医大生有志が運営するLINE@はこちら!
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

【医学部受験】モチベーション、やる気が上がらない時の対処法

<関連動画>

【医学部受験】医学部合格に必要な努力について
【医学部受験】努力を続けるコツ〜覚悟を決める〜

モチベーションが上がらないのは悪いことではない

医学部受験を目指す学生からは、勉強以外にも様々な悩みの相談を受けます。
中でも「モチベーションが保てない」というのは、よくある相談のうちの一つです。

「どうしたらモチベーションを保って受験勉強できるのか」、これに対する回答はいたってシンプルです。

結論からいうと、モチベーションを常に一定に保つことはできません。

人間だれしも、体調や気分に波があるのは当然です。
常に同じテンションを保てる人、やる気が毎日みなぎっているなんて人を私は見たことがありません。

「モチベーションが上がらない」「今日はなんだかやる気がでない」というのは、あくまでも当然のことであり、悪いことではありません。

無理にモチベーションを上げる必要はない

モチベーションに左右されない

では何が問題なのかというと、「モチベーションが上がらないことを勉強しない言い訳にする」ことです。

例えば毎日手術の予定が入っている外科医がいるとします。
この外科医がその日の気分や体調で
「今日は何となくやる気がでない。手術は明日に延期だ!」
と言い出したらどうでしょうか。
この外科医は間違いなくクビになります。

どんなに気分がさえなくても、外科医は手術をやらなくてはいけません。

医学部受験生も同じです。
長い受験生活においてモチベーションが低い日もあるとは思いますが、そんな日もいつもと同じように勉強することが大事です。

好きだからではなく、必要だから勉強する

そもそも医学部受験生の中で、「勉強が大好きだ」という生徒はどれくらいいるでしょうか。
経験から言うとそんな人はほとんどいません。

医学部受験は科目も多岐にわたり、習得しなければいけない量も膨大です。
理系文系関係なく勉強をしなければいけないため、好きな教科や単元だけやっていても絶対に合格できません。

どんなに嫌でも「医学部合格に必要なこと」だから、勉強をしているのです。

モチベーションが上がらないことを言い訳にせず、淡々と一定のリズムで毎日勉強することが大切です。

とはいえ、「モチベーションに関係なく毎日勉強を続ける」ことは、簡単なことではないと思います。

「やり続ける」ために最も有効なのは「勉強せざるを得ない環境をつくる」ことです。

勉強することが当たり前である環境に身を置く

当塾は医学部受験生しか受け入れをしません。
そして講師は医学部受験に成功した医大生のみです。

それは全員医学部受験生(もしくは医学部受験経験者)であるという環境をつくることが、合格への近道だからです。

こんな話を現役受験生から聞いたことがあります。

「うちは進学校ではないから、周理の友達はみんな勉強していない。
だから周りに合わせていると、全然勉強をする時間がとれない。
勉強をしているとかえって浮いてしまう」

医学部受験生は当然ながら、医学部に合格するため必死に勉強をします。

全員が医学部受験生という場では、「勉強していることが当たり前」の環境になるということです。

人間はどうしても楽な方、易しい方に流されやすい生き物です。
楽しくないことを一人で淡々と続けることは難しいことです。

恐らく当塾の生徒が勉強時間を確保できているのは、周りや講師が当たり前のように長時間勉強をしているという環境による影響が大きいと考えています。

勉強することを習慣化する

人は一度習慣化したことは、やらないとかえって違和感を抱く、という習性があります。
その習性を利用し、「勉強しないと違和感がある」状態を作り出すことができたら、こちらのものです。

例えば、「歯を磨く」という行為を考えてみてください。
一度習慣化してしまうと、「歯を磨かない」というのは違和感があり、やらずにはいられないですよね。

毎日の勉強を習慣づけていくと、「勉強していないと違和感がある」状態になります。
もちろん、すぐに習慣化することはできませんので、1ヶ月,2ヶ月と毎日勉強する必要があります。

最初は辛い、他のことをしたいと感じるかもしれませんが、一度習慣化してしまえば、勉強をすることは当たり前だと感じられるはずです。

まとめ

冒頭で述べた通り、モチベーションを完璧にコントロールすることはできません。

それを認めて諦め、
・モチベーションに関係なく勉強すること
・モチベーションの上下を勉強をサボる言い訳にしないこと
が大切です。

医学部受験のための勉強は、多くの受験生にとって、ちっとも楽しくないし、モチベーションが上がることではありません。
でもその勉強の先に待っている未来―「医学部合格」は自分自身が望んでいることです。

モチベーションに左右されずに勉強する習慣を身につけることができたら、医学部合格への第一歩となります。
まずは「毎日コンスタントに勉強すること」から始め、「勉強することが当たり前」という習慣をつくりましょう。

不安を感じた時の対処法はこちら

1年で医学部に合格する勉強法&おすすめ参考書

医師が執筆。医学部に合格するための勉強法・おすすめ参考書はこちら。

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 これまで、慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出し、豊富なデータを蓄積しています。 実際に医学部に進学した卒業生のデータに基づき、生徒1人1人に最適なカリキュラム作成と課題管理を行います。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

「医学部受験において最高峰の指導をより安く」を理念とし、医学部専門予備校において最も安い学費を実現しています。 浪人生:月額10万円。高校生:月額5-7万円。通信生は月額3万円。 (短期講習などの追加費用も一切ございません。) また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。 詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。 <当塾の説明動画>
タイトルとURLをコピーしました