医学部受験をのりきるための体調管理法

体調管理については、毎年多くの受験生から相談を受けます。
体調を崩したまま受験に臨んでしまうと、いつも通りの実力を発揮するのは相当な困難となります。

体調管理に必要なのは非常にシンプルで、

  • 睡眠時間の確保
  • 生活リズムを整える

の2点につきます。

睡眠時間を削ることは逆効果

当塾では勉強時間を確保するために、無駄な時間を削ることを徹底します。
そうすると睡眠時間を削って勉強時間に回そうとする生徒がいますが、それは絶対にNGです。

むしろ睡眠時間は優先的に確保したほうがいいというのが当塾の考え方です。
もちろん必要以上に寝る必要はありませんが、無理して睡眠時間を削ることは逆効果です。

睡眠が足りていないと、想像する以上に身体に悪影響をきたします。

  • 免疫力が落ちて体調を崩しやすくなる
  • 集中力が落ちて効率が落ちる
  • 精神状態が安定しづらくなる

睡眠時間を無理に削ることでプラスになることは何もありません。

最適な睡眠時間は人によって違う

そもそも必要な睡眠時間は人によって違うと言われています。
6時間がベストな人もいれば、8時間寝ないと体調に影響が出る人もいます。

そのため、「何時間寝ればいいですか?」という質問をよく受けるのですが、それは人によって大きく異なります。
いつもよりも1時間睡眠時間が減るだけで、注意力散漫になってしまうような人もいれば、前述のような人より短い睡眠時間でも活動できる人もいます。

当塾の生徒を見ていても、「共通のベストな睡眠時間」というのはなく人それぞれ違っています。
自分のベストな睡眠時間を見つけてしっかり確保するようにしましょう。

生活習慣を整えれば、勉強時間も睡眠時間も確保できる

睡眠時間を確保するには、生活習慣を整えるのが一番です。
起床時間、就寝時間を決めて守ることができれば、おのずと一定の睡眠時間を確保することができます。

睡眠時間を確保するためには、あらかじめタイムスケジュールを組んでしまうことが一番の近道です。

最初からいつ何をするか1日の流れが決まっていれば、その通り行動するだけなので、予定よりも大きく勉強時間を縮めてしまうようなことは起きません。

生活リズムが安定していると精神的にも安定する

生活リズムを安定させると、精神状態も安定しやすくなると言われています。

以前知り合いの産業医の医師から聞いた話ですが、月曜日に嫌な気分になるいわゆる「ブルーマンデー」は土日に生活リズムが乱れることから起こる、という考え方があるそうです。

「学校や仕事が嫌だから」という思いももちろんあるでしょうが、実は土日の夜更かしや寝だめで睡眠や生活のリズムが崩れることから引きおこる精神的なストレスが原因だといいます。

たった1~2日の夜更かしや乱れでも、体には現れてしまうものです。

 

同じような理由からか、毎年夏休み明けになると、精神的に不安定な状態になってしまう人が増えます。

これも上手く生活リズムが作れていない受験生に多い傾向があります。
夏休みに入ったことで早寝早起きしなければいけない、というプレッシャーから解放され、生活習慣が乱れて昼夜逆転してしまう、というのが一番多いケースです。

逆に平日でも夏休みでも同じように整った生活リズムで過ごすことが出来ている受験生は、精神不安定になる人が少ないように思います。

そのため当塾では夏期講習などの短期講習や合宿などは一切行っていません。
そういったイレギュラーなイベントを設けることで、せっかく夏前までに整えた生活リズムが崩れてしまうからです。
また、普段から勉強習慣がついていれば、詰め込み式の勉強をする必要は全くありませんし、むしろリズムを崩すため逆効果になります。

 

正しい生活習慣をつくり、受験が終わるまで維持し続けること。
これが出来た生徒は成績も上がりやすい上に精神的にも安定しやすく、結果として受験本番での合格率も高い傾向がはっきりとでています。

 

医学部予備校の夏期講習の注意点と夏休みの活用法

医学部予備校の合宿は要注意

体調不良を完全に防ぐ方法はない

特に受験シーズンは気温も湿度も低いため、風邪やインフルエンザなどの感染症に対しては注意が必要です。

効果的なのはやはり手洗いですが、最も効果的なのは受験シーズンが近づいたら不必要に外出をしないことです。

どんなに予防策をとっていても例えばインフルエンザの予防接種を打っていても、100%風邪やインフルエンザを防ぐことはできません。

だからこそ日頃から身体の免疫力を高めておくことが大切です。
そのためにはやはり、睡眠時間の確保、生活リズムを一定に保つことから心がけることが重要です

 

関連記事

医学部(国公立、私立、難関大)に1年で合格する勉強法まとめ

 

医学部予備校ACE Academyの医学部勉強法

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部受験で難しいのは、他学部に比べ多くの科目をバランスよく習得しなければならないこと・本番ミスなく問題を解ききる力を身に着けなければならないことです。
難しい講義を受けたりして、特定の科目のプロになる必要は全くありませんし、解法をただ理解していても本番自力で解ききれなければ使い物になりません。

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.医学部に進学した卒業生が使用していた参考書を使用

当塾では、集団講義は行わず、個別に課題を作成しています。
課題となるのはすべて市販の参考書であり、高額なオリジナルテキスト等は使用しておりません。
これまで医学部に合格した卒業生のデータから、「どの参考書をいつ使えば医学部に合格できるか」という独自のノウハウを蓄積しています。
そこから、生徒一人一人に最適な課題を作成し、指導にあたっています。

*質問対応・塾生限定公開のオリジナル解説集など、問題集を自力で進めるためのサポートも充実しています。

3.正しい試験の解き方を習得し、本番の得点力を上げる

医学部受験は、受験層のレベルの高さ・倍率の高さとともにトップクラスであることから、ミスに対して非常にシビアな受験となります。
どんなに成績のいい人でも、試験本番、緊張や焦りによりミスを重ねてしまうと合格は一気に遠のきます。
当塾では、成績を伸ばすことと同等に、「正しい試験の解き方」の指導を重視しています。正しい試験の解き方を身に着けることで、入試本番の得点力(=本番特有の緊張やプレッシャーに負けず、いつでも実力を発揮する力)を養うことができます。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。
学習効率を追求した指導システムを採用し、無駄の多い集団講義は一切行っていません。
「医学部に合格できる人」の考え方と習慣を身につけることで、自ら成績を伸ばし本番合格する力を養います。

例年国公立医学部・難関私大医学部を含む合格者を多数輩出し、どのようなタイプの生徒様がどういった成績の推移でどういった医学部に合格したか(あるいは合格できなかったか)等をすべて経験とデータの両方で蓄積しています。豊富なデータを生徒様個別の課題作成や受験校推奨に反映しています。

また、浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。

医学部予備校ACE Academyはこちら
タイトルとURLをコピーしました