【2018】日本医科大学 合格体験記(1浪・女性)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

合格した医学部

日本医科大学
東海大学

成績推移

高3終わりの3月に入塾(実質1浪開始時に入塾)。
2017センター試験 英数理率85.2% (数1A:95 数2B:85 化学:77 生物:94 英語筆記:157 )
河合全統記述模試 総合偏差値66.3(数学65.6 化学66.1 生物68.0 英語65.5)

今年の成績推移
(総合偏差値)
5月河合記述模試 70.4
8月河合記述模試 68.1
10月河合記述模試 68.4

センター試験本番 英数理79.7% (数1A:79 数2B:92 化学:72 生物:75 英語筆記:160)

受験結果

センター試験本番 英数理79.7%。
私立医学部二次試験は日本医科大学、東海大学に合格した。
また、東邦大学の一次試験も通過した。

使用した問題集

数学:基礎問題精講、合格る計算、標準問題精講(例題のみ)。
英語:DUO、ネクステージ、基礎英文問題精講、基礎英語長文問題精講、速読英単語(必修編)。
化学:宇宙一わかりやすい化学、Excel化学のみ。
生物:大森生物、Excel生物のみ。

問題集の習得と合否について

数学のみ応用問題集まで習得したが、英語と化学生物は基礎問題集のみの習得を行った。
医学部合格に応用問題集の習得は必須ではなく、本生徒においても日本医科大学、東海大学の2校に合格し、東邦大学の一次試験にも通過している。

成功要因

本生徒は元々の成績もよく、入塾後の総合偏差値68以上に達した。

しかし、センター試験本番は昨年より大きく下がる結果となってしまった。
センター受験後の本人の振り返りがあるので一部引用する。

「普段の過去問演習ではスムーズに解いてしまっていたので、(センター本番で)焦ってしまったときにうまく対応できなかった。
(私立医学部の本番に向けて)本番の辛い状況を想定し、やや焦っている状態で取り組み、それに対する反省、改善も行うようにする。」

他にもかなりの長文でしっかり振り返りを送ってくれているが、過去問演習の数をこなしてスムーズに解けるようになってしまうと、逆効果になることもあるという例である。

実際当塾の経験としても過去問演習を闇雲に行ってもメリットは全くなく、むしろ本番でカンが狂うことや復習に時間をまわせないことのデメリットになることが圧倒的に多い。

本生徒はセンター本番での失敗をしっかり振り返り私立医学部本番に活かすことで日本医科大学に合格している。
このようにセンター本番では失敗してしまったが、そのときの振り返りを元に私立医学部でしっかり合格した卒業生も少なくない。

逆に普段から分析力を鍛えておかないと、センター試験で失敗したことでメンタルがやられてしまい私立医学部もすべて不合格になることがある。

本生徒はセンター試験で失敗してしまったことは当塾としても反省点といえるが、センター試験の失敗をむしろ私立医学部の成功につなげた点に関しては本人の分析力や最後まで諦めない姿勢の賜物であるといえる。

 

その他の医学部合格体験記は合格体験記一覧をご覧ください。

医学部予備校ACE Academyにて私立医学部へ合格するための個別課題管理を行っています。医学部合格を目指している方はご相談ください。

 

LINE@(ID:@aceacademyで検索)にて医学部受験の有益な情報を配信しています。

友だち追加

twitterのフォローはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る