医大生有志が運営するLINE@はこちら!
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

愛知医科大学の面接小論文対策まとめ

愛知医科大学の面接対策

形式

個人面接  一般10~25分 センター利用10~15分 センター利用(愛知県地域特別枠) 25~30分

面接官:各3人

過去問

一般入試
・志望理由(医師)
・併願校について
・部活動について
・浪人生活について・多浪の原因
・長所と短所、そのエピソード
・リーダーにとって重要な点を3つ
・「責任」という言葉を使って、高校までの勉強と大学での勉強の違いを説明
・病院実習で学生には診てもらいたくないと患者に言われたらどうするか
・末期の患者にどう接するか
・今まで生きてきた中でやり直したいことはあるか、その理由
・「人はみな平等である」と言われたとき、何が平等だと思うか
・家族で自分を頼りにする人は誰か

センター利用
・併願校について
・センター試験の出来
・出身高校について
・部活動について
・投げやりになったとき、どのように対処するか
・リラックス方法
・「正直者がバカを見る」ということわざをどう思うか
・今応援したい人を3人挙げ、その理由も
・あなたが本学に入ったらどのような良いことがあるか
・絵を見て意見を述べる

センター利用(愛知県地域特別枠B方式)
・オープンキャンパスに来たことがあるか
・一般入試の結果・センター試験の得点について
・併願校について
・地域枠入学のメリットとデメリット
・愛知県に医師が足りていないのはなぜだと思うか
・地方と都市部の医療で何が違うと思うか
・自分が嫌な経験をして、相手から「私も同じ経験をしたことがある」と言われて嫌な気分になったことはあるか
・両親は厳しいか
・高校の科目で不安なもの、役に立たないと思った科目はあるか
・友人とけんかすることはあるか
・高齢者の事故を減らすための対策

愛知医科大学の小論文対策

形式

テーマ型 、図版問題 60分 600字(5段階評価)

過去問

・「壺の精への願い事 」(テーマ型)
・「人が不幸になる理由で共感できないもの」(図版問題)

愛知医科大学の合格体験記

愛知医科大学の情報まとめ

愛知医科大学の偏差値、学費、勉強法・対策法、面接小論文対策、合格体験記、学生生活、入試結果、合格発表等の受験情報はこちらをご覧ください。

医学部面接、小論文対策方法まとめ

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 これまで、慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出し、豊富なデータを蓄積しています。 実際に医学部に進学した卒業生のデータに基づき、生徒1人1人に最適なカリキュラム作成と課題管理を行います。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

「医学部受験において最高峰の指導をより安く」を理念とし、医学部専門予備校において最も安い学費を実現しています。 浪人生:月額10万円。高校生:月額5-7万円。通信生は月額3万円。 (短期講習などの追加費用も一切ございません。) また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。 詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。 <当塾の説明動画>
タイトルとURLをコピーしました