特待制度スタート。通塾コース月5万円。
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

【2018】東海大学医学部 合格体験記(2浪・男性(2年通塾))

合格した医学部

東海大学
埼玉医科大学

成績推移

高3終わりの3月に入塾(実質1浪開始時に入塾)。2年間通塾し2浪で上記医学部に合格となった。
高3時の第3回河合全統記述模試 総合偏差値46.3(数学45.7 化学43.2 物理43.9 英語52.5)

1年目成績
2017年センター試験(1年目) 英数理79.6% (数1A:85 数2B:84 化学:74 物理:83 英語筆記:152)

今年の成績推移
(総合偏差値)
5月河合記述模試 62.7
8月河合記述模試 64.4
10月河合記述模試 66.9

センター試験本番 英数理85.7% (数1A:80 数2B:88 化学:84 物理:86 英語筆記:176)

受験結果

センター試験本番 英数理85.7%。
私立医学部二次試験は東海大学、埼玉医科大学に合格した。
また、聖マリアンナ医科大学、岩手医科大学の一次試験も通過した。

使用した問題集

数学:基礎問題精講、合格る計算、標準問題精講(例題のみ、2Bまで)。
英語:DUO、ネクステージ、基礎英文問題精講、速読英単語(必修編)。
化学:宇宙一わかりやすい化学、Excel化学のみ。
物理:宇宙一わかりやすい物理、体系物理、名問の森(力学・熱・波動編のみ)。

問題集の習得と合否について

本生徒は2年間通塾していたため時間的余裕もあったため数学1A、2Bと物理の一部は応用問題集まで習得したが、その他は基礎問題集のみ習得を行った。
医学部合格に応用問題集の習得は必須ではなく、本生徒においても英語、化学は基礎問題集の習得のみで東海大学医学部、埼玉医科大学の2校に合格した。その他、聖マリアンナ医科大学、岩手医科大学の2校の一次試験も通過している。

成功要因

本生徒は1浪開始時に入塾し、2年間通塾した。
1浪開始時の成績は総合偏差値46.3(数学45.7 化学43.2 物理43.9 英語52.5)といずれの教科も基礎からできていない状態での入塾となった。

1浪終了時にセンター試験英数理で79.6%を得点するまで向上したが私立医学部の一次通過もない結果となった。

2浪目では最終模試の総合偏差値66.9まで向上し、センター試験も英数理で85.7%を得点した。
また私立医学部は4校の一次試験に通過し、東海大学、埼玉医科大学の2校に合格した。

入塾時の成績が非常に低かったため2年間かかってしまったが、上記のような成績からでも2年間で基本を徹底することで、私立医学部に複数合格できた例といえる。

 

その他の医学部合格体験記は合格体験記一覧をご覧ください。

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.週に1回、生徒個別に課題を作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を作成しています。

例年、国公立・難関私大を含む医学部合格者を多数輩出し、豊富なデータを蓄積しています。
実際に医学部に進学した卒業生のデータをもとに、医学部に合格するための課題作成を生徒個別に行っています。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円、通信生は月額3万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。
(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました