【2019】 獨協医科大学 合格体験記(1浪・男性)

合格した医学部

獨協医科大学

成績推移

高3終わりの2月に通信生で入塾。4月から通塾に切り替え。
高3時の成績
2017年第3回全統記述 総合53.0(数学:53.9 化学:48.2 物理:55.2 英語:54.7)
2018年センター試験 英数理68.3% (数1A:74 数2B:78 化学:75 物理:43 英語筆記:140)

今年の成績推移
5月河合記述模試 総合58.7 (数学:60.6 化学:60.6 物理:58.4 英語:55.3)
8月河合記述模試 総合62.5 (数学:66.8 化学:64.3 物理:60.0 英語:58.8)
10月河合記述模試 総合59.6 (数学:58.5 化学:61.2 物理:62.1 英語:56.4)

センター試験本番 英数理80.3%(数1A:75 数2B:76 化学:64 物理:80 英語筆記:187)

使用した問題集

数学:基礎問題精講、合格る計算、理解しやすい数学(2Bのみ)。
英語:DUO、ネクステージ、基礎英文問題精講、速読英単語(必修編)。
化学:宇宙一わかりやすい化学、Excel化学のみ。
物理:宇宙一わかりやすい物理のみ。

医学部おすすめ参考書・問題集と使用方法まとめ

成功要因

本生徒は非常にまじめで、分析や面談に積極的に取り組んでおられました。
面談をする際は、勉強の取り組み方などについて講師にたくさん相談し、得られたアドバイスを取り入れようと努力されてしまいました。

現役の頃から勉強時間を十分にとり努力されていたようですが、塾生ページの指示やアドバイスを積極的に取り入れることで学習の方向性が合ってきたのだと思います。
自己流のやり方に固執するのではなく、謙虚な姿勢で学習することがいかに大切か分かる好例と言えるでしょう。

1年間気を付けていたことや後輩へのアドバイス

1年間振り返って

入塾する前は自主学習が自分にできるか不安でしたが、その分覚悟を持って勉強できました。
昨年通ってた塾は授業中心だったため、「今自分が何をすべきか」という分析できないまま塾のペースに沿って受動的に学習していたと思います。

ACE Academyに通ってからは、ひとりひとりに課題が作成され、また自分自身でも分析を通して何をすべきか分かった状態で学習でき、とても効率的だったと思います。

気を付けていたこと

1年間とおして、毎日の生活をルーティーン化していました。
具体的には、勉強時間・昼食時間・睡眠時間を一定にしていました。
これにより、1日14-15時間の勉強時間を確保できました。
受験には体力も大切だと考え、朝起きて走る等、体を動かすようにもしていました。

講師との面談について

2-3月は通信生として受講しました。
通信生のときは面談がないため、自分の分析の方向性があっているのか分かりませんでした。
通塾するようになり毎週講師の方と面談することでフィードバックをもらい、ちゃんと分析ができるようになっていきました。
講師の方からのフィードバックは厳しかったですが、指摘されたことをしっかりと直そうとしていくことで徐々に分かるようになってきました。

本番気を付けていたこと

緊張しやすいタイプだったため、本番に起こりうる失敗をできるだけ想定して試験に臨みました。
本番うまくいかないことがあっても、既に想定していることが多かったためあまり焦らず試験の解き方に集中できました。
獨協医科大学は問題数が多かったり難問が出る等解きづらい形式の出題がされましたが、試験の解き方を守ることで落ち着いて取り組めたと思います。

通塾してよかったこと

面談が本当に大事だったと思います。精神的に不安な時も、講師の方に相談することでモチベーションを保てました。また、教室は緊張感があり、気が緩むことなく1年間勉強できました。

塾生ページは毎日読み込んでいました。一回して理解しきれなかった点も、何度も読み込むうちに新たな視点で読めたり、勉強が進むうちに実感を持って理解できるようになりました。
塾生ページは隙さえあれば読むといいと思います。

 

その他の医学部合格体験記は合格体験記一覧をご覧ください。

医学部予備校ACE Academyの医学部勉強法

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部受験で難しいのは、他学部に比べ多くの科目をバランスよく習得しなければならないこと・本番ミスなく問題を解ききる力を身に着けなければならないことです。
難しい講義を受けたりして、特定の科目のプロになる必要は全くありませんし、解法をただ理解していても本番自力で解ききれなければ使い物になりません。

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.医学部に進学した卒業生が使用していた参考書を使用

当塾では、集団講義は行わず、個別に課題を作成しています。
課題となるのはすべて市販の参考書であり、高額なオリジナルテキスト等は使用しておりません。
これまで医学部に合格した卒業生のデータから、「どの参考書をいつ使えば医学部に合格できるか」という独自のノウハウを蓄積しています。
そこから、生徒一人一人に最適な課題を作成し、指導にあたっています。

*質問対応・塾生限定公開のオリジナル解説集など、問題集を自力で進めるためのサポートも充実しています。

3.正しい試験の解き方を習得し、本番の得点力を上げる

医学部受験は、受験層のレベルの高さ・倍率の高さとともにトップクラスであることから、ミスに対して非常にシビアな受験となります。
どんなに成績のいい人でも、試験本番、緊張や焦りによりミスを重ねてしまうと合格は一気に遠のきます。
当塾では、成績を伸ばすことと同等に、「正しい試験の解き方」の指導を重視しています。正しい試験の解き方を身に着けることで、入試本番の得点力(=本番特有の緊張やプレッシャーに負けず、いつでも実力を発揮する力)を養うことができます。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。
学習効率を追求した指導システムを採用し、無駄の多い集団講義は一切行っていません。
「医学部に合格できる人」の考え方と習慣を身につけることで、自ら成績を伸ばし本番合格する力を養います。

例年国公立医学部・難関私大医学部を含む合格者を多数輩出し、どのようなタイプの生徒様がどういった成績の推移でどういった医学部に合格したか(あるいは合格できなかったか)等をすべて経験とデータの両方で蓄積しています。豊富なデータを生徒様個別の課題作成や受験校推奨に反映しています。

また、浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。

医学部予備校ACE Academyはこちら
タイトルとURLをコピーしました