医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

何をどのくらい勉強すれば医学部に合格できるのか

「何をどのくらい勉強すれば医学部に合格できますか」というご相談は非常に多く寄せられますのでご説明致します。

医学部合格に必要なことは意外とシンプル

医学部に合格するために必要な科目は、英語、数学1A2B3、理科2科目(化学物理生物の中から2つを選択)、国公立医学部の場合は国語社会も加わります。

※東海大学は理科1科目で受験可能、帝京大学は理科1科目で受験可能かつ数3は範囲外等、一部例外あり

医学部に合格するためには、これらすべての科目の基礎を徹底的に習得する必要があります。
よく、”応用問題が解けて、マニアックな知識問題を知り尽くしていないと医学部に合格できないのではないか”と言われますが、これは全くの誤解です。

結論を申し上げると、全科目基礎を徹底的に習得することでほとんどの医学部に合格できます。

では、なぜ医学部合格が難しいのかというと、”全科目基礎を徹底的に習得すること”は決して簡単ではないからです。
これについては次の項目にて詳しく説明します。

全科目の基礎を徹底することの難しさ

全科目基礎を徹底することは一見簡単そうに見えますが、実は非常に難しいことです。

「全科目基礎だけやればいいってことは、医学部受験は難しくないのかな」と感じた方もいらっしゃると思います。
しかし、中高一貫校に通い中学生から塾に通い続けている受験生でも、センター試験で9割以上を全科目安定して取れる人は非常に少ないことを考えてみてください。センター試験は基礎的なことしか出題されないので、基礎を徹底することが簡単だとしたら、皆すぐに高得点を取れるようになるはずです。

さらに、医学部の科目数の多さは大学受験においてトップクラスであり、特に現役生が全教科基礎を完成させるのは、想像以上にハードルの高いことです。

では、どうすれば全科目基礎を徹底することができるのでしょうか。

全科目基礎を徹底するにあたって重要になるのは、”何をやるか”ではなく、”どうやって取り組むか”ということです。

”何をやるか”が決められていて、単にそれをこなして合格できるなら、医学部受験は簡単です。
もしそれが正しければ、当塾で紹介している医学部受験おすすめ参考書を一通りこなしさえすれば、誰でも医学部に合格できることになります。

 

しかし、実際はそうではありません。
同じ参考書を用いていても、習得する内容は人によって大きく異なります。

当塾の卒業生をもとに具体例を挙げると、

・数学は基礎問題精講のみ、理科はExcel化学・Excel生物のみの習得で浜松医科大学に合格
・全科目基礎問題集のみの習得で、第一回記述模試総合偏差値58.9から昭和大学医学部に合格(現役生)
など、多数の成功例があります。

 

逆に、同じ基礎問題集を使用していたにも関わらず、いつまでたっても模試で成績が向上しない人もいますし、応用問題集を習得しても偏差値60に達しない人もたくさんいます。
(詳しくは合格体験記をご覧ください。)

 

なぜこのようなことが起こるかというと、同じ参考書を使っていても、その取り組み方が人によって差があるからです。
この点に気づかない受験生は多く、いわゆる参考書マニアの方はその典型例と言えます。

何を使うかよりも、どう使うかを学ぶことは重要ですが、ここで注意点が一つあります。
それは、個人の体験談は必ずしも正しくないということです。

当然ですが、人によって能力や性格はバラバラなため、細かい勉強法をそっくり真似しても成績は伸びません。
極端な例を挙げると、見るだけで何でも暗記出来るような人の勉強法や、数学的思考力がずば抜けて優れた人の勉強法は何の参考にもならないことは分かると思います。
コツコツ地道に積み重ねるタイプの人もいれば、短期間に集中する方が得意な人もいます。

何をどのくらい勉強すれば医学部に合格できるのか

まとめると、医学部合格に必要なのは、全教科基礎を徹底することであり、そのために必要な参考書は決まっています。
参考書は医学部おすすめ参考書・問題集と使用方法まとめをご覧ください。

しかし、同じ参考書を使っていても人によって成績の伸びはバラバラなことから、何をどのくらい勉強すればいいという答えはなく、上記の問題集をどのように取り組むかが非常に重要だと言えます。

逆に「この参考書で医学部に合格できる」というような内容を発信されている人は、恐らく実際に医学部に合格した人を指導した経験がないと思われます。

 

医学部合格体験記

(卒業生講師)偏差値56、センター78%から成績を大きくのばし横浜市立大学、日医(特待)に合格
【2019】横浜市立大学医学部/日本医科大学(特待) 合格体験記(2浪・女性)

(卒業生講師)進学校ではない高校に通い、学校生活で表彰を受けるほど高校と当塾を両立しながら日本医科大学に現役で合格
【2019】日本医科大学 合格体験記(現役・女性)

(卒業生講師)文系の大学を卒業し偏差値30台から医学部に進学した再受験生
【2019】東京女子医科大学 合格体験記(再受験・女性)

センター試験前日に38度の発熱というアクシデントがありながら、センター90%を達成し神戸大学医学部に合格
【2019】神戸大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

基礎問題集の習得のみで総合偏差値80以上に達し、国公立医学部に合格した3浪女性
【2019】浜松医科大学 合格体験記(3浪・女性)

(卒業生講師)成績を大きくのばし国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格
【2018】慈恵会医科大学/新潟大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)1年でセンター試験約15%のばし国公立医学部のほか日本医科大学に首席で合格
【2018】日本医科大学/群馬大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

(卒業生講師)生物初学から1年で日本医科大学、国際医療福祉大学に合格
【2018】日本医科大学<生物初学> 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)数学が苦手で現役時センター試験数学50点台から1年で横浜市立大学、慈恵会医科大学に合格
【2017】慈恵会医科大学/横浜市立大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

偏差値62から1年で76.8までのばし千葉大学医学部、慶應大学医学部に合格
【2017】千葉大学医学部/慶応大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

英語偏差値50台から1年で国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格した現役生
【2017】慈恵会医科大学/信州大学医学部 合格体験記(現役・男性)

数3、理科2教科初学から1年で国公立医学部を含む4校に合格した再受験生
【2016】島根大学医学部/日本医科大学 合格体験記(再受験・女性)

その他の合格体験記は医学部合格体験記をご覧ください。

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.週に1回、生徒個別に課題を作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を作成しています。

例年、国公立・難関私大を含む医学部合格者を多数輩出し、豊富なデータを蓄積しています。
実際に医学部に進学した卒業生のデータをもとに、医学部に合格するための課題作成を生徒個別に行っています。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円、通信生は月額3万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。
(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました