中学生の医学部勉強法・おすすめ参考書

【印刷用】医学部受験情報の無料PDF資料プレゼント中!

医学部最新情報のPDF資料を無料でプレゼントしています。

【PDF資料例】
偏差値ランキング/共通テストボーダー・足切り/学費ランキング

医学部受験生必携の資料集となります。
PDF資料のため印刷してお使いいただくことも可能です。

無料プレゼントのお申込みはこちら

中学生から医学部合格に向けた勉強を行うことの重要性

医学部受験に特化した勉強を中学生から開始するメリットは大きい

医学部受験に必要な勉強を中学生の時から開始するメリットは非常に大きいと考えます。中学生から少しずつ医学部受験に向けた勉強を開始することで、無理なく確実に基礎力をつけ、着実に高いレベルまで学力を高めていくことができます。

部活との両立も可能になりますし、勉強習慣が早くから身につくため学校の定期試験も含めて勉強の効率が上がります。

最難関医学部合格者の多くが中学生から勉強をしている

最難関医学部の合格者は、中高一貫校の受験生が多くを占めています。
中高一貫校では中学生の間から特に数学英語を高いレベルまで習得するカリキュラムをとっているところが多く、医学部受験において非常に有利といえます。

中学生の頃から勉強をしてきた人とそうでない人では、高校1年生になったときに、数学英語において歴然とした差がついてしまっているというのが現状です。
最難関医学部ではこうした受験生との勝負になるので、中学生の間に医学部受験に向けた勉強をしていないと最難関医学部に現役で合格できる可能性は低くなってしまいます。

早い時期に勉強習慣・自己管理力をつける

医学部受験において、早期から勉強習慣をつけることと自己管理力を鍛えることは非常に重要です。これらは一朝一夕で身につくものではなく、また時間をかけて取り組むほどどんどん強力になっていきます。

中学生から医学部受験に向けた勉強を開始することで、高校生になる頃には非常に高い自己管理力を習得することが可能です。結果としてトップレベルの学力になっていきます。

早い時期に勉強習慣をつけておくことは非常に大きいメリットがあります。

医学部受験は理系科目を網羅しており進路変更も容易

医学部受験に必要な教科は数学3までの数学、理科2教科、英語と理系科目を網羅しているため、高校生になって仮に医学部以外に進学したいと進路変更をすることになったとしても有利になることはあっても不利になることはありません。

中学生から勉強を開始しておくことで高校生になる頃には他の受験生に比べて有利な状況に立つことができます。

勉強以外の活動にも余裕をもって取り組める

これは中学生から医学部受験の勉強を開始する最大のメリットだと言えます。

高校2年生あたりから予備校や塾に通ったり医学部受験の勉強を慌てて開始する方は多いのですが、医学部受験に必要な科目は多く、どうしても手遅れになってしまいがちです。

中学生の頃から勉強を開始することで余裕をもつことができ、部活動など勉強以外の活動をしながら医学部受験の勉強を進めることができるようになります。

また、勉強を早期から開始することで勉強の効率も上がってくるため、学校の定期テストとの両立も効率よくこなすことができるようになります。

中学生用オススメ参考書・問題集

数学参考書・問題集

「体系数学シリーズ」

「チャート式体系数学シリーズ」

英語参考書・問題集

「くもんの英単語1500 (スーパーステップ)」

「くもんの中学英文法―中学1-3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)」

「くもんの中学英文読解―中学1-3年 (スーパーステップ)」

「くもんの中学基礎がため100%シリーズ 文法編」

「くもんのハイレベル中学英語―文法・作文 スーパーステップ」

国語参考書・問題集

「CD付 中学総合的研究 国語 三訂版」

「中学総合的研究問題集 国語読解 新装新版」

理科参考書・問題集

「中学総合的研究 理科 三訂版」

「中学総合的研究問題集 理科 改訂版」

社会参考書・問題集

「中学総合的研究 社会 三訂版」

「中学総合的研究問題集 社会 改訂版」

中学生から始める医学部受験現役合格に向けた勉強法

勉強戦略

特に国公立医学部は現役合格者が少ないのが現状ですが、これは中学3年間で勉強する分量と、高校3年間で勉強する分量に大きな差があることが大きな原因です。

国公立医学部に現役で多く合格実績のある中高一貫進学校では、中学1-2年生で中学生の全範囲を履修し、中学2-3年生にはもう高校の分野に入った学習を行っています。

この1-2年の先取りした学習が高校3年生になったときに大きなアドバンテージとなっています。

そのため、医学部を志望している中学生はできるだけ早い時期に中学分野を習得し、高校分野を先取りすることが重要です。

中学1-2年生

「中学生用オススメ参考書・問題集」を各教科習得する。

中学範囲の習得が終わったら‥

以下の記事を参考に先取り学習を進めていきます。

学校で習っていない・授業を聞いたことがない範囲でも、今はわかりやすく質の高い参考書がたくさん出版されていますので、自力で進めていくことは十分可能です。

自学自習は最も学習効率が高いため、中学生の時から「自分で問題を演習し、わからない箇所は調べて解決する」という習慣を身につけておくと、高校生になった時非常に役立ちます。

 

医学部に合格するための勉強方法・おすすめ参考書はこちら。

中高一貫生の塾選びのポイント

①勉強を習慣づける

「中学受験が終わってからは全然勉強していなくて‥‥」というご相談をよく耳にします。

現役医学部合格者に話を聞くと、「中学生の頃から勉強習慣をつけていた」と振り返る人が圧倒的に多いです。
中学生のうちから受験生のように本腰を入れて勉強時間を増やす必要はありませんが、一定以上の勉強量をキープしておくことが大切です。

なかなか自律して勉強するのが難しい場合、週に1回程度の指導を受けることで、それがペースメーカーとなり学習習慣が維持しやすくなります。

回数が多すぎると消化不良を招くなど、かえって逆効果になる可能性があります。
学校とのバランスも見ながら、両立可能な範囲で塾を利用するのがおすすめです。

②基礎固めを徹底する

意外に思われるかもしれませんが、医学部志望者が中学生のうちにやっておくべきことは応用問題演習ではなく基礎固めです。

実は、医学部受験では基礎力の有無が合否を大きく分けています。
基礎力が不足しているために不合格となるケースは非常に多く、中高ともに基礎固めは医学部受験の核となる部分です。

英語数学理科の中学範囲は、そのまま高校範囲の土台となります。
中学生のうちに基礎をしっかりと固め、穴をなくしてから高校範囲を習得していきましょう。

③先取り学習をする

中学範囲がしっかりと習得できたら、高校範囲を先取りしましょう。

学校の進度が早い場合は、学校に合わせて勉強していくのがおすすめです。
学校の進度が遅い場合は、自分で先に進めてしまいましょう。

学校で習ったことのない分野でも、講義型参考書を併用することで、基本的な問題集は十分習得することができます。

④医学部合格者から指導を受ける

医学部受験で最も難しいところは、「膨大な試験範囲に対し、全教科抜けなく習得する必要がある」という点です。

「難易度の高い問題が解けなくて落ちる」のではなく、「全範囲の習得が間に合わなくて不合格」「苦手教科が克服できずに不合格」となっているケースが多い、というのが医学部受験の現状です。

1科目1科目を”極める”必要はなく、総合点を上げるための戦略が重要になります。

実際に医学部に合格した医学部生から指導を受けることで、全体のバランスをみながら受験対策をすることができます。

医学部志望の中学生におすすめの塾

エースアカデミー では、医学生が教えるオンライン個別指導を行なっております。

特徴① 東大理3をはじめとする医学生が指導

医学部医学科に在籍する医学生のみが指導にあたります。

最難関の中学受験や高校受験を突破した医学生講師や、学校の評定5.0の講師も多数在籍しています。

特徴② 1時間3000円〜。業界最高峰の指導を格安で。

医学生による指導は高額であることが多く、一般的な個別指導塾ではそもそも医学生が在籍していないケースも珍しくありません。

医師、医学生のつながりが豊富にある当塾だからこそ実現できる価格です。

特徴③ 医学部への豊富な実績

医学部予備校ACE Academy(エースアカデミー)では、300名以上の医学部合格者を輩出しています。

生徒様の指導にあたり、医学部合格者の指導経験やノウハウを提供させていただきます。

特徴④ 医師である塾長のサポート

塾長(高梨)は医学部を卒業している医師であり、中学受験では灘中学、東大寺学園、洛南中学、洛星中学に合格。

自身の受験経験と300名以上の医学部合格者の指導経験をいかし、生徒様や保護者様の相談に回答させていただきます。

お申し込みはこちら

 

 

【10/16】「合否に直結〜医学部受験の誤った情報16選」無料ウェブセミナー

10/16に「合否に直結〜医学部受験の誤った情報16選」のウェブセミナーを開催します。
300名以上の医学部合格者を指導してきた医師が、医学部受験における誤っている情報について解説します。
受験校に関することなど合否に直結する内容に絞って詳しく解説します!

お申し込みはこちら↓↓

医学部受験ウェブセミナー

医師が指導/東京で最も安い学費【エースアカデミー】

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導
2.最難関医学部まで到達可能な課題作成
3.医学部予備校で最も安い学費を実現
浪人生:月額10万円
(特待生:月額5万円)
高校生:月額5-7万円
通信生:月額3万円

LINEタイムラインで毎日配信!

LINEにて、医師が医学部受験に関するご質問に回答し毎日タイムラインで配信しています!↓↓

 

ブログ運営者の公式twitter

医学部勉強法まとめ
医学部受験バイブル
タイトルとURLをコピーしました