【医師の給与】年収/アルバイト代はどのくらい?何で決まる?

<解説動画>

【医学部受験】医師の給与、年収について〜何によって変わってくる?〜

*本記事の数値はこちらのサイトのアンケート調査から引用させていただきました。

【印刷用】医学部受験情報の無料PDF資料プレゼント中!

医学部最新情報のPDF資料を無料でプレゼントしています。

【PDF資料例】
偏差値ランキング/共通テストボーダー・足切り/学費ランキング

医学部受験生必携の資料集となります。
PDF資料のため印刷してお使いいただくことも可能です。

無料プレゼントのお申込みはこちら

医師の年収はどのくらい?

中央値は1700万円

医師の年収は年齢や勤務医か開業医か等で大きく変わりますが、中央値(人数の真ん中)では1700万円程度となっています。
(平均値は1200万円程度)

アルバイトを含まない年収の中央値は1300万円

詳しくは後述しますが、医師の年収にはアルバイトの給与が大きくかかわってきます。

アルバイトを抜いた年収(常勤している病院からの給与)を考えると、中央値1300万円程度となります。
医師の年収の中央値は1700万円程度でしたから、アルバイトでの収入は年400万円程度と推測できます。

常勤している病院の給与帯は、勤務医と開業医で異なります。

勤務医で年収3000万円以上の人は約1.9%であるのに対し、開業医3000万円以上の人の割合16.4%はとなります。

開業医の年収が必ずしも高い訳ではありませんが、年収3000万円以上の割合を比較すると差があると言えます。

年収1000万円以下の割合は14%

年収1000万以下の人は全体の14%程度です。

すなわち、8割以上の医師が年収1000万円以上ということになり、高収入の割合が高い業種と言えます。

医師の給与は差があるものの、8割以上は年収1000万円以上。

医師の給与は何によって変わる?

医師の給与が変わる主な要因はこの3つです。

①地域
②働く病院の種類・規模
➂アルバイト
それぞれ詳しく説明してきます。

①地域:都会に行くほど給与は低い

医師の給与は地域によって大きく変動します。

都会に行くほど医師が足りているため給与は安く、地方に行くほど医師不足から給与が高くなるという傾向があります。

初期研修医の時点から給与の差は生まれます。
都内の初期研修は月30万を超える病院はほとんどないのですが、地方では初期研修から月50万円を超える給与の病院があります。
中には初期研修医で年収1000万円を超える病院も存在します。

②働く病院の種類:1番安いのは大学病院

次に給与を決める因子となるのは、働く病院の種類や規模です。

病院の種類としては、大学病院、市中病院、クリニックや老健施設といったものがあります。

病院の種類で考えると、1番給与が安いのは大学病院です。
大学からの給料は、教授クラスでも1000万円前後が一般的と言われています。(*教授は講演等で+αの給与があるケースは多い)

特に都内の大学病院は給与が安く、初期研修医15万円、後期研修医で30万円くらいが相場となっています。

➂アルバイト:時給の相場は1万円程度

上記の通り、医師の給与にアルバイトの収入は大きくかかわります。

都内の病院では、時給10000円くらいが相場となっています。

具体的に考えると、外来のアルバイトを週1回8時間程度行うと、月30万円収入がプラスされるこということになります。

都内の後期研修医の給与は月収30万円程度ですが、アルバイトを行うことでトータルすると月60万円程度の収入を得るケースはよくあります。

Q.専門医の取得で年収は変わる?

A.常勤の病院の給与はあまり変わらない。

専門医の取得の有無によって、常勤先の病院の給与が大きく変わる訳ではありません。

ただし、アルバイトをする時や転職を考えた際、専門医を取っていることが採用条件になっている病院もあります。

Q.学歴によって年収は変わる?

A.まず変わらないと考えて良い

ほぼ関係ないと考えて良いでしょう。
出身大学によって給与がプラス/マイナスされる、という話はまず聞きません。

給与面で考えると、出身大学よりも働く地域や病院の種類、アルバイトによって差が生まれます。

Q.奨学金を将来返せるか不安..

私自身もサラリーマン家庭から私立医学部に進学し、奨学金を借りて学費に充てていました。

周囲にも奨学金を借りていた人もいましたが、今まで「奨学金返せなくて困っている」という話は聞いたことがありません。

ちょうど同期が専門医1年目くらいの年なのですが、話を聞いていて「お金が足りない」という人はまずおらず、お金が必要な場合はアルバイトを増やせばいいという発想の人が多い印象です。

どうしても困ってしまった場合は、病院によってはそこで働くことで奨学金を肩代わりしてもらえたりする制度のところもあります。

まとめ

医師の年収の中央値は1700万円程度。

給与を大きく決めるのは、
①地域②病院の種類➂アルバイト
の3つ!

1年で医学部に合格する勉強法&おすすめ参考書

医師が執筆。医学部に合格するための勉強法・おすすめ参考書はこちら。

【10/16】「合否に直結〜医学部受験の誤った情報16選」無料ウェブセミナー

10/16に「合否に直結〜医学部受験の誤った情報16選」のウェブセミナーを開催します。
300名以上の医学部合格者を指導してきた医師が、医学部受験における誤っている情報について解説します。
受験校に関することなど合否に直結する内容に絞って詳しく解説します!

お申し込みはこちら↓↓

医学部受験ウェブセミナー

医師が指導/東京で最も安い学費【エースアカデミー】

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導
2.最難関医学部まで到達可能な課題作成
3.医学部予備校で最も安い学費を実現
浪人生:月額10万円
(特待生:月額5万円)
高校生:月額5-7万円
通信生:月額3万円

LINEタイムラインで毎日配信!

LINEにて、医師が医学部受験に関するご質問に回答し毎日タイムラインで配信しています!↓↓

 

ブログ運営者の公式twitter

医師のキャリア
医学部受験バイブル
タイトルとURLをコピーしました