医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

【医学部受験】センター試験政治経済で9割とるための勉強法

センター政経の勉強を始める前に

政経の勉強に入る前に、ぜひ下記記事もご一読ください。

【医学部受験】センター試験社会で9割とるための勉強方法まとめ

【医学部受験】センター試験社会の選択方法について

センター試験「政経」の特徴

医学部受験において、センター試験の社会は政経を選択するのが無難だといえます。

その理由として、覚えた分がそのまま得点に繋がりやすいという点があります。
政経は参考書を覚えれば得点につながるため独学で高得点をとりやすく、また知識量や理解にかける時間も他科目と比べて比較的少ないという特徴があります。

大学によっては政経のみの選択だと出願できない場合もあるので注意は必要ですが、受験校に該当する大学がない場合は政経を選択することをお勧めします。

センター政経で9割とるための勉強法

参考書を使って知識を整理する

政経の勉強を始めるときは、まず教科書や参考書を使って基本的な内容をさらいましょう。

知識が頭の中に入っていない状況で覚えるのは非常に効率が悪いので、1周目は全体の流れをつかみ、内容を整理することを目的に読み進めるのが効果的です。全体の流れがつかめたら、細かい知識をインプットしていきましょう。

過去問演習で知識のアウトプットを行う

知識がある程度身についたら過去問演習を行い、どの程度知識が定着しているか確認しましょう。

参考書の内容が頭に入っていても、過去問で別の視点で問われると正しい答えが選べなくなることがよくあります。間違えた問題はきちんと分析を行い、身に着けた知識をセンター本番で使える形にしておくことが重要になります。

各用語の背景まで理解する

センター試験では、単語の意味を問うような1対1対応の問題も出題されますが、「与えられた出来事を古いものから順に並べたときに、3番目にくるものとして正しいものを選べ」といったいくつかの知識を組み合わせて解くような問題も例年多く出されます。

これは、それぞれの出来事の説明ができるだけでは正解を導くことはできません。その出来事の背景、それが起こった理由、それによって引き起こされた出来事、などを身に着けることで初めて正解にたどり着くことができます。参考書の知識がある程度身についた人は、問題の背景も身に着けるように意識しましょう。

具体的には、政治・経済関係なく起こった出来事を時系列に従って並べてみる、その制度がとられている理由を試行された年代から考察してみる、といった方法が挙げられます。

「政治・経済」の理解を深めるポイント

まずは全体の大まかな流れを掴む

センター試験「政治・経済」を学ぶためには、まずは全体の流れを把握することから始めます。受験生の心理として、高得点を狙うために教科書や参考書の細かい点まで隅々と網羅しようとしがちですが、長い時間をかけて勉強すれば必ず「政治・経済」の点数が上がるというわけではありません。

利害関係を理解する

政治の動きや経済の流れには必ず利害関係が存在します。国同士が戦争を起こすとき、条約を結ばれるとき、誰が得をしているのか、どんな利益を守るために誰が攻撃をしているのか、という目線で考えると一見難しい事柄でもスムーズに理解することが出来ます。

同様に、資本主義・社会主義は誰に支持され、どのような弊害を生み出すのか、その弊害を取り除くためにどのような方法が考えられたのか、といった視点を持つと、単なる暗記ではなく、経済の仕組みを根本から理解することができます。教科書を開いて手当たり次第細かい知識を頭に入れようとするのではなく、知識の幹になる部分をしっかりと理解し、そこからどんどん細かい枝葉を広げていく感覚で知識を広げていきましょう。

センター試験「政経」おすすめ参考書

「センター試験政治・経済集中講義」旺文社

この参考書は、各単元が講義→演習という構成になっており、さらに別冊で一問一答集が付属しているため、インプットとアウトプットがしやすいです。

各問題を解くことで、単語の意味を覚えるだけではなく、実際のセンター試験ではどのような形式で知識が問われるのか確認もできることから、センター試験対策に役立つ一冊と言えます。

使い方としては、まずは講義のページを読み、各単元の内容を整理します。ある程度流れがつかめたら単元の終わりにある実力テストを用いて、どの程度知識が入っているか確認をしましょう。何周か繰り返して実力テストが解けるようになったら、講義のページの赤文字を覚えるとよいでしょう。

別冊の一問一答は適宜、知識の確認として使うのが効果的です。1周目から講義ページの赤文字を覚えようとすると暗記量が多く効率が悪いため、上記のような段階を踏んで活用するのが有効です。

「センター試験 過去問研究 政治・経済」教学社

センター試験過去問研究 政治・経済/倫理,政治・経済 (2017年版センター赤本シリーズ)

「政治・経済」の基本的な勉強を終えた後は、センター試験の過去問に取りかかりましょう。センター試験で高得点を取るためには、正確に暗記した知識を使ってどのように問題を解いていくかを学ばなければなりません。そのためには、過去問を解き、基礎知識がどれだけ自分のものになっているのか確認していきましょう。

「政治・経済用語集」山川出版

政治・経済用語集

「政治・経済」で高得点を取るために重要なのは、正確な知識の暗記と理解です。歴史や地理に比べて暗量が少ない分、1つ1つの用語・出来事に対する理解度が点数に大きく影響します。教科書や参考書を読み進めていく中で、また、問題集の答え合わせをする中で少しでも分からないと感じた単語は、用語集を使ってこまめにチェックしていきましょう。

用語集でこまめに単語を調べることにより、その単元をより多角的に捉える力が身に付きます。より正確に、より早く選択肢の正誤を判断していくことがセンター試験で高得点を取るためには必要不可欠です。「政治・経済」の勉強を進めるときには用語集を手元に勉強を進めていくことのがおすすめです。

医学部合格体験記

(卒業生講師)偏差値56、センター78%から成績を大きくのばし横浜市立大学、日医(特待)に合格
【2019】横浜市立大学医学部/日本医科大学(特待) 合格体験記(2浪・女性)

(卒業生講師)進学校ではない高校に通い、学校生活で表彰を受けるほど高校と当塾を両立しながら日本医科大学に現役で合格
【2019】日本医科大学 合格体験記(現役・女性)

(卒業生講師)文系の大学を卒業し偏差値30台から医学部に進学した再受験生
【2019】東京女子医科大学 合格体験記(再受験・女性)

センター試験前日に38度の発熱というアクシデントがありながら、センター90%を達成し神戸大学医学部に合格
【2019】神戸大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

基礎問題集の習得のみで総合偏差値80以上に達し、国公立医学部に合格した3浪女性
【2019】浜松医科大学 合格体験記(3浪・女性)

(卒業生講師)成績を大きくのばし国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格
【2018】慈恵会医科大学/新潟大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)1年でセンター試験約15%のばし国公立医学部のほか日本医科大学に首席で合格
【2018】日本医科大学/群馬大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

(卒業生講師)生物初学から1年で日本医科大学、国際医療福祉大学に合格
【2018】日本医科大学<生物初学> 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)数学が苦手で現役時センター試験数学50点台から1年で横浜市立大学、慈恵会医科大学に合格
【2017】慈恵会医科大学/横浜市立大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

偏差値62から1年で76.8までのばし千葉大学医学部、慶應大学医学部に合格
【2017】千葉大学医学部/慶応大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

英語偏差値50台から1年で国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格した現役生
【2017】慈恵会医科大学/信州大学医学部 合格体験記(現役・男性)

数3、理科2教科初学から1年で国公立医学部を含む4校に合格した再受験生
【2016】島根大学医学部/日本医科大学 合格体験記(再受験・女性)

その他の合格体験記は医学部合格体験記をご覧ください。

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.週に1回、生徒個別に課題を作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を作成しています。

例年、国公立・難関私大を含む医学部合格者を多数輩出し、豊富なデータを蓄積しています。
実際に医学部に進学した卒業生のデータをもとに、医学部に合格するための課題作成を生徒個別に行っています。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円、通信生は月額3万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。
(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました