2ヶ月で150名が参加!無料ウェブセミナー
1/23「共通テスト結果分析と国立医学部の出願選び」
医学部予備校ACE Academy

医師が運営指導。都内で最も安い医学部予備校

・国立、難関医学部の実績多数
・通塾:月5〜10万円
・通信:月3万円
公式ホームページはこちら

【筑波大学医学部推薦入試】合格者が教える受験情報&アドバイス

この記事は、筑波大学医学部の一般推薦入試に合格した医学生講師が執筆しています。

【1000円】医学部推薦入試の対策講座(オンライン)

学部推薦入試対策講座(オンライン)はこちら!

オンライン講座にて、筑波大学の推薦入試に合格した医学生によるアドバイス動画も提供しています!
医学部の推薦入試対策講座をリリースしました!〜医学部予備校ACE Academy

筑波大学医学部推薦入試の受験情報

一般推薦

募集人数:44名

募集要件:現役のみ。評定平均A段階以上。

選抜方法
出願書類、小論文(学科試験)、適性検査(1)、適性検査(2):個人面接

地域枠推薦

募集人数:18名

募集要件:1浪まで。評定平均A段階以上。
・茨城県内の高校を卒業見込みの者、または茨城県外の高校を卒業見込みで、保護者が1年以上茨城県に居住している者。
・卒業後に茨城県が指定する医療機関で指定された期間従事する者。

選抜方法
出願書類、小論文(学科試験)、適性検査(1)、適性検査(2):個人面接

研究型人材

募集人数:若干名。

募集要件:現役のみ。
日本学生科学賞、高校生科学技術チャレンジ、「科学の芽」賞、国際科学オリンピック、化学の甲子園、学術論文執筆・発表等で指定の実績がある者、またはこれらと同等以上の優れた理系の研究を行った者。

選抜方法
第一次選考:書類
第二次選考:適性試験:筆記試験(60分)、面接口述試験(40分)
最終選考:共通テストで総合、数学、理科がそれぞれ概ね80%以上を合格基準とする。

筑波大学医学部の推薦入試を選んだ理由

中学生ごろから医学部を志望しており、先生にも伝えていたところ、高校生になって筑波大学医学部の推薦枠があるということを教えていただきました。

私の高校では3名の枠があり、希望者は2名だったので出願することができました。

願書(志望理由書)の作成

600時の志望理由書の提出がありました。
作成については、学校の先生に添削をお願いしました。

医師を目指したきっかけを簡潔かつ明確に書いたうえで、なぜ他の医療職ではなく医師になりたいのか、なぜ筑波大学を選んだのかを盛り込んで記載しました。

筑波大学は地域医療に力をいれていることもあり、地域医療に関心をもっていることを記載しました。

小論文:学科試験

筑波大学の推薦入試は、毎年11月下旬に実施されます。
1日目が小論文・適性試験(1)
2日目が適性試験(2)
のように、2日間かけて行われます。

小論文は、英語数学理科(3科目のうち2科目選択)の学科試験です。

小論文は学科試験であったため、模擬試験と特に傾向も大きくはかわらないので、それに特化した対策はせず普段通りの勉強を心掛けました。

筑波大学推薦入試の赤本は書店で手に入るため、夏明けからは過去問演習にも取り組みました。

適性試験(1):性格テストのようなもの

適性試験(1)は近年に一般入試でも追加された性格テストのような試験です。
対策の方法はないので、本番に思うままに回答するしかないかなと思います。

適性試験(2):面接試験

適性試験(2)の形式は個人面接で、学生1人に対して面接官は2人でした。

やや改まった雰囲気で始まったため緊張しましたが、質問に答える際は面接官が相槌を打ってくださったのもあり、次第にリラックスすることができました。

聞かれた質問としては、
・志望理由
・高校生活の思い出
・自分のいいところ、悪いところ

などの一般的なものばかりで、答えに困るものはほとんどありませんでした

ただ、茨城県はあなたの出身地である首都圏と比べてとても田舎だがやっていけるか、あなたの育ちに合わないとは思わないかとの質問の答えにはやや詰まってしまいました。

面接ではコミュニケーション能力、どんな学生かに加え、茨城県での学生生活を無理なく送れそうかを見られているのだと思います。
遠方や都会出身の受験生はこの質問をされる傾向にあるので、自分なりの答えを考えておくといいでしょう。

行った面接対策

面接に対しては、大きく分けて2つの対策を行いました。

1つ目は面接マナーの対策、2つ目は、質問内容の対策です。

1つ目について
塾で模擬面接を行い、面接のマナーを教えていただきました。
具体的には、入室の際に挨拶と動作が同時になっていることや、話す際のテンポ等の指摘を受けました。

2つ目について
医学部の面接でよく聞かれる質問については、おおよその答えを考えその内容を塾で添削していただきました。

また、最近気になっているニュースについての質問に備え、本番約2週間前からは時間のある時に医療ニュースを調べました。ただ、どんなに対策をしても想定外の質問をされることはあるので、質問に対する考えをたくさん用意するのではなく、自分の考えをわかりやすく伝える練習を行うことを心掛けました。

受験生へのアドバイス

推薦入試は時期が早いこともあり受験生の皆さんは不安かと思いますが、面接は特別な対策を必要とするものではありません。

学科試験に向け、基礎の徹底を心がけた勉強を続けていきましょう。

筑波大学医学部合格体験記

国公立・私立医学部推薦入試情報まとめ

タイトルとURLをコピーしました