特待制度スタート。学費月5万円。
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

【医学部受験】不安への対処法&本番に強い人の考え方

医学部受験 不安への対処法

難しいことにチャレンジしていれば、不安に感じるのは当然のこと

まず大前提として、医学部合格は難しい挑戦です。
そして、難しい挑戦をする場合、不安を感じるのは当然のことです。
(例えば、エベレストに登頂するにあたって不安に感じない人はいませんよね。)

不安は目的を達成するか途中で諦めるまで消えることはありません。
不安を完全に無くすのは不可能なので、不安を抱えながらも前に進むことが大切になります。

漠然とした不安は紙に書き出して客観視する

受験が近づくにつれ、漠然とした不安を感じる受験生は少なくありません。
不安の原因が分からないまま放置してしまうと、夜眠れなくなったり、勉強が手につかなくなる場合もあります。

不安を解消するためには、まずは不安の原因を紙に書き出してみてください。
紙に書くことで客観視することができるようになります。

大きなことでも、些細なことでも構いません。考える限りの不安の原因となる要素をできるだけ具体的に挙げましょう。

例えば「合格できるのか不安」「このままでいいのか不安」といった内容では漠然としすぎて解決策が立てられません。
この場合は、

「合格できるのか不安」→「数学で点数が取れるか不安」→「特に数Ⅲが不安」→「微積が苦手ですらすら解けない・計算過程でよく間違える」→「今まで使っていた問題集を使って復習する」

というようにもう一歩踏み込んで考えてみることで、具体的な解決策を立てることができます。

どうしても不安な時は

今までの自分の頑張りを肯定する

どうしても不安な時は、今までの自分の頑張りを振り返ってみましょう。
これまでの努力が次々と思い浮かぶと思います。
自分の努力を肯定し、「こんなに勉強したのだからきっと大丈夫。」と信じることで自信につなげることができます

【試験本番】気を付けるポイント

①いい点数を取ろうとしない

本番に弱い人によくあるのが、試験本番でいつも以上の力を出そうとすることです。

いい点数を取ろうとしてしまうと、解けない問題が多い時にパニックになったり、解く必要のない問題にこだわって時間の使い方を誤ったりします。

ただでさえ試験本番は特有の緊張感もあり、いつもと同じように解くことすら容易ではありません。
試験本番いつも以上に力を出そうとすると、失敗するリスクだけ増大してしまい、全くメリットがありません。
いい点数を取ろうとせず、いつも通り解くことを目指しましょう。

②大きな失敗だけしないことを意識する

試験本番に最も意識すべきなのは、大きな失敗を避けることです。

大きな失敗とは、マークミスや受験番号の記入ミス、時間配分を考えずに解いて時間が足りず簡単な問題に手をつけられなかった…等々です。

このような失敗があると、他の受験生の多くが得点できるところで失点することになり、合格可能性は大きく下がります。

受験本番はとにかく大きな失敗を回避することを意識しましょう。
逆に、「基本事項を度忘れした」といった失点は受験生なら誰にでも起こり得るものですので、気にせず次に移りましょう。

③手ごたえがなくても自分から諦めない

手ごたえの良し悪しは、必ずしも合否に相関する訳ではありません。
実際、当塾の卒業生の中には、特定の科目の手ごたえが2-3割で医学部に合格した例も珍しくありません。

そもそも、「手ごたえがない=難易度が上がっただけ」の可能性が高いです。
難易度が上がると受験生の多くは解けない問題となり、結果的にそこでの失点は合否に関わらない場合もあります。

手ごたえがなくても途中であきらめてしまうのではなく、最後までいつも通りに解ききることが大切です。

受験本番の得点力を高める試験の解き方はこちら

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 これまで、慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出し、豊富なデータを蓄積しています。 実際に医学部に進学した卒業生のデータに基づき、生徒1人1人に最適なカリキュラム作成と課題管理を行います。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

「医学部受験において最高峰の指導をより安く」を理念とし、医学部専門予備校において最も安い学費を実現しています。 浪人生:月額10万円。高校生:月額5-7万円。通信生は月額3万円。 (短期講習などの追加費用も一切ございません。) また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。 詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました