまざまな観点から問題文を検討する力を身につけることが高得点を取るためのコツです。

資料集と地図を常に手元に

センター試験「地理」を勉強するときには必ず資料集と地図を手元に置きます。思うように地理の理解が深まらない、うまく知識を整理できないというときは、こまめに地図で位置を確認してみましょう。地理の理解を深めるためにはそれぞれの国・地域やデータの因果関係を理解することが重要です。学んだ知識を「地図」を用いて視覚的に再確認するだけでも、かなり理解が深まります。

またセンター試験では、資料や地図、グラフを読み取る問題が解けるかどうかで点数に差が出ます。教科書で用語を暗記するだけではこういった問題には対応できませんので、資料集で知識を補いましょう。

歴史の資料集とは異なり、地理の資料集はただ眺めているだけでは記憶に残りにくいので、問題集で答え合わせを行う際に資料集を確認する習慣をつけると効果的です。資料集で得られる知識は、毎年必ず出題される地誌問題にも対応できる力が身に付きますので、必ず点数が上がります。

センター試験「地理」おすすめ参考書

「山岡の地理B教室」東進ブックス

山岡の地理B教室―大学受験地理 (Part1) (東進ブックス―気鋭の講師シリーズ)    山岡の地理B教室―大学受験地理 (Part2) (東進ブックス―気鋭の講師シリーズ)

多くの受験者がセンター試験の地理で失敗する理由は、地理を暗記科目だと誤解しているからです。どんなに細かい国名やデータを暗記したところで、それは数学における公式だけを暗記した状態にすぎません。

この参考書は「地理は暗記ではなく理解だ」というテーマに基づいて作られていますので、地理の初学者におすすめの1冊です。Part1では地形と気候についてPart2では農業と工業について基本的な部分が丁寧に解説されています。地理の理解を深め、考える習慣を身につけましょう。

「村瀬の地理Bをはじめからていねいに」東進ブックス

村瀬の地理Bをはじめからていねいに 系統地理編 (東進ブックス センター試験 名人の授業)    村瀬の地理Bをはじめからていねいに 地誌編 (東進ブックス センター試験 名人の授業)

ある程度地理の基本的な知識が頭に入っているという人は、この参考書から勉強を始めると良いでしょう。「山川の地理B教室」に比べ、地誌と系統地理の理解を深めるのに向いています。地域ごとの関連性がうまく整理されているので、センター試験で点数と取るための知識が身に付きます。また、新しいデータも掲載されているという意味でもセンター試験対策に役立つ一冊です。

「センター試験過去問研究」教学社

センター試験過去問研究 地理B (2017年版センター赤本シリーズ)

センター試験の過去問集の定番、いわゆる「赤本」です。地理は暗記科目ではありません。基本的な知識をもとに、データや資料を読み解き、どうしてそうなるのか、と考える力が「地理力」なのです。

この力を磨くためには過去問演習が最適です。この過去問集は25年分の問題が収載されており、問題数の多さでは群を抜いています。解説もわかりやすく、センター試験の攻略アドバイスも載っていています。

「マーク式問題集 地理B」河合出版

マーク式総合問題集地理B 2017 (河合塾series)

センター試験を一通り解いたものの、まだ上手く地理の知識が使いこなせない、問題の解き方が分からない、という場合にはこの問題集がおすすめです。

難易度としては、センター試験の過去問と同じ程度です。同じ問題を繰り返し解いていると、どうしても「暗記力」に頼って正解を導いてしまいます。地理は暗記科目ではありませんので、暗記力だけに頼っていてはセンター試験で高得点を取ることはできません。センター試験の過去問は一通り解いたものの、いまいちまだコツがつかめないという場合はこの問題集でさらに多くの問題で力を磨きましょう。

「地図と地名による地理攻略」河合出版

地図と地名による地理攻略 (河合塾シリーズ)

センター試験の地理では、暗記した知識や数字、データと地図の因果関係を掴むことが点数を取るための必須事項です。

ですが、実際地図帳の地図はぎっしり地名が書かれており、余白もないので、自分で書き込んで情報を整理するためには不向きな教材です。この問題集は、受験勉強用の地図帳です。センター試験で実際に出題される重要な地名や地形のみ記載されていますので、自分で情報を書き込んで整理するのにぴったりの問題集です。

見開きの左側には受験で必要な地名のみが書かれた国別ごとの地図が記載されています。右側には、その地図に記載された土地について理解しておくべき知識が書かれています。受験勉強のための地図帳ですので、余分な情報は一切なく、それでいて点数を取るために必要な情報は漏れなくのっている素晴らしい一冊です。
過去問演習で知らない地名が出てきたら、この参考書で確認し、メモを残しておくと良いでしょう。

医学部合格体験記

(卒業生講師)偏差値56、センター78%から成績を大きくのばし横浜市立大学、日医(特待)に合格
【2019】横浜市立大学医学部/日本医科大学(特待) 合格体験記(2浪・女性)

(卒業生講師)進学校ではない高校に通い、学校生活で表彰を受けるほど高校と当塾を両立しながら日本医科大学に現役で合格
【2019】日本医科大学 合格体験記(現役・女性)

(卒業生講師)文系の大学を卒業し偏差値30台から医学部に進学した再受験生
【2019】東京女子医科大学 合格体験記(再受験・女性)

センター試験前日に38度の発熱というアクシデントがありながら、センター90%を達成し神戸大学医学部に合格
【2019】神戸大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

基礎問題集の習得のみで総合偏差値80以上に達し、国公立医学部に合格した3浪女性
【2019】浜松医科大学 合格体験記(3浪・女性)

(卒業生講師)成績を大きくのばし国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格
【2018】慈恵会医科大学/新潟大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)1年でセンター試験約15%のばし国公立医学部のほか日本医科大学に首席で合格
【2018】日本医科大学/群馬大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

(卒業生講師)生物初学から1年で日本医科大学、国際医療福祉大学に合格
【2018】日本医科大学<生物初学> 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)数学が苦手で現役時センター試験数学50点台から1年で横浜市立大学、慈恵会医科大学に合格
【2017】慈恵会医科大学/横浜市立大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

偏差値62から1年で76.8までのばし千葉大学医学部、慶應大学医学部に合格
【2017】千葉大学医学部/慶応大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

英語偏差値50台から1年で国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格した現役生
【2017】慈恵会医科大学/信州大学医学部 合格体験記(現役・男性)

数3、理科2教科初学から1年で国公立医学部を含む4校に合格した再受験生
【2016】島根大学医学部/日本医科大学 合格体験記(再受験・女性)

その他の合格体験記は医学部合格体験記をご覧ください。

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.週に1回、生徒個別に課題を作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を作成しています。

例年、国公立・難関私大を含む医学部合格者を多数輩出し、豊富なデータを蓄積しています。
実際に医学部に進学した卒業生のデータをもとに、医学部に合格するための課題作成を生徒個別に行っています。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円、通信生は月額3万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。
(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました