医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

【2020】医学部受験に必要な科目は?(国公立・私立)入試科目まとめ

国公立大学医学部の入試科目(基本)

国公立大学医学部の入試科目は基本的には以下の通りです。
*例外のある大学については後述します。

センター試験

・英語(筆記+リスニング)
・数1A、数2B
・国語
・理科(化学・物理・生物から2科目選択)
・社会(倫理+政経・地理B・日本史B・世界史Bから1科目選択)

二次試験

・英語
・数学(1A+2B+3)
・理科(化学・物理・生物から2科目選択)

上記に当てはまらない入試科目の大学

倫理or政治経済or現代社会で受験が可能

*倫理+政経ではなく、倫理のみ、政治経済のみ、現代社会で受験が可能です。

倫理or政治経済or現代社会で受験が可能な大学一覧

札幌医科大学
弘前大学
筑波大学
群馬大学
横浜市立大学
新潟大学
信州大学
浜松医科大学
名古屋市立大学
京都府立医科大学
大阪市立大学
奈良県立医科大学
島根大学
岡山大学
山口大学
徳島大学
香川大学
佐賀大学
長崎大学
熊本大学
宮崎大学

倫理政経or現代社会のみで受験が可能な大学

*倫理+政経もしくは現代社会で受験可能です。
倫理のみ、政経のみでの受験はできません。

倫理政経or現代社会のみで受験が可能な大学一覧

三重大学
琉球大学

地理A、日本史A、世界史Aで受験が可能な大学

地理A、日本史A、世界史Aで受験が可能な大学一覧
弘前大学
群馬大学
宮崎大学
名古屋市立大学
大阪市立大学

理科選択に制限がある大学

理科選択に制限がある大学一覧
北海道大学(二次試験 物理必須)
群馬大学(二次試験 物理・化学必須)
金沢大学(二次試験 物理・化学必須)
山口大学(センター試験 化学必須)
愛媛大学(二次試験 物理・化学必須)
九州大学(二次試験 物理・化学必須)
佐賀大学(前期センター・二次試験 物理・化学必須)
宮崎大学(後期二次試験 化学必須(1科目))

その他

その他
東京大学(二次試験で国語あり、英語リスニングあり、センターで英語リスニングなし)
旭川医科大学(二次試験で理科なし)
弘前大学(二次試験で理科なし)
山形大学(二次試験で国語あり)
秋田大学(二次試験で理科なし)
群馬大学(二次試験で英語なし(但し、小論文を英文の資料を用いて出題することあり))
山梨大学(二次試験で英語なし)
名古屋大学(二次試験で国語あり)
滋賀医科大学(センターで英語リスニングなし)
京都大学(二次試験で国語あり)
島根大学(二次試験で理科なし)
徳島大学(二次試験で理科なし)
宮崎大学(前期二次試験で理科なし 後期二次試験で数学なし(英語・化学・面接))

 

私立大学医学部の一般入試科目(基本)

基本的な入試科目

・英語
・数学(1A+2B+3)
・理科(化学、物理、生物から2科目選択)

入試科目が例外的な大学

東海大学

・英語
・数学(1A+2B+3)
・理科は化学、物理、生物から1科目

帝京大学

・英語
数学、化学、物理、生物、国語から2科目

*数学の範囲は数1A+数2B(数3が含まれない

*国語は「現代文」、「現代文+古文」、「現代文+漢文」、「現代文+古文+漢文」から選択

近畿大学

数学の範囲が数1A+数2B(数3が含まれない

私立医学部のセンター利用入試科目

私立医学部のセンター利用入試では、国公立大学医学部と同様、国語社会が入試科目となっている大学が多く存在します。

ただし、国語社会が不要な大学もあり、一般入試と同様の科目で受けられる大学もあります。
センター利用入試で国語(古文・漢文)・社会の対策が不要な大学は以下の通りです。

英数理のみで受験可能な大学

・獨協医科大学
・杏林大学
・東海大学
・近畿大学(前期C方式)

英数理+現代文で受験可能な大学

・埼玉医科大学(前期)
・愛知医科大学(前期、地域B方式)
・関西医科大学
・福岡大学

例外

*帝京大学、近畿大学は、国語が選択可能科目に入ってはいるものの、別科目を選択すれば外すことが可能。

*日本医科大学(後期センター併用)では国語が必要。
(英数理は大学個別試験)

医学部偏差値ランキング

1年で医学部に合格する勉強法&おすすめ参考書

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.週に1回、生徒個別に課題を作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を作成しています。

例年、国公立・難関私大を含む医学部合格者を多数輩出し、豊富なデータを蓄積しています。
実際に医学部に進学した卒業生のデータをもとに、医学部に合格するための課題作成を生徒個別に行っています。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円、通信生は月額3万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。
(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました