2ヶ月で150名が参加!無料ウェブセミナー
1/23「共通テスト結果分析と国立医学部の出願選び」
医学部予備校ACE Academy

医師が運営指導。都内で最も安い医学部予備校

・国立、難関医学部の実績多数
・通塾:月5〜10万円
・通信:月3万円
公式ホームページはこちら

【2020】杏林大学医学部合格体験記(2浪・女性)

合格した医学部

杏林大学医学部 正規合格

帝京大学医学部

成績推移

入塾時の成績
2018年第2回駿台全国模試 総合55.3(数学:64.9 化学:51.5 物理:48.8 英語:55.9 )
2019年センター試験 英数理82.3%(数1A:86 数2B:86 化学:75 物理:79 英語筆記:168 リスニング:48 )

今年の成績推移
5月河合記述模試 総合:63.4(数学:67.3 化学:60.4 物理:59.6 英語:66.3)
8月河合記述模試 総合:65.6(数学:63.8 化学:68.4 物理:69.1 英語:61.1)

センター試験本番 英数理:80.8%( 数1A:77 数2B:83 化学:70 物理:70 生物: 英語筆記:185 リスニング:44  )

使用した問題集

数学:基礎問題精講、標準問題精講(例題のみ)、合格る計算。
英語:DUO、ネクステージ、基礎英文問題精講、速読英単語(必修編)、リンガメタリカ、全解説頻出英文法・語法問題1000、基礎英作文問題精講。
化学:宇宙一わかりやすい化学、Excel化学のみ。
物理:宇宙一わかりやすい物理、体系物理のみ。

医学部おすすめ参考書・問題集と使用方法まとめ

成功要因

本生徒は理科の成績があまり安定していない状態から入塾されました。

もともとある程度の成績が出ていた数学を除き、応用問題集を使用せず基礎の徹底を行うことで、着実に成績を伸ばしていきました。
特に物理では、5月から8月にかけて基礎的な問題集を使用するだけで偏差値を10近く伸ばしており、基礎の徹底を行う大切さが分かります。
また、夏以降は英語の優先順位を上げて取り組んでいくことで、センター試験本番では昨年より20点近く点数を上げることができました。

最終的には、すべての教科でバランスよく基礎を徹底することができ、杏林大学医学部に正規合格されました。

その他の医学部合格体験記は合格体験記一覧をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました