特待制度スタート。学費月5万円。
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

東海大学医学部の面接小論文対策まとめ

東海医学部の面接対策

形式

個人面接  15~20分

面接官:2人

過去問

・志望理由
・本学について知っていること
・併願校について
・地元について
・浪人した原因
・部活動で人と衝突したエピソードとそれをどう乗り越えたか
・10年後にどのような医師になっていたいか
・1人思い当たる親友の名前と尊敬しているところ
・今までで一番悲しかった別れ
・今までで一番うれしかったこと
・卒業後は関東に残るか

合格した卒業生のアドバイス

2人の面接官からそれぞれ質問され、答えていくという形式でした。

まず、医師志望理由と大学志望理由を聞かれました。次に、自分が願書に記載した、高校時代の活動や、部活動に関していくつか聞かれました。面接時間の中で、自分自身についての質問がほとんどで、特に高校時代の活動に多くの時間を費やしたと思います。いずれの質問も答えづらいものではなく、受験生の話を頷きながら聞いてくれる優しい雰囲気でした。一通り質問に答えた後には、余り時間を使って談笑をしたことが印象的でした。

上記のように全体的に和やかな雰囲気なので、会話の途中で予期していないことを聞かれた場合でも、落ち着いて答えられると思います。特に困るような質問はされないので、自分の考えや思ったことを素直に伝えればよいと思います。

準備しておいた方が良い点

医師志望理由、大学志望理由、高校時代の活動についてなど、典型的な質問に対する回答を準備しておけば大丈夫だと思います。特に自分が行ってきた活動など特徴的なことがあればれば掘り下げられることがあるので、自信をもって話せるよう準備しておくとよいと思います。

面接対策まとめ

典型的な質問や自分自身についての質問が多く、雰囲気も和やかなので、落ち着いて回答できると思います。

東海医学部の小論文対策

形式

テーマ型 、課題文読解型 500字以内 30分

過去問

・「働くパパママ川柳、大賞発表」(朝日新聞DIGITAL)を読み、自分の現在の状況や将来への意気込みを述べる
・「八木重吉のことば」(澤村修治)を読み、自分の現在の状況や将来への意気込みを述べる

合格した卒業生のアドバイス

課題文を読み、自分の現在の状況や将来への意気込みを述べるものでした。制限時間が短いので、試験が始まったらある程度時間を決めて取り組むとよいと思います。将来の意気込みを述べるよう指示がある場合は、自分の考えをまとめて書けばよいので、無理して良いことを書こうせずに思ったことを書くと書きやすいと思います。

小論文対策まとめ

課題文読解型で、与えられた文章に対する意見を書く形式なので、特別な対策は必要ないと思います。字数制限と時間配分に注意して考えたことを記述すれば大丈夫だと思います。

東海医学部の合格体験記

基礎問題集の習得のみで総合偏差値80以上に達し、国公立医学部に合格
【2019】浜松医科大学、国際医療福祉大学医学部 合格体験記(3浪・女性)

2年間通塾し東邦大学医学部に合格
【2018】東邦大学医学部 合格体験記 (1浪・男性)(2年通塾)

(卒業生講師)物理の苦手意識を払拭し、国際医療福祉大学に合格
【2018】国際医療福祉大学医学部 合格体験記 (1浪・女性)

東海大学医学部の情報まとめ

東海医学部の偏差値、学費、勉強法・対策法、面接小論文対策、合格体験記、学生生活、入試結果、合格発表等の受験情報はこちらをご覧ください。

医学部面接、小論文対策方法まとめ

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 これまで、慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出し、豊富なデータを蓄積しています。 実際に医学部に進学した卒業生のデータに基づき、生徒1人1人に最適なカリキュラム作成と課題管理を行います。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

「医学部受験において最高峰の指導をより安く」を理念とし、医学部専門予備校において最も安い学費を実現しています。 浪人生:月額10万円。高校生:月額5-7万円。通信生は月額3万円。 (短期講習などの追加費用も一切ございません。) また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。 詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました