医師のキャリア(初期臨床研修終了後)

【印刷用】医学部受験情報の無料PDF資料プレゼント中!

医学部最新情報のPDF資料を無料でプレゼントしています。

【PDF資料例】
偏差値ランキング/共通テストボーダー・足切り/学費ランキング

医学部受験生必携の資料集となります。
PDF資料のため印刷してお使いいただくことも可能です。

無料プレゼントのお申込みはこちら

後期臨床研修とは

医学部は6年制です。6年生で卒業試験に合格すると、医師国家試験を受けることが出来ます。

しかし、医師国家試験に合格し医師免許取得をしたら直ちに医師として活動出来る訳ではありません。医師免許取得後に2年間初期臨床研修を受けることが法律で定められているからです。

初期臨床研修を受けた後は、3~4年ほど後期臨床研修を受けることになります。初期臨床研修とは異なり、後期臨床研修は法律では義務づけられていません。ですので、後期臨床研修を行わず、臨床医として働いたり、開業することももちろん可能です。

しかし、後期臨床研修を行うことにより、専門的な知識や技術を身に付け、認定医や専門医の資格を取得するのが一般的です。専門医の資格を取得することにより、希望の病院で就職しやすくなり、給与も高くなるというメリットがあります。

医学部入学から卒業、研修終了までの流れについて

初期臨床研修について、研修病院の倍率

後期臨床研修はどこで受けるのか

後期臨床研修は民間病院にて受けることも可能ですが、一般的には各大学の医局にて行います。大学病院では、研究や教育にも携わる場合があるため、自分の医師としてのキャリアや、習得したい分野をふまえて希望の医局を選びます。

医局で後期臨床研修を行う場合、初期臨床研修とは異なり、ペーパーテストなどは通常課せられません。また、余程人気の高い医局でない限り、それほど高い倍率がある訳でもありませんので、制度的には自由に後期臨床研修を行う医局を選ぶことが出来ます。

しかし、やはり医局にはその大学の出身医師や、教授の出身大学の医師が多くなるという傾向にあるため、選べる医局は科によってある程度制限されているのが実状です。

認定医・専門医の資格がキャリアにもたらす影響

認定医や専門医は国家資格ではないので、取得していないと行えない医療行為などは基本的にはありません。

しかし、病院で就職する際やアルバイトを行う際に、病院側が認定医や専門医を取得していることを指定していることがあります。専門医の資格さえ持っていれば、ほとんど制限なく希望の病院に就職出来るということが最大のメリットです。

また、認定医や専門医の資格を取得していると、より専門的な知識や技術を有しているということから、時給が高くなるなど報酬上のメリットもあります。

自身で開業する場合も、認定医や専門医の資格を取得していると、いわゆる箔が付くというメリットもあります。

以上のように、後期臨床研修を行い、認定医や専門医の資格を取得することは、医師としてのキャリアのばすために役立ちます。ですので、多くの医師が専門医の取得までを目標にしていることが多いのです。

認定医とは

認定医とは、各学会によって認定された医師のことです。各学会で定められた条件を満たすことによって取得することができます。

例えば内科認定医の資格は、下記の条件を満たすことにより、内科認定医医師資格試験の受験資格が与えられ、試験に合格することで取得することができます。

受験資格

以下の1~8を全て満たす者。

1 日本国の医師免許を有していること。

2 内科学会会員であること。

3 2016年度までの会費を完納すること

4 受験料を出願期間内に完納すること

5 内科学会認定教育施設において、下記のAまたはBの研修歴を有すること

A 2003年(平成15年)以前の医師国家試験合格者の場合
次記の1~4のいずれかに該当する内科研修歴を有し,内科全般の研修を修了した者.
1.教育病院(内科臨床大学院含む)での研修3年以上.
2.教育病院(内科臨床大学院含む)での研修2年以上 + 教育関連病院での研修1年以上 = 計3年以上.
3.教育病院(内科臨床大学院含む)での研修1年以上 + 教育関連病院での研修3年以上 = 計4年以上.
4.教育関連病院での研修5年以上.

B 2004年(平成16年)以後の医師国家試験合格者の場合
次記の1,2のいずれかに該当する内科研修歴を有し,内科全般の研修を修了した者.
1.臨床研修2年 +教育病院(内科臨床大学院含む)での内科研修1年以上 = 計3年以上(その内18 か月間以上,内科研修していること)
2.臨床研修2年 +教育関連病院での内科研修1年以上 = 計3年以上(その内18か月間以上,内科研修していること

6 病歴要約一式(18症例分)を不備なく提出できること

7 受持ち症例について筆頭演者として口頭発表した実績があること

8 医師免許取得後に救急蘇生講習会を受講していること

専門医とは

専門医とは、認定医よりさらに高度な知識や技量や経験を持つ医師として学会により認定された医師のことです。専門医の資格を持っていれば、ほとんど制限なく就職できます。

専門医の種類は多岐にわたり、それぞれの学会ごとに取得方法が定められています。

例えば、総合内科専門医になるにはまず認定内科医の資格を取得する必要があります。そして、各条件を満たして受験資格を得て、願書を提出し、年会費・出願・受験料等を振込み、試験に合格することにより、総合内科専門医となることが出来ます。

専門医の受験資格

1 認定内科医と認定されていること
2 2016年度までの年会費を完納すること
3 受験料を出願期間内に完納すること
4 認定内科医の資格を取得後に下記AタイプまたはBタイプのいずれかの内科臨床研修歴を有すること
(試験日までに修了見込みの者も含む)
  Aタイプ・・・教育病院1年以上を含む、合計3年間以上の内科臨床研修

  Bタイプ・・・教育病院1年未満を含む、合計5年間以上の内科臨床研修

5 病歴要約一式(20~22症例分)を不備なく提出できること
6 2件以上の発表業績(症例報告または臨床研究)を有すること

 

【10/16】「合否に直結〜医学部受験の誤った情報16選」無料ウェブセミナー

10/16に「合否に直結〜医学部受験の誤った情報16選」のウェブセミナーを開催します。
300名以上の医学部合格者を指導してきた医師が、医学部受験における誤っている情報について解説します。
受験校に関することなど合否に直結する内容に絞って詳しく解説します!

お申し込みはこちら↓↓

医学部受験ウェブセミナー

医師が指導/東京で最も安い学費【エースアカデミー】

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導
2.最難関医学部まで到達可能な課題作成
3.医学部予備校で最も安い学費を実現
浪人生:月額10万円
(特待生:月額5万円)
高校生:月額5-7万円
通信生:月額3万円

LINEタイムラインで毎日配信!

LINEにて、医師が医学部受験に関するご質問に回答し毎日タイムラインで配信しています!↓↓

 

ブログ運営者の公式twitter

医師のキャリア
医学部受験バイブル
タイトルとURLをコピーしました