【1月200名以上お申し込み!】無料ウェブセミナー
1/30「面接対策講座(実践編)」
医学部予備校ACE Academy

医師が運営指導。都内で最も安い医学部予備校

・国立、難関医学部の実績多数
・通塾:月5〜10万円
・通信:月3万円
公式ホームページはこちら

【2020】福島県立医科大学/国際医療福祉大学医学部 合格体験記(2浪・男性)

合格した医学部

福島県立医科大学

国際医療福祉大学医学部
杏林大学医学部(正規合格)
日本大学医学部
帝京大学医学部

成績推移

入塾時の成績
2018年河合記述模試 総合60.3(数学:65.0 化学:53.0 物理:65.0 英語:58.0 )
2019年センター試験 英数理83.5%(数1A:80 数2B:92 化学:62 物理:85 英語筆記:182 国語:132 倫理政経:80 )

今年の成績推移
5月河合記述模試 総合:66.4(数学:66.7 化学:66.9 物理:70.6 英語:61.4)
8月河合記述模試 総合:67.7(数学:70.3 化学:69.9 物理:66.3 英語:64.3)
10月河合マーク模試 総合:64.5(数1A:62.4 数2B:73.1 化学:60.5 物理:66.0 英語:63.6 リスニング:63.5 国語:62.8 倫理政経53.2 )

センター試験本番 総合:79.5% 英数理:84.2%( 数1A:76 数2B:93 化学:85 物理:85 英語筆記:166 リスニング:42 国語:143 倫理政経:65 )

使用した問題集

数学:基礎問題精講、標準問題精講(例題のみ)、合格る計算。
英語:DUO、ネクステージ、基礎英文問題精講、速読英単語(必修編)、リンガメタリカ、全解説頻出英文法・語法問題1000、基礎英作文問題精講。
化学:宇宙一わかりやすい化学、Excel化学のみ。
物理:宇宙一わかりやすい物理、体系物理のみ。

医学部おすすめ参考書・問題集と使用方法まとめ

医学部予備校ACE Academyを選んだ理由

以前は授業を聞くのが中心の学習でしたが、2浪するにあたり、授業を聞くよりも演習量を増やした方がいいと考えました。
そのため、集団講義がなく問題演習中心のシステムのACE Academyを選びました。

1年間を振り返って

通塾して最初の2ヶ月間くらいは、塾の厳しい環境に合わせるのが大変でした。分析もなかなかうまくできず、厳しいフィードバックが返ってくることも多々ありました。
今振り返ると、厳しいフィードバックを受けたことで、今のままではダメなんだと気づき、向上心にも繋がりました。結果的に、厳しいフィードバックを受けたことは良かったと思っています。

また、これまで自分で考えて分析をする習慣はありませんでした。
しかし、この塾に入ってから、まずは自分で考え、その後面談にて第三者から見たフィードバックを受けるようになりました。
自分で考える習慣が付き、さらに講師のアドバイスをもらえたことが伸びにつながったのだと思います。

通塾してよかった点

課題作成と塾生ページの資料がよかった

毎週課題が作成されるため、「何をするか」が決められているのが良かったです。また、塾生ページの資料には、勉強方法や問題集の使い方が書いてあるため、「どのようにするか」も明確でした。

以前通っていた塾は、解法のテクニック等を中心に指導してもらう塾でしたが、成績的な伸びは見られませんでした。
ACE Academyで学ぶ勉強法は本質的で、医学部合格に重要なものだったと感じています。

演習量が最大限確保できる点

集団講義がないことに加え、通塾回数が週3回であり毎日通う必要がないため、演習量を最大限確保することができました。
塾のない日は、家の近くの有料自習室にて勉強していました。

医学生講師との面談がよかった

週に1回以上、医学生講師と面談できるのが良かったです。

卒業生講師の方も多く、課題を進めている中で困ったことがあれば、「私の場合はこういう風にいていた/このように考えていた」と同じ立場に立って面談してもらえました。

また、受験期は週に2-3回面談してもらい、受験本番のフィードバックを細かくしていただけました。
序盤で合格が続き、中盤では少し気がゆるんでしまいましたが、面談を通して気持ちを切り替えたことで、国公立大学医学部に合格することができたのだと思います。

その他の医学部合格体験記は合格体験記一覧をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました