旧帝?御三家?医学部ヒエラルキー、学閥について

医学部ヒエラルキー、序列について

設立が古いほどヒエラルキー上位に属する

主に医学部が設立された年度によってグループわけされています。設立が古い、歴史がある大学ほどヒエラルキーは上位となります。

例えば近年2017年に国際医療福祉大学の医学部が設立されましたが、設立にあたって各科や研究室の教授、教員等は他の医学部出身の人が務めます。そのため、歴史がある大学ほど他の医学部の教授等を務めることが多い傾向があります。

しかし、設立から年数がたってくると、徐々に自大学の出身教授も増えてくるため、ヒエラルキーが上であれば完全に影響力が上回るかというと、そういうわけでもありません。

偏差値や難易度との関係性

あまり関係ないといえます。

例えば東京医科歯科大学はヒエラルキーでは新制八医科大学に属しますが、難易度は全国の医学部の中で東大、京大に次ぐ難易度を誇ります。

特に近年は都心部の医学部の難易度が高く、都心にある私立医学部は地方の国公立医学部より難易度が高い大学も多く存在します。

難易度については2020医学部偏差値ランキングをご覧ください。

収入やキャリアへの影響

収入への影響は、全くといっていいほど、ありません。医師の収入は主に勤務する地域や病院、科によって決まります。出身大学が影響することはまずありません。

キャリアについては、「出世」という観点で、端的にいえば教授や各団体のトップを目指すにおいてはヒエラルキー上位の医学部の方が有利だといえます。ただし、決して絶対的なものではありません。

結論

結論として、ヒエラルキーや序列が実利益という点で絶対的な影響を及ぼすものではないためあまり気にする必要はないといえます。

ただし、気にする人は一定数いますので、気にする人は気にするくらいの概念かと思います。

旧帝国大学医学部(旧帝大)

通称、旧帝大。
設立は1886〜1939年。
医学部の中で最も歴史がある大学のグループです。

東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、九州大学、東北大学、北海道大学の7大学が属します。

旧制医科大学(旧六)

通称、旧六。ただし国立の旧六(千葉大学、新潟大学、金沢大学、岡山大学、長崎大学、熊本大学)に加えて、公立の京都府立医科大学が旧制医科大学に属します。

設立は1921〜1923年。

旧帝大の次に歴史があります。

私立旧制医科大学(私立御三家)

通称、御三家。
設立は1920〜1926年。
私立の旧制医科大学で、旧帝大の次に歴史があります。

慶応大学、慈恵会医科大学、日本医科大学の3大学が属します。

なお日本大学は1943年に設立されており、いずれのグループにも属しませんが、旧制医科大学に含めて呼ぶ例もあります。

新制八医科大学(新八)

通称、新八。
設立は1946-1948年。
東京医科歯科大学、弘前大学、群馬大学、信州大学、鳥取大学、徳島大学、広島大学、鹿児島大学の8大学が属します。

旧設公立医科大学(旧設)

通称、旧設。
設立は1947年〜1950年。

神戸大学、横浜市立大学、名古屋市立大学、岐阜大学、三重大学、札幌医科大学、福島県立医科大学、山口大学、大阪市立大学、奈良県立医科大学、和歌山県立医科大学の11大学が属します。

旧設私立医科大学(旧設)

通称、旧設。
設立は1946年〜1950年。

順天堂大学、昭和大学、東京医科大学、大阪医科大学、久留米大学、岩手医科大学、関西医科大学、東京女子医科大学、東邦大学の9大学が属します。

新設医科大学(新設)

通称、新設。
設立は1970年台。

国立:秋田大学、旭川医科大学、山形大学、筑波大学、愛媛大学、浜松医科大学、滋賀医科大学、宮崎大学、富山大学、島根大学、佐賀大学、大分大学、高知大学、福井大学、山梨大学、香川大学、琉球大学の17大学が属します。

私立:自治医科大学、杏林大学、北里大学、川崎医科大学、帝京大学、聖マリアンナ医科大学、愛知医科大学、埼玉医科大学、金沢医科大学、藤田保健衛生大学、兵庫医科大学、福岡大学、獨協医科大学、東海大学、近畿大学、産業医科大学の16大学が属します。

防衛医科大学校もこの時期に設立されました。

21世紀に設立された医学部

2016年には東北医科薬科大学、2017年には国際医療福祉大学が設立されました。

医学部の難易度について

2020医学部偏差値ランキング

国公立医学部と私立医学部の難易度の違いについて

医学部予備校ACE Academyの医学部勉強法

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部受験で難しいのは、他学部に比べ多くの科目をバランスよく習得しなければならないこと・本番ミスなく問題を解ききる力を身に着けなければならないことです。
難しい講義を受けたりして、特定の科目のプロになる必要は全くありませんし、解法をただ理解していても本番自力で解ききれなければ使い物になりません。

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.医学部に進学した卒業生が使用していた参考書を使用

当塾では、集団講義は行わず、個別に課題を作成しています。
課題となるのはすべて市販の参考書であり、高額なオリジナルテキスト等は使用しておりません。
これまで医学部に合格した卒業生のデータから、「どの参考書をいつ使えば医学部に合格できるか」という独自のノウハウを蓄積しています。
そこから、生徒一人一人に最適な課題を作成し、指導にあたっています。

*質問対応・塾生限定公開のオリジナル解説集など、問題集を自力で進めるためのサポートも充実しています。

3.正しい試験の解き方を習得し、本番の得点力を上げる

医学部受験は、受験層のレベルの高さ・倍率の高さとともにトップクラスであることから、ミスに対して非常にシビアな受験となります。
どんなに成績のいい人でも、試験本番、緊張や焦りによりミスを重ねてしまうと合格は一気に遠のきます。
当塾では、成績を伸ばすことと同等に、「正しい試験の解き方」の指導を重視しています。正しい試験の解き方を身に着けることで、入試本番の得点力(=本番特有の緊張やプレッシャーに負けず、いつでも実力を発揮する力)を養うことができます。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。
学習効率を追求した指導システムを採用し、無駄の多い集団講義は一切行っていません。
「医学部に合格できる人」の考え方と習慣を身につけることで、自ら成績を伸ばし本番合格する力を養います。

例年国公立医学部・難関私大医学部を含む合格者を多数輩出し、どのようなタイプの生徒様がどういった成績の推移でどういった医学部に合格したか(あるいは合格できなかったか)等をすべて経験とデータの両方で蓄積しています。豊富なデータを生徒様個別の課題作成や受験校推奨に反映しています。

また、浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。

医学部予備校ACE Academyはこちら
タイトルとURLをコピーしました