高校生・中学生から医学部専門予備校に通う重要性

医学部専門予備校は浪人生が通うもの、と考えている高校生や中学生は少なくないようです。
しかし、浪人での限られた1年間より、高校生活、さらには中学生から通い医学部受験に向けた勉強を早期から行うことの方が当然メリットは大きいといえます。
詳しくご説明します。

多くの高校では医学部受験のノウハウをもっていない

医学部受験を志望する高校生や中学生の方のご相談を受けていて最も感じることは、ほとんどの学校で医学部受験のノウハウをもっていないということです。

東京都内の、偏差値が70前後の優秀な高校でも一部の高校を除いて医学部受験のノウハウをもっていないように感じています。

医学部受験においては数3、理科2教科の習得が非常に重要ですが、多くの高校のカリキュラムではこれらの教科が後回しになり、高校3年生の夏頃に一通り履修が終わる高校が多く存在します。
そのため単純に時間が足りずに現役で医学部に合格できない受験生が圧倒的に多くいます。

上記のように数3と理科2教科の学習が遅い高校に通っている人は、余程自力で勉強できる人でない限り現役で医学部に合格することは非常に難しいといえます。

 

実際に、医学部進学実績の高い高校では、どんどん先取りした授業カリキュラムを組んでおり、高校1年生から数3や理科を学習し高校2年生の終わりには一通り全教科履修した状態になり高校3年生でどんどん受験の演習形式の授業を行っている中高一貫校も存在します。

そのようなカリキュラムを持っていない高校に通っていると明らかに不利と言えます。

真面目に勉強していても間に合わない可能性が高い

真面目に勉強しており、学校の成績は優秀なのに模試で全然点数がとれない、と高校3年生になってからご相談にこられる方が毎年多くいらっしゃいます。
残念ながら、高校3年生になってしまうと、受験まで1年間もなく、半年と少ししかありません。どう頑張っても間に合わない、、となってしまう方が多くいらっしゃる状況です。

高校1年生あるいは1年生からじっくり勉強していれば無理なく医学部合格ラインに到達することも可能なのですが、医学部合格のノウハウがないままなんとなく勉強して高校3年生を迎えてしまうと、現役で医学部に合格するというのは非常に難しいというのが現状です。

このようにして浪人になってしまう医学部受験生が多いのが医学部受験の実態です。

医学部合格のためには、学校のカリキュラムよりもどんどん先取りした勉強をしていく必要があります。

ほとんどの医学部で合格者は浪人生の方が現役生よりも多い

上記の理由から、ほとんどの医学部では浪人生が半数以上を占めています。
一見すると現役生の人数が多い医学部もありますが、それは指定校推薦だったり内部進学者が多く存在しており、一般入試での合格者はほとんどの医学部で浪人生の方が多いのが現状です。

このことからも、現役で医学部に合格することがいかに難しく、また多くの高校では医学部に現役合格するノウハウをもっていないことを裏付けています。

部活動や学内活動は要注意

部活をしながら医学部に向けた勉強との両立は可能ですか、というご相談もとても多く受けます。

結論から言いますと、残念ながら部活をしながら現役で医学部に合格するのは非常に困難です。部活をしていなくても、あるいは何年か浪人して勉強に全力で集中する環境でも医学部に合格するのは難しいのです。部活をしていて、かつ現役で合格するのは当然困難です。

もちろん部活をしながらでも現役で最難関医学部や国公立医学部に合格した方も多くいます。
しかし、そういった方は中高一貫校で中学生の時から勉強をしてきているか、自己管理力が相当優れているかがほとんどを占めています。

普通にしていると、部活をするというのは医学部合格という観点だけで見ると不利になるというのが多くの高校生を指導してきた経験から断言できることです。

浪人年数を重ねると医学部受験は不利になる

医学部では、浪人年数が多い受験生は不利になる大学があります。むしろ、点数が並んでいると現役生が有利である医学部が多いように感じます。

そのため、現役生のときは学校生活を楽しみ、浪人してから勉強に専念すればいいと考えている人は、真剣に医学部合格を目指すのであれば考え方が甘いといえます。

 

医学部は本来は現役生に有利であるにも関わらず、現役で医学部に合格できる人が少ないのです。いかに医学部に合格するための学力を現役生で身につけることが難しいかがわかります。

浪人になって医学部専門予備校に通うくらいなら、高校1年生や中学生の頃から医学部に特化した勉強を

高校1年生あるいは中学生のときから医学部に特化した勉強を開始すれば、かなり有利に勉強を進めていくことが可能です。

特に、勉強習慣がつくことは非常に大切で、高校3年間勉強してこなかった方が浪人して勉強を開始すると、効率良い勉強習慣がつくまでに数ヶ月かかってしまうことがあります。

医学部専門予備校では、医学部に特化した指導を早くから受けることができ医学部合格への勉強を最短効率化することができます。

浪人が決まってからあわてて医学部専門予備校に通うのではなく、早めに医学部受験の勉強を開始し、現役で合格することを目指しましょう。

金銭的なことを考えても、結果的にはその方がかえって得することも多いといえます。

 

医学部予備校に関する情報のまとめやおすすめランキングは合格実績と学費で評価した医学部予備校・塾ランキングをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました