中学生の医学部勉強法・おすすめ参考書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中学生から医学部合格に向けた勉強を行うことの重要性

医学部受験に特化した勉強を中学生から開始するメリットは大きい

医学部受験に必要な勉強を中学生の時から開始するメリットは非常に大きいと考えます。中学生から少しずつ医学部受験に向けた勉強を開始することで、無理なく確実に基礎力をつけ、着実に高いレベルまで学力を高めていくことができます。

部活との両立も可能になりますし、勉強習慣が早くから身につくため学校の定期試験も含めて勉強の効率が上がります。

最難関医学部合格者の多くが中学生から勉強をしている

最難関医学部の合格者は、中高一貫校の受験生が多くを占めています。中高一貫校では中学生の間から特に数学英語を高いレベルまで習得するカリキュラムをとっているところが多く、医学部受験において非常に有利といえます。

中学生の頃から勉強をしてきた人とそうでない人では、高校1年生になったときに、数学英語において歴然とした差がついてしまっているというのが現状です。最難関医学部ではこうした受験生との勝負になるので、中学生の間に医学部受験に向けた勉強をしていないと最難関医学部に現役で合格できる可能性は低くなってしまいます。

早い時期に勉強習慣・自己管理力をつける

医学部受験において、早期から勉強習慣をつけることと自己管理力を鍛えることは非常に重要です。これらは一朝一夕で身につくものではなく、また時間をかけて取り組むほどどんどん強力になっていきます。

中学生から医学部受験に向けた勉強を開始することで、高校生になる頃には非常に高い自己管理力を習得することが可能です。結果としてトップレベルの学力になっていきます。

早い時期に勉強習慣をつけておくことは非常に大きいメリットがあります。

医学部受験は理系科目を網羅しており進路変更も容易

医学部受験に必要な教科は数学3までの数学、理科2教科、英語と理系科目を網羅しているため、高校生になって仮に医学部以外に進学したいと進路変更をすることになったとしても有利になることはあっても不利になることはありません。

