特待制度スタート。通塾コース月5万円。
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

医学部地域枠受験・東京都枠について

毎年生徒から受ける相談の1つに、地域枠の医学部受験に関する相談があります。

関東の医学部でも、順天堂大学、杏林大学、帝京大学、東京医科大学、慈恵医大、東邦大学、日本医科大学、筑波大学、群馬大学、東京医科歯科大学、獨協医科大学、埼玉医科大学、北里大学、東海大学、横浜市立大学などが地域枠受験を受け付けています。

地域枠受験のメリット

地域枠受験は、各都道府県が設定しており、地域の医師不足を解消するため、指定する医療機関あるいは科(産婦人科・小児科・救急などが多い)で勤務することを前提に医学部6年間の学費の全額あるいは一部を負担してくれるというものです。

私立医学部の学費は非常に高額であるため、学費のサポートが得られる点で地域枠受験はメリットがあります。

地域枠受験のデメリット

しかし、地域枠で注意しなければいけないのは、条件があることです。

多くは下記のようになっています。

「大学卒業後、直ちに知事の定める医療機関で9年間勤務(臨床研修期間を含む)すること。(うち半分の期間は「医師不足地域の医療機関」での勤務)」

学費を負担してくれるのは相当魅力的ですが、医師の立場からすると、この条件は結構厳しいのが正直なところです。

多くの医師は医学生あるいは初期研修中に将来進みたい科や研修を受けたい病院、医局などを考えてゆっくり決めていきます。

しかし、この地域枠では医学生になる前からすでに科や勤務先病院を9年間も決められてしまうのです。(一応いくつかから選択する権利がありますが、相当少なくなります。)

卒後9年間といえば、初期研修、後期研修も終わっているので当然医局にも入っている時期ですから、そのような重要な選択の権利がかなり限られてしまうことになります。

実際に地域枠で医学部入学し、卒業した友人や後輩からは、あまり満足していないという声を聞いています。

これらのデメリットをしっかり考えた上で地域枠受験をするか検討するようにしてください。

東京都枠について

さらに、東京都が行っている東京都枠という医学部受験もあります。

東京都枠については塾生にも多く相談されることですので、今回再度改めて都枠で入学した医学生および順天堂大学の医師にリサーチを行いました。

・学費免除+月額10万円が支給されるため金銭的にはかなり有利
・救急、小児、産婦人科、僻地から科を選択し卒後9年間(初期研修含む)は従事する。
・初期研修は入学した大学病院で行う。これは通常通りローテーションし各科を研修する。
・勤務先病院は都立病院になるため悪くなく、小児や産婦人科など希望の科がある場合はむしろよい待遇ともいえる。
・在学中や初期研修で希望する科が変わる可能性は当然ある。
・自治医大のように、卒業後予想していなかった指令や縛りがある可能性はゼロではない。
・平成 22年入学が都枠1期生であり、キャリア等にどういった影響があるかはこれからわかってくる。
・都枠や地域枠は医師不足を解消する目的につくられた制度なので、自由度は低いと考えられる。今後医師不足がさらに進んだ場合、まっさきに移動対象になる可能性がある。
・都枠を申し込んだ時点で、合格したら入学することを契約することになるため、入学の取り消しはゆるされない。
そのため、国公立医学部を志望する受験生は滑り止め感覚で都枠を受験することはできない。

まとめると下記になります。

東京都枠をおすすめできる人は、

・金銭的に私立医学部に通学することができない。
・救急、小児科、産婦人科、僻地のいずれかに強い興味があり、今後希望科を変更しない自信がある。
・キャリアアップや自由に関心がなく、医師として勤務できればよい。

逆にそれ以外の方は、卒後9年間という縛りは医学部6年を含めトータル15年にもおよび、今後医療の需要も変わり、専門医制度などの変更もある状況で全く予想することができないためおすすめしないと考えられます。

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.週に1回、生徒個別に課題を作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を作成しています。

例年、国公立・難関私大を含む医学部合格者を多数輩出し、豊富なデータを蓄積しています。
実際に医学部に進学した卒業生のデータをもとに、医学部に合格するための課題作成を生徒個別に行っています。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円、通信生は月額3万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。
(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました