医大生有志が運営するLINE@はこちら!
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

【2020】東京医科大学医学部合格体験記(2浪・ 女性)

合格した医学部

東邦大学医学部
東京医科大学(正規合格)
東京女子医科大学
聖マリアンナ医科大学(正規合格)
獨協医科大学
東海大学医学部

成績推移

*1浪目に入塾し、2年間受講されました。

入塾時の成績
2017年第3回全統記述模試 総合55.4(数学:52.1 化学:57.3 物理:51.6 英語:60.6)
2018センター試験 英数理率74.7% (数1A:74 数2B:64 化学:76 物理:51 英語筆記:183)

1年目(1浪時)の成績
10月河合記述模試 総合62.3 (数学:63.0 化学:62.5 生物:57.1 英語:66.5)
2019年センター試験 英数理81.3%(数1A:91 数2B:72 化学:78 生物:76 英語筆記:171)

今年(2浪目)の成績推移
5月河合記述模試 総合:67.2(数学:70.2 化学:71.3 生物:59.8 英語:67.4)
8月河合記述模試 総合:67.0(数学:64.2 化学:73.9 生物:63.9 英語:66.1)
10月河合マーク模試 総合:68.5(数1A:68.8数2B:70.7 化学:67.8 生物:66.0 英語:70.4)

センター試験本番 英数理:83.7%( 数1A:83 数2B:80 化学:84 生物:77 英語筆記:178)

使用した問題集

数学:標準問題精講(例題のみ)、合格る計算。
英語:DUO、ネクステージ、基礎英文問題精講、速読英単語(必修編)、リンガメタリカ、全解説頻出英文法・語法問題1000、基礎英作文問題精講。
化学:Excel化学のみ。
生物:Excel生物のみ。

通塾してよかったこと

通塾することで、「勉強をする上での問題点を分析→面談でアドバイスをもらう→実行する」というサイクルを繰り返すことができ、自分の勉強方法を改善していくことができました。

また、面談時には自分では気づいていなかった問題点を講師の方々から指摘していただくこともあり、効率よく勉強に取り組むことができたと思います。

さらに、私は不安になりやすい性格でしたが、受験期には面談でメンタル面について相談することができたため、余計な心配をする時間を省くことができました。
自分の中で不安に思っていることを整理し面談時に相談することで、不安を自分の中に溜め込まないようにしていました。

辛かった時期とその克服法

1浪目から2浪目へ突入した時期が一番辛かったです。1浪目の時は、補欠番号のつかない大学で一次合格を持っていたため、なるべく期待しないようにして勉強に取り組んでいました。

ただ、課題の取り組み方を分析したり改善策を考えているうちに、勉強に集中することができるようになりました。
今振り返ると、課題の取り組み方の分析を行ったことで、余計なことを考える時間がなくなり自然と勉強に集中できるようになったと思います。

2年間の通塾を振り返って

通塾して変わったこと

現役時は、アウトプットが十分にできていませんでした。
定期試験の前に短期間で暗記をしていたため、学校の成績はある程度取ることができました。
しかし、そこに慢心してしまい、長期的な記憶の定着が不十分なまま受験を迎えてしまいました。

入塾後、最初のガイダンスの中でアウトプットの重要性に気づきました。それにより、1浪目は長期的に記憶に定着できるようアウトプットを重視して問題集に取り組むようにしました。
また、この時、基礎を習得することが大切だということも学んだため、基本的な内容を押さえることを徹底しました。

1浪目の分析

1浪目の時は問題集に載っている問題は解けても、模試でその類題が出されると解けなくなってしまうことが多々ありました。
これは、分析の重要性をきちんと理解できていなかったことが原因だったと思います。普段から、分析をもっとしておけば問題集の取り組み方を改善することができたと思います。

2浪目はどのように変化したのか

2浪目は、1浪目と比べて常に考えながら勉強を進めるようにしました。
1浪目は問題集に載っている問題は解けても、模試でその類題が出されると解けなくなってしまうことが多々ありました。

2浪目は日々勉強する中で、気づいた点等はメモを取るなどして日頃から分析をするようにしました。これによって、問題集の取り組み方を改善することができ、模試で問題集の類題が出題されても、しっかりと解くことができるようになりました。

また、分析内容においても変化があったように思います。1年目は分析の内容が「どのように問題集を進めるか」といった浅い内容でしたが、2年目は「問題点の原因や、それを解決するためにはどのような改善策を取れば良いか」といったことを深く分析できるようになりました。

同じ問題集を繰り返すにあたって、単調に感じることはあったか。

1年目に習得できたと思っていた問題集でも、2年目に再び解くときちんと理解できていなかった箇所が多々ありました。

このため、1年目と同じ問題集を2年目でも再び使うことに対して、特に単調だと感じることはありませんでした。

 

その他の医学部合格体験記は合格体験記一覧をご覧ください。

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 これまで、慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出し、豊富なデータを蓄積しています。 実際に医学部に進学した卒業生のデータに基づき、生徒1人1人に最適なカリキュラム作成と課題管理を行います。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

「医学部受験において最高峰の指導をより安く」を理念とし、医学部専門予備校において最も安い学費を実現しています。 浪人生:月額10万円。高校生:月額5-7万円。通信生は月額3万円。 (短期講習などの追加費用も一切ございません。) また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。 詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。 <当塾の説明動画>
タイトルとURLをコピーしました