中学生から勉強を開始しておくことで高校生になる頃には他の受験生に比べて有利な状況に立つことができます。

勉強以外の活動にも余裕をもって取り組める

これは中学生から医学部受験の勉強を開始する最大のメリットだと言えます。

高校2年生あたりから予備校や塾に通ったり医学部受験の勉強を慌てて開始する方は多いのですが、医学部受験に必要な科目は多く、どうしても手遅れになってしまいがちです。

中学生の頃から勉強を開始することで余裕をもつことができ、部活動など勉強以外の活動をしながら医学部受験の勉強を進めることができるようになります。

また、勉強を早期から開始することで勉強の効率も上がってくるため、学校の定期テストとの両立も効率よくこなすことができるようになります。

中学生用オススメ参考書・問題集

数学参考書・問題集

「体系数学シリーズ」

「チャート式体系数学シリーズ」

英語参考書・問題集

「くもんの英単語1500 (スーパーステップ)」

「くもんの中学英文法―中学1-3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)」

「くもんの中学英文読解―中学1-3年 (スーパーステップ)」

「くもんの中学基礎がため100%シリーズ 文法編」

「くもんのハイレベル中学英語―文法・作文 スーパーステップ」

国語参考書・問題集

「CD付 中学総合的研究 国語 三訂版」

「中学総合的研究問題集 国語読解 新装新版」

理科参考書・問題集

「中学総合的研究 理科 三訂版」

「中学総合的研究問題集 理科 改訂版」

社会参考書・問題集

「中学総合的研究 社会 三訂版」

「中学総合的研究問題集 社会 改訂版」

中学生から始める最難関医学部受験合格カリキュラム

中学3年生以降は下記記事に基づいた勉強法・参考書となりますので、下記をご覧ください。
医学部(国公立、私立、難関大)に1年で合格する勉強法まとめ

医学部おすすめ参考書・問題集と使用方法まとめ

その上で、中学生から勉強を開始する際の具体的な医学部受験合格に向けた勉強カリキュラムを掲載します。

東大理三、京大医学部、阪大医学部、慶応医学部などの最難関医学部に対応したカリキュラムとしています。

勉強戦略

特に国公立医学部は現役合格者が少ないのが現状ですが、これは中学3年間で勉強する分量と、高校3年間で勉強する分量に大きな差があることが大きな原因です。

国公立医学部に現役で多く合格実績のある中高一貫進学校では、中学1-2年生で中学生の全範囲を履修し、中学2-3年生にはもう高校の分野に入った学習を行っています。

この1-2年の先取りした学習が高校3年生になったときに大きなアドバンテージとなっているのが現状です。

そのため、医学部を志望している中学生はできるだけ早い時期に中学分野を習得し高校分野を先取りすることが重要です。

当記事では中学2年生までには中学分野を習得するカリキュラムとしています。

中学1-2年生

上記「中学生用オススメ参考書・問題集」を各教科習得する。

中学3年生

数学

「基礎問題精講1A」の例題、演習問題の習得

「やさしい高校数学2B」の読み込み、習得

「基礎問題精講2B」の例題、演習問題の習得

「合格る計算1A2B」の習得

英語

「英単語DUO」の暗記

「ネクステージ」の習得

高校1年生

数学

「標準問題精講1A」「2B」の例題の習得

英語

「基礎英文問題精講」の読み込み

「基礎英語長文問題精講」の習得

「速読英単語 必修編」の読み込み

化学

「宇宙一わかりやすい高校化学 理論編」の読み込み

「Excel化学 総合版」の理論分野の習得

物理(物理選択者のみ)

「宇宙一わかりやすい高校物理 力学、波動編」の読み込み

「体系物理」の力学、波動分野の習得

生物(生物選択者のみ)

「大森徹の最強講義」前半通読

「Excel生物 総合版」前半分野の修得

国語

現代文:「きめる!センター現代文」習得

古文:「覚えやすく忘れにくい 精選古文単語300PLUS」習得
「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル」習得

高校2年生

数学

「やさしい高校数学3」の読み込み、習得

「合格る計算3」の習得

「基礎問題精講3」の例題、演習問題の習得

「標準問題精講3」例題の習得

英語

「速読英単語上級編」

「基礎英作文問題精講」の習得

化学

「宇宙一わかりやすい高校化学 無機、有機」の読み込み

「Excel化学 総合版」の無機、有機分野の習得

物理(物理選択者のみ)

「宇宙一わかりやすい高校物理 電磁気編」の読み込み

「体系物理」の残り分野の習得

生物(生物選択者のみ)

「大森徹の最強講義」後半通読

「Excel生物 総合版」後半分野の修得

国語

漢文:「漢文ヤマのヤマ」習得

高校3年生

数学

「標準問題精講数1A,2B,3」演習問題の習得

英語

「やっておきたい英語長文700」の習得
「ファイナル英文法 難関大学編」の習得

化学

「化学 標準問題精講」の習得

物理(物理選択者のみ)

「名問の森」習得

生物(生物選択者のみ)

「生物 標準問題精講」の習得

国語

「読み解き古文単語」読み込み、習得

社会(倫政)

「センター試験倫理の点数が面白いほど本」
「センター試験政治・経済集中講義」通読、習得
(倫理と政経はそれぞれ1冊ずつ勉強した方が網羅性があがります)

 

センター試験の過去問演習

二次試験の過去問演習

中高一貫生のためのおすすめ塾

週1回の個別課題作成により学校の進度より先取りした学習が可能

医学部受験では、数学3や理科の後半の分野が頻出しており、学校のカリキュラムでは高校3年生になってようやく学習する分野が頻出します。そのため、学校のカリキュラムに合わせた勉強をしていると間に合わずに浪人してしまう方が非常に多いのが現状です。

当塾では生徒様ごとの個別の課題作成を行っており、中学生の頃から勉強習慣をつけて学校で未履修の内容でも無理なく確実に習得していただくことで、他のライバルより圧倒的に有利な状況で受験学年を迎えることが可能です。

集団講義ではないため、周りに合わせる必要がなくご自身のペースにあわせて無駄なくどんどん進めていただくことが可能です。

当塾を卒業して医学部に進学した卒業生講師が多く在籍

週1回の面談は主に医学生講師が担当しますが、その大部分を当塾の卒業生が占めています。

卒業生は同じシステム、同じ参考書や問題集を使用して実際に医学部に進学していますから、面談にて細かい勉強方法や参考書の進め方、受験に関する相談ごと、試験の解き方など医学部受験に関するあらゆる相談が可能です。

考える力、分析力を養成

毎月1回、また模擬試験受験後は必ずご自身の勉強についてや試験結果を分析していただき提出していただきます。フィードバックを行うことで考える力、分析力を養成します。

効率よく成績をのばし本番の高い得点力をつけるためには日々自分自身で分析し考えていくことが大切です。
中学生から習慣づけることで、高校生になる頃には効率のよい勉強方法をみにつけ、高い得点力を発揮することが可能になります。

週1回の課題管理により学校行事や学校のテストと両立した学習が可能

学校の定期テスト前も課題自体は作成しますが、学校の定期テストを優先していただきます。(勉強報告時はできた分のみ課題の報告を行っていただきます。テスト前は課題を全く進めていなくても問題ありません。)

学校行事の際やテスト前については、事前に申請いただくことで通塾日の振替が可能です。

生徒様個別の週1回の課題作成を行うことで、学校のテスト等と両立しながら医学部合格に向けた勉強を行っていただくことが可能です。

医師による最適な受験校のアドバイス

当塾は医師が運営、指導を行っています。

医師の立場から、また200名以上の医学生を輩出してきた経験から最適な受験校のアドバイスを徹底して行っています。

特に国公立医学部では受験校選びが合否を大きく左右します。

また、本質的な医学部受験情報の提供が可能です。ACE Academyが配信している医学部受験バイブルにて、医学部受験に必要な情報を配信していますので是非ご活用ください。

カリキュラム

英数は中1,中2で中学生の分野はすべて履修し、中3では高校分野に入ります。
ただし個別の課題作成を行うため、より先取りした学習や、苦手分野ではペースを落とした学習も可能です。

医学部合格には英数を早期から高いレベルにすることが非常に重要なため指導は英数を中心としています。

入塾要項

学費:入塾金5万円+月額4万円(税込:43200円)
(週2回の通塾+週1回の個別課題作成)
*使用する参考書・問題集は別途ご負担、ご自身でご用意いただきますが、全て市販されている一般的な教材となります。

*短期講習などの高額な追加費用なし。
短期講習は消化不良を起こすデメリットはありますが、メリットは学習効果上ほとんどなく、生徒様にとって学費の負担となるだけであり、当塾では行っておりません。
毎週の課題に取り組んでいただき勉強習慣がついていると、短期詰め込みを行う意義もありません。

授業時間

月〜土曜日18-21時
(上記から週2回の希望曜日を選択いただきます。)

*全学年同じクラスとなります。私語厳禁です。

対象者

*下記の方が受付対象となります。該当しない場合は当塾での指導は困難となるため受付は行っておりません。

・医学部を志望する方
・自分自身で勉強を進めることが得意な方
・どんどん先取りして勉強したいという高い意欲のある方
・考えることが得意な方

*主に中高一貫校の医学部志望の生徒様を対象としていますが、ご希望があれば中高一貫校でない方の受付も可能です。

通信指導コース

通塾が困難な方は通信指導コースを推奨します。

通信指導学費:入塾金無料+月額3万円(税込:32400円)

(通塾なし・週1回の個別課題作成)
医学部受験通信指導コース

中学生コースの詳細

指導システムなどの詳細は下記をご覧ください。
中学生コース

医学部合格体験記

(卒業生講師)成績を大きくのばし国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格
【2018】慈恵会医科大学/新潟大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)1年でセンター試験約15%のばし国公立医学部のほか日本医科大学に首席で合格
【2018】日本医科大学/群馬大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

(卒業生講師)生物初学から1年で日本医科大学、国際医療福祉大学に合格
【2018】日本医科大学<生物初学> 合格体験記(1浪・女性)

入塾時偏差値58.9から約9ヶ月で昭和大学、東京医科大学に合格した現役生
【2018】昭和大学医学部 合格体験記(現役・男性)

数学が苦手で現役時センター試験数学70/50点から1年で浜松医科大学、東邦大学医学部を含む4校に合格
【2018】浜松医科大学/東邦大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

入塾時偏差値40台から1年で昭和大学医学部を含む4校に合格
【2018】昭和大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

(卒業生講師)数学が苦手で現役時センター試験数学50点台から1年で横浜市立大学、慈恵会医科大学に合格
【2017】慈恵会医科大学/横浜市立大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

偏差値62から1年で76.8までのばし千葉大学医学部、慶應大学医学部に合格
【2017】千葉大学医学部/慶応大学医学部 合格体験記(1浪・男性)

英語偏差値50台から1年で国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格した現役生
【2017】慈恵会医科大学/信州大学医学部 合格体験記(現役・男性)

数3、理科2教科初学から1年で国公立医学部を含む4校に合格した再受験生
【2016】島根大学医学部/日本医科大学 合格体験記(再受験・女性)

その他の合格体験記は医学部合格体験記をご覧ください。

 

医学部予備校ACE Academy 中学生コースでは、中学生から最難関、難関医学部合格に向けて上記カリキュラムにもとづいた課題作成を行っております。医学部合格を目指している方はご相談ください。

 

LINE@(ID:@aceacademyで検索)にて医学部受験の有益な情報を配信しています。

友だち追加

twitterのフォローはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る