群馬大学医学部の面接小論文対策まとめ

群馬大学医学部の面接対策

形式

集団面接 1グループ3人で一人一人10~15分ずつ質問される

面接官:3人

過去問

・大学の勉強は高校の勉強と何が違うと思うか
・家族や自分を色に例えるなら何色か、その理由
・苦手な科目とその克服法
・サークルと勉強を両立する自信はあるか
・部活動について
・高校はどんな特色があるか
・志望する診療科
・群馬のもっとこうしたら良いと思う点

合格した卒業生のアドバイス

三人の面接官それぞれから質問をされ、指名された人から順に答えていくという形式でした。医師志望理由や大学志望理由は聞かれませんでした。

一人目の面接官からは、受験生一人一人の出身高校と出身地や故郷についてアピールできることを聞かれました。また出身が東京や神奈川だとなぜ群馬を選ぶのかを突っ込んで聞かれました。
二人目の面接官からは、10年後の自分は医師としてどこで何をしているかと聞かれました。10年後は研修医として大学病院に勤務しているなど普通に答えていれば問題無いと思います。このとき、明らかに将来のビジョンが見えていなさそうな答え方をすると最後に回されてもう一度考えさせられていました。
三人目の面接官からは、自分が群馬大学に入学すると大学側にどんなメリットがあるか、と聞かれました。

これら以外にもいくつか質問されましたが、少し考え込むような質問が来ても慌てずに自分の考えを伝えることができれば大丈夫だと思います。

準備しておいた方が良い点

面接の準備はほとんど必要ないと思いますが、出身地(故郷)のアピールポイントと将来の自分のキャリアを考えておくと良いかもしれません。

面接対策まとめ

事前に準備がし辛い、その場で考えて答えるような質問や、自分の回答に対して突っ込んだ質問をされることも多いので、事前の準備をするというより、その場で焦らずに自分の考えを素直に答えることが大切だと思います。

面接試験の結果は合否にあまり影響していないように思います。

群馬大学医学部の小論文対策

形式

英文問題 90分 一般的な小論文ではなく、適語選択・要約といった英語の試験

大学HPに過去問掲載あり

過去問

・「伝統療法の再発見と再評価」

合格した卒業生のアドバイス

小論文は、記述式英語長文問題を2題解くという形式でした。長文の内容は医学論文から掲載されたもので、要約や説明を日本語で記述するという問題でした。医学論文なので、医療系の難英単語がいくつか出てきたり、病因を文脈から推測させる問題もありました。とはいえ、医療系の知識はほぼ必要なく事前に小論文の本を読む等の対策は全く必要ありませんでした。

小論文対策まとめ

小論文といっても、英語の長文を読んで要約や説明を日本語で記述するだけなので特別な対策は必要無いと思います。余裕がある人は医療系の英単語を覚えておくと楽かもしれません。

群馬大学医学部の合格体験記

常に基礎の徹底を心がけて勉強することで国公立大学医学部に合格
【2019】群馬大学医学部、東京医科大学(特待) 合格体験記(1浪・男性)

(卒業生講師)1年でセンター試験約15%のばし国公立医学部のほか日本医科大学に首席で合格
【2018】日本医科大学/群馬大学 合格体験記 (1浪・男性)

新幹線で片道2時間かけて1回も休まず通塾し第一志望に合格
【2017】群馬大学医学部 合格体験記 (2浪・女性)

群馬大学医学部の勉強法、対策法

群馬大学医学部に合格した勉強法、対策法

群馬大学医学部の受験情報

群馬大学医学部受験情報

医学部面接、小論文対策方法

医学部の面接、小論文の目的や対策方法について

医学部面接対策まとめ

医学部小論文対策まとめ

 

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.週に1回、生徒個別に課題を作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を作成しています。

例年、国公立・難関私大を含む医学部合格者を多数輩出し、豊富なデータを蓄積しています。
実際に医学部に進学した卒業生のデータをもとに、医学部に合格するための課題作成を生徒個別に行っています。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円、通信生は月額3万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。
(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました