2020.11.7(土)入塾説明会、ウェブセミナー(無料)
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

【埼玉医科大学推薦入試】 合格者が教える受験情報&アドバイス

現役で埼玉医科大学に推薦入試で合格された医学生にヒアリングを行いました。

【1000円】医学部推薦入試の対策講座(オンライン)

医学部推薦入試対策講座(オンライン)はこちら!

オンライン講座にて、埼玉医科大学の推薦入試に合格した医学生によるアドバイス動画も提供しています!
医学部の推薦入試対策講座をリリースしました!〜医学部予備校ACE Academy

埼玉医科大学の推薦入試の受験情報

指定校枠

募集人数:5名

募集要件:1浪まで。評定平均総合3.8以上で、数学・理科・外国語がそれぞれ3.8 以上。

一般公募枠

募集人数:14名

募集要件:1浪まで。評定平均総合4.0以上で、数学・理科・外国語がそれぞれ4.0以上。

埼玉県地域枠

募集人数:19名

募集要件:1浪まで。評定平均総合4.0以上で、数学・理科・外国語がそれぞれ4.0以上。
(指定校出身者は評定平均総合3.8以上で、数学・理科・外国語がそれぞれ3.8 以上。)

・「埼玉県地域枠医学生奨学金」の貸与を受け、卒業後、埼玉県並びに本学が指定する医療機関又は特定診療科に医師として勤務することが誓約できる者

特別枠

募集人数:2名

募集要件:1浪まで。
・英語資格検定試験の好成績取得者【英検1級、TOEFL(ITP・PBT)600 以上、TOEFL iBT 100 以上、TOEFL CBT 250 以上、TOEIC 900 以上、IELTS 7.0 以上など】、あるいは科学オリンピックなどに参加し好成績を収めた者。

選抜方法

適性検査Ⅰ(学科試験)

数学:1A2B。30分、配点20点。

理科:物理、化学、生物から2教科選択。60分、配点40点(20点×2)。

英語:30分、配点20点。

適性検査Ⅱ(小論文)

30分、配点20点。

面接

面接試験の前に面接票の記入あり。

物理、化学、生物から2教科選択。
60分、配点40点(20点×2)。

埼玉医科大学の推薦入試を選んだ理由

わたしは生まれも育ちも埼玉で、家族にも埼玉医大に縁のある者がいたため埼玉医大の受験を検討していたところ、高校が指定校だったため指定校枠での推薦での出願を決めました。

また実家が埼玉医科大学から近くにあるため、将来も埼玉に残って働きたいという思いもあり地域枠での出願を行いました。

評定について

評定は4.6程度でした。

願書(自己推薦文)について

大学および地域枠の志望動機について400字で記載しました。

医学部の志望理由に地域医療のことも絡めて記載しました。

面接では願書を見ながら質問されることもあったので願書はコピーをとっておいて準備をしておくとよいと思います。

筆記試験について

全部記述式の問題でした。
数3は範囲外で、理科も教科書の後半にあるような分野は出題されませんでした。化学は無機有機は出題されませんでした。

いずれの教科もとききることができましたが、時間はぎりぎりでした。

難易度はセンター試験よりも簡単めで教科書のレベルという印象でした。
手応え的にもよかった印象です。

 

数学:すべて小問集合でした。

化学生物:論述があったり計算問題があるなど、一般的な記述の問題でした。

文法、長文2つ、自由英作文(80word)でした。

小論文について

国語の現代文の記述問題のような形式でした。
文章を読んで150〜200字程度の記述する設問が4問ありました。

当時は時間が60分だったのですが今年の入試要項では30分になっているので設問数や傾向など変わる可能性はあると思います。

文章が小説だったり英語の歌詞が出題されるなど、医療系の文章ではなかったのでやや回答に困る設問でした。

あまり手応えはなくとりあえず埋めたという印象です。

個人面接について

受験生1人、面接官3名の個人面接の形式でした。1回10-15分程度でした。
地域枠だったため埼玉県の方との面接もあり、合計2回の面接でした。

<面接票>
面接の前に20分程度で面接票を記載しました。時間がなくて全ては書き終わりませんでした。
・医師の志望理由
・大学の志望理由
・高校で頑張ったこと
・友人関係で大切にしていること
・入学後に頑張りたいこと

<質問内容>
まず面接票の内容についてや、追加で突っ込んで複数聞かれました。
ほかには、下記などについて聞かれました。
・体力に自信はあるか?
・本は読みますか?
・高校の部活について
・友人や親はご自身についてどう思っていると思いますか?

 

雰囲気は私のときはとても優しかったです。
ただ友人の中には結構圧迫気味の人もいたので部屋によって違う印象です。

 

<地域枠での埼玉件の職員の方との面接>

埼玉医科大学の先生との面接のあとすぐに地域枠の面接がありました。

・埼玉に残る気があるかについての質問が複数ありました。
・将来の希望する科や海外留学をしたいかなど、医師としての将来の希望についても聞かれました。

アドバイス

学科試験自体は基本的な内容なので特別な対策は必要ないと思いますが、基本的なことの復習はしておくとよいかと思います。

国公立・私立医学部推薦入試情報まとめ

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出しています。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

学費以外の追加料金は一切ありません。
浪人生:月額10万円(特待生は月額5万円) 高校生:月額5-7万円 通信生:月額3万円

塾生専用ページでは、さらに詳しい資料をご覧いただけます

医学部予備校ACE Academyでは、塾生限定公開の「塾生専用ページ」に沿って学習していただいています。

塾生専用ページでは、より具体的な勉強方法、問題集ごとの進め方、試験の解き方、問題集のオリジナル解説集、受験校の選び方など、さらに掘り下げた情報をご覧いただけます。

*こちらの動画で全資料内容を解説しています。

 

LINE@で情報配信中!

公式LINEのタイムラインでは、ほぼ毎日最新情報を更新しています。
医学部受験の最新情報や、質問への回答動画をご覧いただけます。

友だち追加

YouTubeチャンネルはこちら。
ブログ記事の解説や質問への回答を配信しています。
YouTubeチャンネル

ブログ運営者の公式twitter

医学部受験情報まとめ
医学部受験バイブル
タイトルとURLをコピーしました