特待制度スタート。学費月5万円。
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

2020 日本大学医学部合格発表

2/21に日本大学医学部の二次試験合格発表がありました。

当塾から4浪男性が正規合格されました。

一次通過者の得点率

生徒様の自己採点での得点率から、一次試験のボーダーは65%程度だったと思われます。
(あくまでも配点のわからない自己採点のため、正確な点数ではありません。)

全体的に解きづらい問題が多々出題されました。特に、理科に関しては難易度の高い試験だった印象です。

正規合格、二次試験合格者の得点率

生徒様の自己採点での得点率から、正規合格ボーダーは72-3%程度だったと予想されます。
(あくまでも配点のわからない自己採点のため、正確な点数ではありません。)

日本大学医学部の二次試験

適性検査、面接試験と小論文試験が行われます。
面接試験は、15分程度の個人面接(面接官は3人)です。
小論文試験は60分で800字程度の出題です。

具体的な二次試験対策については下記をご覧ください。

日本大学医学部の繰り上げについて

昨年の繰り上げ合格者数は120程度と予想されます。
(昨年、補欠110番代後半の生徒様に、3/30に繰り上げ合格通知が届きました。)

2年前は78名程度、3年前は92名でした。

上記のように、年によっても繰り上げ人数に差があります。

日本大学医学部合格者の使用した参考書

日本大学の正規合格者が実際に使用していた参考書は下記のとおりです。

数学:「基礎問題精講1A2B3」「合格る計算1A2B3」

化学:「宇宙一わかりやすい化学」「Excel化学(発展問題を除く)」

物理:「宇宙一わかりやすい物理」「体型物理(発展問題を除く)」

生物:「Excel生物」の標準問題まで

英語:「DUO」「ネクステージ」「基礎英文問題精講」「速読英単語必修編」

日本大学医学部の合格体験記

(卒業生講師)偏差値56、センター78%から成績を大きくのばし横浜市立大学、日医(特待)に合格
【2019】横浜市立大学医学部/日本医科大学(特待) 合格体験記(2浪・女性)

全教科基礎問題集のみの習得で複数の私立医学部に合格
【2019】杏林大学医学部 合格体験記(2浪・女性)

現役時から成績を大きく伸ばし昭和大学に合格
【2018】昭和大学医学部 合格体験記 (1浪・男性)

日本大学医学部の勉強法、対策法

日本大学医学部の面接小論文対策

日本大学医学部の受験情報

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 これまで、慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出し、豊富なデータを蓄積しています。 実際に医学部に進学した卒業生のデータに基づき、生徒1人1人に最適なカリキュラム作成と課題管理を行います。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

「医学部受験において最高峰の指導をより安く」を理念とし、医学部専門予備校において最も安い学費を実現しています。 浪人生:月額10万円。高校生:月額5-7万円。通信生は月額3万円。 (短期講習などの追加費用も一切ございません。) また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。 詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました