駿台市ヶ谷校舎(医学部受験校)の評判

駿台市ヶ谷校の学費

評価:100点。
医学部専門予備校の平均は400-500万円前後であり、1/5程度。

ただ、夏期講習や冬期講習は 1講座2万円の講座を10講座ずつ取ることを推奨されるとの声があり、そうすると年間で120-130万円程度となり、最も安い医学部専門予備校の価格帯よりも高くなる。

学費詳細

学費詳細
・高卒生
高卒クラスはレベルと併設コースの有無により異なるが、入学金7万+授業料45万~150万位(首都圏の場合)。

スーパー国公立大医系 授業料47万4,000円~50万3,000円
ハイレベル国公立大医系 授業料46万5,000円~49万4,000円
ベーシック国公立大医系 授業料46万5,000円~48万4,000円

スーパー私立大医系 授業料44万8,000円~57万4,000円
ハイレベル私立大医系 授業料44万8,000円~56万4,000円 
ベーシック私立大医系 授業料44万8,000円~46万8,000円

(メディカル系特別指導コース)
100h授業料90万円程度、150h授業料100万~150万円程度 (コース、指導時間により金額が異なる)

・高校生
レベル別科目別のコースを組み合わせる。入学金3万+1コース(1科目)年額 17~33万位(首都圏の場合)。

駿台市ヶ谷校の合格実績

評価:90点。
国公立医学部、私立医学部ともに最難関医学部〜下位まで幅広く多くの合格者を輩出している。

ただ、他の塾や予備校と駿台を併用していた生徒の実績も含まれており、母体数自体は相当な数であるため全体の合格率はそれほど高くないことが予想される。

合格実績詳細

2019年度合格実績の集計は7月現在未更新。

2018年度の合格実績は以下。

合格実績
国公立医学部(推薦合格を含む)
東京大学:54名
京都大学:72名
東京医科歯科大学:54名
大阪大学:55名
名古屋大学:36名
神戸大学:56名
大阪市立大学:40名
千葉大学:72名
横浜市立大学:46名
九州大学:19名
山梨大学:52名
東北大学:47名
広島大学:42名
京都府立医科大学:65名
名古屋市立大学:44名
北海道大学:44名
岡山大学:30名
筑波大学:49名
三重大学:57名
岐阜大学:46名
奈良県立医科大学:65名
金沢大学:29名
宮崎大学:22名
大分大学:19名
新潟大学:43名
滋賀医科大学:49名
長崎大学:23名
和歌山県立医科大学:45名
山口大学:13名
信州大学:37名
香川大学:23名
山形大学:45名
群馬大学:39名
浜松医科大学:57名
富山大学:26名
福井大学:48名
島根大学:13名
佐賀大学:21名
鹿児島大学:11名
秋田大学:45名
福島県立医科大学:40名
鳥取大学:28名
愛媛大学:43名
高知大学:33名
札幌医科大学:45名
弘前大学:36名
徳島大学:32名
旭川医科大学:48名
琉球大学:13名
熊本大学:14名
防衛医科大学校:206名

私立医学部(推薦合格を含む)
慶應義塾大学:94名
東京慈恵会医科大学:137名
大阪医科大学:143名
順天堂大学:225名
日本医科大学:142名
関西医科大学:130名
昭和大学:169名
国際医療福祉大学:183名
東京医科大学:97名
東邦大学:82名
産業医科大学:21名
藤田医科大学:102名
兵庫医科大学:108名
近畿大学:96名
杏林大学:82名
東北医科薬科大学:79名
久留米大学:16名
愛知医科大学:62名
東京女子医科大学:37名
日本大学:57名
北里大学:52名
福岡大学:25名
岩手医科大学:43名
獨協医科大学:48名
金沢医科大学:33名
東海大学:45名
聖マリアンナ医科大学:28名
川崎医科大学:17名
埼玉医科大学:74名
帝京大学:50名
自治医科大学:50名
*上記は駿台全校舎の合格実績。

駿台市ヶ谷校の指導方法

従来型の集団講義形式であり効率は良くない。演習時間が不足する、講義についていけなくなると個別のサポートがないため脱落してしまうという経験も多い。

評判からもわかるように、講義によっては無駄に感じる生徒も多く、質問対応も充実はしていない。

駿台市ヶ谷校の特色

・1授業は50分。医学部受験専門の講師陣が作成したオリジナルテキストを使用し、指導にを行う。
・受験指導を担うクラス担任・副担任、個別対話形式の学習指導を行うティーチングアドバイザーが連携してサポート。また、「保護者会」・「個別面談」などを通して保護者との密接なコミュニケーションを図る。
・医学部受験生が多いという市谷校の特徴を生かし、独自の医学部受験情報で受験傾向の変化に対応。
・英文の題材として「ゲノム」「微生物学」「死の定義」を扱うなど医学部受験に特化した授業内容。
・駿台出身の現役医学部生が、クラスリーダーとして受講生のサポート、指導にあたる。
・意欲溢れる『仲間=学生』。やる気に満ちた真面目なライバルの存在、最高の仲間と切磋琢磨できる「刺激のある環境」。

駿台市ヶ谷校のコース

・高卒生
スーパー国公立大医系コース
ハイレベル国公立大医系コース
ベーシック国公立大医系コース
スーパー私立大医系コース
ハイレベル私立大医系コース
ベーシック私立大医系コース

・高校生、中学生
レベル別講座受講
個別指導コース(マンツーマン個別指導)
映像授業コース([高3生対象]個別視聴授業)

駿台市ヶ谷校の評判

駿台に通っていたから合格できたという医学生の回答は思っているよりも少ない。

成績上位の人ほど、ほとんど講義は取らず駿台の自習室で自分で勉強していたという回答が多い。

駿台に通っていて不合格になった方の口コミで多いのは、自分にあった勉強がわからないまま講義を聞くだけで時間が過ぎてしまい、演習量も不足していたという声が圧倒的に多い。

また、校舎、講師による質の差は大きく、東京の市ヶ谷校舎が最も評判が高い。

夏期講習や冬期講習は 1講座2万円の講座を10講座ずつ取ることを強く推奨されるとの声が多い。

駿台市ヶ谷校の総評

評価:70点。
最大規模の大手予備校だけあって合格実績は高い。

しかし、評判からは、もともと成績の良い人が合格したという声が多く、駿台予備校に通って成績がぐんぐん伸びたという声は少ない。

講義型の指導形式であり効率自体は良くないことが予想される。

医学部専門予備校で同じ価格帯の予備校も出てきているため、そちらと比較し検討する必要がある。

医学部予備校ランキング

医学部予備校の合格実績の正しい見方について、合格実績と学費から評価したおすすめの医学部予備校ランキングは合格実績と学費で評価した医学部予備校・塾ランキングをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました