医学部に合格するための過去問演習の方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

過去問演習の2つの目的

過去問演習の目的は大きく下記の2点あります。

1. 入試本番の得点力を高める練習をする
2. 過去問演習から自分の勉強法を改善する

それぞれ詳しくご説明します。

入試本番の得点力を高める

医学部に合格するためには、成績を伸ばすこと以上に、入試本番でミスせず実力どおり得点できるようになることが大切です。
そのために、過去問演習で解き方の練習や改善をしていくことが非常に重要になります。

本番の得点力を高める解き方については、医学部受験本番の得点力を高める方法をご覧ください。

 

大学によって試験形態は大きく違い、記述式なのかマーク式なのか、試験時間や問題量はどの程度なのかも全然違います。
過去問演習によって、どんな試験形式であってもしっかり得点できる力を身に着けましょう。

自分の勉強法を改善する

過去問演習をした後に自己分析を行うことで、各教科で理解や暗記が甘かった分野が見つかると思います。

その際に間違えた問題の復習だけで終わらせるのではなく、自分の勉強法で足りない点を改善することが大切です。

具体的には、「苦手分野で解けない問題があったら、その分野は全体的に復習する。しかし単に問題集を復習しても丸暗記になってしまうため、”何が分かっていないから解けないのか”を明らかにしてから取り組む。」などです。

自分が解けなかった原因を見つけ、次に活かすにはどうすればいいかを考えることで実力が伸びていきます。

よくある間違った過去問演習の例

闇雲に数だけこなして、最低点をみてあと何点だった、最低点を超えたなど数字だけを追いかける

難易度は例年大きく変わり、以前と比較して医学部受験の難易度はあがってきているため、過去問で最低点を超えていても目安にすらなりません。
当たり前ですが過去問での点数は合否には関係なく、本番で解ける問題を確実に得点した人が上から順番に合格するというだけのことです。

過去問演習でいい点数を取ることに意味はありません。
入試本番に自分の得点力を高めることを目的に過去問演習を行うことが大切です。

過去問演習の解き方が甘い

過去問演習の際にリラックスした状態で解くことに慣れてしまうと、入試本番で緊張感やプレッシャーから、試験の解き方を徹底できなくなってしまうということがよく起こります。

したがって、過去問演習を行う際は、できるだけ緊張感をもって本番に近い環境で行うようにしましょう。

演習方法や自己採点が甘くなり得点が高くなってしまうと、十分習得できていない問題があぶりだされず、復習の質も甘くなってしまう傾向があるます。

基礎力がついていない時期から過去問に手を出す

各教科、基礎に抜けがある段階から過去問演習を行ったところで、効果的な演習・復習はできません。
それよりも基礎の復習をした方がよほど成績は伸びます。

学校等で、過去問演習を早い段階で行うことを推奨しているところもあるようですが、当然ですが実力がないうちに演習しても完全に時間の無駄です。

現役生などで時間の余裕がない人は、過去問演習は一度行っておくだけでも大丈夫です。
過去問演習しても成績が伸びるわけではないことを認識し、基礎を重視した勉強をしましょう。

まとめ

過去問演習を単に数だけこなしても、得られる効果はほとんどありません。

正しく目的を持ち、解き方、復習ともに意義のあるものにしましょう。

間違っても”解きっぱなしで放置する”などはしないでください。そのような過去問演習は何の意味もなく、ただ時間の無駄となります。

 

関連記事

医学部(国公立、私立、難関大)に1年で合格する勉強法まとめ

 

医学部予備校ACE Academyの医学部勉強法

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部受験で難しいのは、他学部に比べ多くの科目をバランスよく習得しなければならないこと・本番ミスなく問題を解ききる力を身に着けなければならないことです。
難しい講義を受けたりして、特定の科目のプロになる必要は全くありませんし、解法をただ理解していても本番自力で解ききれなければ使い物になりません。

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.医学部に進学した卒業生が使用していた参考書を使用

当塾では、集団講義は行わず、個別に課題を作成しています。
課題となるのはすべて市販の参考書であり、高額なオリジナルテキスト等は使用しておりません。
これまで医学部に合格した卒業生のデータから、「どの参考書をいつ使えば医学部に合格できるか」という独自のノウハウを蓄積しています。
そこから、生徒一人一人に最適な課題を作成し、指導にあたっています。

*質問対応・塾生限定公開のオリジナル解説集など、問題集を自力で進めるためのサポートも充実しています。

3.正しい試験の解き方を習得し、本番の得点力を上げる

医学部受験は、受験層のレベルの高さ・倍率の高さとともにトップクラスであることから、ミスに対して非常にシビアな受験となります。
どんなに成績のいい人でも、試験本番、緊張や焦りによりミスを重ねてしまうと合格は一気に遠のきます。
当塾では、成績を伸ばすことと同等に、「正しい試験の解き方」の指導を重視しています。正しい試験の解き方を身に着けることで、入試本番の得点力(=本番特有の緊張やプレッシャーに負けず、いつでも実力を発揮する力)を養うことができます。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。
学習効率を追求した指導システムを採用し、無駄の多い集団講義は一切行っていません。
「医学部に合格できる人」の考え方と習慣を身につけることで、自ら成績を伸ばし本番合格する力を養います。

例年国公立医学部・難関私大医学部を含む合格者を多数輩出し、どのようなタイプの生徒様がどういった成績の推移でどういった医学部に合格したか(あるいは合格できなかったか)等をすべて経験とデータの両方で蓄積しています。豊富なデータを生徒様個別の課題作成や受験校推奨に反映しています。

また、浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。

医学部予備校ACE Academyはこちら

 

当塾の卒業生有志が立ち上げてくれたTwitterアカウントです。医学部受験や当塾に関する質問、相談はこちらへ。

LINE@(ID:@aceacademyで検索)にて医学部受験の有益な情報を配信しています。

友だち追加

当塾twitterのフォローはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る