【2016】横浜市立大学医学部 合格体験記(2浪・女性)

偏差値推移

入塾前偏差値:66.8
最終偏差値:71.7

指導内容について

横浜市立大学は計算が複雑な問題が出題され、もともと数学がそこまで得意ではなかったのですが、日々の計算練習で計算力を鍛えたことがとても役に立ったと思います。

また個別の課題作成によって無駄なく自分の勉強に専念できたのはとてもよかったです。夏頃に理科の偏差値が70をこえたときはとても自信がつきました。

講師のサポートについて

数学の難しい問題に対応できるようになったのは、わからない質問に対して的確に教えていただいたからだと思っています。

また勉強方法に不安になったとき何度も相談できたのは安心できました。

面接・小論文対策について

私立医学部も受験しましたが、それぞれの大学に向けて個別で面接や小論文の指導・添削をしていただきました。

医学部予備校ACE Academyで学んだこと

一浪のときは大手予備校にかよっていたのですが、ACE Academyでは講義がないため自分で勉強を進めることが大切なんだと早い段階に気づき、国公立医学部に合格するための問題集も最初から明確にわかっていたため、自分次第なんだと自覚して勉強できたことがとてもよかったです。

無事合格したあとお礼にいったのですが、そのときに「自分の力で合格したんだから自信もって」といっていただいたのはとても嬉しかったです。

医学部予備校ACE Academyの良かった点

自分のための課題をつくっていただいたので常に安心して勉強に取り組めたのが一番大きかったです。一浪のときは授業をうけていて、勉強がこれでいいのかなあと不安を抱えていたので。

 

その他の医学部合格体験記は合格体験記一覧をご覧ください。

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.週に1回、生徒個別に課題を作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を作成しています。

例年、国公立・難関私大を含む医学部合格者を多数輩出し、豊富なデータを蓄積しています。
実際に医学部に進学した卒業生のデータをもとに、医学部に合格するための課題作成を生徒個別に行っています。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円、通信生は月額3万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。
(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました