医大生有志が運営するLINE@はこちら!
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

国際医療福祉大学医学部の面接小論文対策まとめ

国際医療福祉大学医学部の面接対策

形式

個人面接 30分×2回(1部屋30分ずつで2部屋)

面接官:各部屋3人

過去問

1回目

・医師志望理由
・本学志望理由
・昨年本学を受験しなかった理由
・併願校について
・志望理由書、調査書の内容の確認
・部活動について
・ボランティア活動経験の有無
・入学後、勉強以外でしたいこと
・初対面の人と話す際に気をつけていること
・家族に医療関係者はいるか
・チーム医療について
・国際性とは何か
・国際交流経験の有無
・海外で働く意志はあるか
・短所

2回目

・最近読んだ本
・最近気になるニュース
・出生前診断について
・末期の患者に余命を伝えるべきか
・高齢化に伴う認知症患者の増加にどう対応するか
・メディアリテラシーについて
・消費税増税について
・地球温暖化について
・受動喫煙について

合格した卒業生のアドバイス

最初の部屋は医師の志望理由、高校生活などの一般的な質問を30分間行い、次の部屋は時事問題について聞かれるという形式でした。どちらの部屋も30分ずつかけて行うため、一つの質問に対してかなり深くまで聞かれた印象でした。
二つ目の部屋では、前半は主に自分の興味のある時事問題について、後半は面接官の先生が用意したいくつかの時事問題について質問をされました。面接官から挙げられたニュースの中では内容が全く分からないものがいくつかありました。

しかし、正直にわからないと答えたところ、面接官の先生がわかりやすく教えてくださり、その内容を踏まえて自分の考えを述べることができました。内容が曖昧な場合は、どこまで知っていてどこからがわからないのか正直に答えるのが良いと思います。

準備しておいた方が良い点

志望理由や高校生活に関してなど、典型的な質問に対する答えを準備しておくとよいと思います。この際、面接では一つの質問に対して掘り下げて聞かれるため、きちんと理由も説明できるようにしておくようにしておきましょう。

また、「国際人とは」などの特徴のある質問もされる場合があるので、パンフレットなどを読んで準備をしておくとよいと思います。

面接対策まとめ

面接時間が30分×2と非常に長いため、一つ一つの話題に対して深くまで質問されます。答えをテンプレートのように準備しておくのではなく、きちんと理由も答えられるようにしておくことが重要になります。

国際医療福祉大学医学部の小論文対策

形式

テーマ型 60分 600字

過去問

・「自由貿易と保護貿易について論ぜよ」

合格した卒業生のアドバイス

小論文は一次試験にて行われます。
テーマが与えられて、それに関して思うことを60分で書くという形式でした。特別変わった形式というわけではないので極端に書きづらいということはおそらくないと思います。普段から、自分の考えを筋道立てて書くことができていれば特別な対策は必要ないと思います。

小論文対策まとめ

字数もそれほど多くはなく、内容も比較的書きやすいものなので特別な対策をする必要はないと思われます。

国際医療福祉大学医学部の合格体験記

国際医療福祉大学医学部の情報まとめ

国際医療福祉大学医学部の偏差値、学費、勉強法・対策法、面接小論文対策、合格体験記、学生生活、入試結果、合格発表等の受験情報はこちらをご覧ください。

医学部面接、小論文対策方法まとめ

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 これまで、慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出し、豊富なデータを蓄積しています。 実際に医学部に進学した卒業生のデータに基づき、生徒1人1人に最適なカリキュラム作成と課題管理を行います。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

「医学部受験において最高峰の指導をより安く」を理念とし、医学部専門予備校において最も安い学費を実現しています。 浪人生:月額10万円。高校生:月額5-7万円。通信生は月額3万円。 (短期講習などの追加費用も一切ございません。) また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。 詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。 <当塾の説明動画>
タイトルとURLをコピーしました