2ヶ月で150名が参加!無料ウェブセミナー
1/23「共通テスト結果分析と国立医学部の出願選び」
医学部予備校ACE Academy

医師が運営指導。都内で最も安い医学部予備校

・国立、難関医学部の実績多数
・通塾:月5〜10万円
・通信:月3万円
公式ホームページはこちら

【2018】大阪医科大学 合格体験記(3浪・男性)

合格した医学部

大阪医科大学
近畿大学
兵庫医科大学

成績推移

2浪の終わりの3月に入塾(実質3浪開始時に入塾)。
2017年センター試験 英数理83.8%(数1A:89 数2B:97 化学:82 物理:87 英語筆記:148)
2016年第3回河合全統記述模試 偏差値 総合64.2(数学:67.9 化学:65.9 物理:60.1 英語:62.9)

今年の成績推移
(総合偏差値)
5月河合記述模試 66.2
8月河合記述模試 64.1
10月河合記述模試 66.7

センター試験本番 英数理85.0%(数1A:93 数2B:89 化学:85 物理:82 英語筆記:161)

受験結果

センター試験本番 英数理85.0%。
私立医学部二次試験は大阪医科大学、近畿大学、兵庫医科大学に合格した。

使用した問題集

数学:基礎問題精講、合格る計算、標準問題精講(例題のみ)。
英語:DUO、ネクステージ、基礎英文問題精講。
化学:宇宙一わかりやすい化学、Excel化学のみ。
物理:宇宙一わかりやすい物理、体系物理のみ。

問題集の習得と合否について

数学は応用問題集まで習得したが、他の合格体験記と比較しても特に必須だとは言えない。
また、英語と理科は基礎問題集のみの習得だったが、大阪医科大学、近畿大学、兵庫医科大学の3校に合格している。

成功要因

模試の成績やセンター試験の結果とも1年前と比較してやや向上した。
大きな成績の向上はなかったものの、私立医学部の合否は大きく改善している。
応用問題集に手をだすのではなく、1年通して基礎の徹底を行ったことが合格に大きく影響していると考えられる。

 

その他の医学部合格体験記は合格体験記一覧をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました